御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

実食!!

今回体験したのっぺいと浜焼き鯖汁以外にも、鯖の押しずし、手まりずし、くずまんじゅうなど、様々な調理体験をすることができます。

今回の試食には、その中から鯖の醤油干、でっちようかんもつけていただき、さらに黒豆ご飯までついてこんなに豪華に!

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

のっぺいは優しいお味でとろみ具合も程よくて、癖になっちゃう美味しさでした。
浜焼き鯖汁は、鯖の臭みも全くなく、汁物に焼き鯖ってこんなに美味しい組み合わせなんだ!と驚いたくらい。

そして、関東出身の私は鯖といえば味噌煮なんですが、福井では焼き鯖を食べることが多いように感じます。
実際、福井出身の方に聞くと、味噌煮はほとんど食べたことがないという意見が多い!

福井で鯖を食べるたびに、同じ魚でも地域によって食べ方が違うんだなーと思うし、個人的には味噌煮より焼き鯖の方がジューシーで絶対美味しい!と思っています。

だから、醤油干しもとっても美味しかったです!

醤油干しは小浜独特の加工方法で、その中でも特に鯖の醤油干しはとってもポピュラーなものなんだとか。

塩漬けやみりんなどの調味液に漬けた魚を干した、塩干しやみりん干しはよくありますが、醤油干しは全国的にも珍しく、一説によると、小浜から京都に魚を運ぶ際に、魚によっては色が白っぽくなってしまうことがあるため、醤油で色をつけたのでは?と言われているそうです。

そして、なぜデザートにようかん?
というよりもでっちようかんって何?
と思っている方も多いのでは?

福井では、冬になると大人も子供もみーんなこたつで水ようかんを食べるんです。
水ようかんは、いわば福井の冬の定番の和菓子!

諸説ありますが、ふるさとの若狭を離れて丁稚奉公する子どもに、若狭のお土産として持たせたようかんという説もあり、「でっちようかん」という名前で呼んでいる地域もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓

水ようかんは冬の風物詩!?こたつで食べる福井の水ようかんの謎とは…

御食国若狭おばま食文化館では、日本の食文化や福井の伝統工芸にも出会える!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )