レトロな雰囲気が楽しめる敦賀の赤レンガ倉庫に行ってみよう!

レトロな雰囲気が楽しめる敦賀の赤レンガ倉庫に行ってみよう!

赤レンガ倉庫といえば横浜!
と思うかもしれませんが、福井県敦賀市にも赤レンガ倉庫はあるんです。
明治時代頃からは、ヨーロッパとも繋がっていた敦賀の象徴である赤レンガ倉庫は、一度は見ておきたいスポットです。

敦賀と赤レンガ倉庫の歴史

赤レンガ倉庫の画像 ランプ小屋にあった明治40年頃の赤レンガ倉庫周辺の画像

赤レンガ倉庫といえば横浜!ですが、神戸や函館、小樽、そしてここ敦賀、その他にも、意外と全国に赤レンガ倉庫はあるんです。
その共通点は、海に面していること。
昔は飛行機がないので、物を運ぶのに船が使われることも多かったですよね。
そのため、運ばれて来た荷物を保管しておくための倉庫として、大きな港には赤レンガ倉庫があることが多いのです。

敦賀の赤レンガ倉庫は主に石油貯蔵用として使われていたもので、時代によっては軍の備品倉庫や昆布貯蔵庫としても使われた歴史を持ちます。

赤レンガ倉庫の画像

赤レンガ倉庫の近くにあるランプ小屋(国内最古の鉄道建築物で、蒸気機関車や工事用に使うランプが収納されているレンガ造りの倉庫)には、開業当時(明治15年)の石油缶を復元複製したものが置かれていました。
当時ランプ小屋に置かれていた石油缶は、関西地方で最も多く取引されていたアトランティック製油会社製であった可能性が高いそうです。
赤レンガ倉庫にも、この石油缶が置かれていたのでしょうか。

このように、明治時代からロシアやヨーロッパと繋がっていた敦賀ですが、日本海側で最初に鉄道が敷かれた街でもあり、驚くべきことに、当時は東京からパリ行きの切符が買えたそうなんです。
どういうことかというと、かつて東京から「欧亜国際連絡列車」という電車が走っていて、この電車は敦賀港駅を経由して走っていたのです。

つまり、敦賀は日本海側の交通の要所であり、日本でも有数の鉄道と港の町だったのです。

赤レンガ倉庫内を楽しもう!

赤レンガ倉庫の画像

敦賀が古くから鉄道と港の町として栄えていたことがよくわかったと思います。
では、その象徴である赤レンガ倉庫は現在どうなっているのでしょうか。

実は敦賀の赤レンガ倉庫は、2015年秋に観光施設としてオープンしたばかりなんです。

入り口はこんな感じ。

赤レンガ倉庫の画像

中に入るとレストラン館が広がっています。
地元の食材を使ったスイーツや若狭名物の浜焼き鯖を使った出来立てサンドイッチをその場で楽しめたり、福井の名産、特産が揃うお土産コーナーのある「赤れんがcafe」、五感で楽しめるお魚専門店「生け簀の甲羅」、世界各地の食材と地元福井の食材を融合させた料理が楽しめるレストラン「ソニョーポリ」と、様々なジャンルのお店があります。

レストラン館の奥はジオラマ館。
入場料は子供200円、大人400人(個人)で、昭和の敦賀の街並みを全長約27m、最大奥行き約7.5mで再現したノスタルジオラマを楽しむことができます。

このジオラマのまちなみは、『いま蘇る みなとまち敦賀の町並み』気比史学会創立10周年記念出版(1988年)の昭和20年(敦賀空襲被災時)の復元地図を参考に往時のまちなみを約80分の1スケールで再現しました。
出典:赤レンガ倉庫公式サイト

このジオラマの中では、細かいところまで忠実に再現された蒸気機関車や鉄道模型、自動車が走り、かつて敦賀に生きていた人々の生活をリアルに感じることができます。
本当に細かく再現されているので、何時間でも未定られそうな気がしてきますよ!
ジオラマの中から顔を出して敦賀の街並みを見たり、鉄道模型を運転することもできるので、子供も大人も、男性も女性も楽しめること間違いなしです。

2階からはノスタルジオラマの全景を見たり、終戦前の敦賀のまちを地図や写真で見ることができます。
歴史や昭和のレトロな雰囲気が好きな人には本当におすすめの場所です。

画像はイメージです

外にはオープンガーデンもあります。
敦賀産の疋田石がステージに使われ、緑を海風を感じられる気持ちいいスポットとなっています。
お散歩にもぴったりですね。

この他にも、赤レンガ周辺には、冬は北陸最大級のイルミネーションスポットとして人気の高い金ヶ崎緑地や金ヶ崎城跡、絹掛神社、金前寺など、様々な観光スポットがあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 赤レンガ倉庫
住所 福井県敦賀市金ケ崎町4-1
電話番号 0770-47-6612
営業時間 9:30〜22:00
北棟(ジオラマ館)] 9:30〜17:30(入館〜17:00)
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
WEBサイト http://tsuruga-akarenga.jp/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!