あのイケダハヤトが福井に!「鯖江・若者×いなか超会議」開催決定!

あのイケダハヤトが福井に!「鯖江・若者×いなか超会議」開催決定!

JK課」や「ゆるい移住」、「河和田アートキャンプ」など、市民主体のまちづくりや、新しい移住政策など、全国的に話題になる斬新な企画をどんどん打ち出している鯖江市で「鯖江・若者×いなか超会議」というイベントが行われます。ゲストはなんとあのイケダハヤト氏!一体どんなイベントなんでしょうか。

イケダハヤトさんって誰!?

早稲田大学卒業後は、半導体メーカー勤務、ウェブマーケティングをサポートするコンサルタントを経て、現在はプロブロガーとして活躍しているイケダハヤト氏。家族とともに高知県に移住し、「まだ東京で消耗してるの?」のブログが話題を呼んでいます。「イケハヤ」「まだ東京で消耗してるの?」というフレーズは聞いたことがある方も多いのでは?

今回鯖江市で行われる「鯖江・若者×いなか超会議」で、イケダハヤト氏は初めて鯖江にいらっしゃいます。高知県に移住して、充実した田舎生活を送っているイケダハヤト氏は、鯖江でどんなことを感じるのでしょうか?

>まだ東京で消耗してるの? [ イケダハヤト ]

価格:864円
(2017/2/26 17:10時点)
感想(0件)

鯖江・若者×いなか超会議って一体何?

original

今回行われる「鯖江・若者×いなか超会議」のテーマは「若者を元気にするいなかについて話し合う」。「いなかを元気にする若者」ではなく、「若者を元気にするいなか」!

確かに、若い人が地域を元気にできたら…という考え方や取り組みが増えてきているように感じますが、本当は、若者が元気になるいなかを目指さないといけないですよね。若者が元気になるいなかなら、きっとみんなが地元に愛着を持って、もっとここにいたい、この場所のために何かしたいと思ったり、他の地域から移住してくれたりする人も増えるはず。

実際、福井県鯖江市は「河和田アートキャンプ」や「ゆるい移住」のほか、盛んな伝統産業をきっかけに移住する若者が増えていて、人口増加率は福井県でナンバー1。2015年には人口が過去最高となり、それからも増加を続けています。若者が集まる街、鯖江には一体何があるのか、パネラーによるトークセッションでその秘密が明かされます。

「鯖江・若者×いなか超会議」ではこんな人たちの話が聞ける!

original

鯖江・若者×いなか超会議」では、スペシャルゲストのイケダハヤト氏の他、鯖江市長やJK課、ゆるい移住プロデューサーの若新雄純氏を始め、JK課卒業生やゆるい移住参加者など、鯖江にゆかりのある方たちのお話を聞くことができます。

当日は、参加者全員がスマホやパソコンでリアルタイムでコメントを投稿することができるので、登壇者たちとのトークセッションに参加することが可能です。

鯖江、いなか、若者…
そんなキーワードに興味がある方は、ぜひ参加してみてください。

当日のレポート完全版!↓

東京で消耗したくなくなったかも。 鯖江・若者×いなか超会議がめちゃくちゃ面白かった件。

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報