【坂井市】神の島・雄島が美しすぎる!絶景パワースポットに行ってみよう!

【坂井市】神の島・雄島が美しすぎる!絶景パワースポットに行ってみよう!

坂井市三国町安島にある雄島(おしま)。
雄大な越前海岸と島の間には真っ赤な橋がかかり、天気のいい日はまさに絶景!
なんですが、なにやら心霊スポットとの噂もある不思議な場所なんです。

今回は、雄島の見どころや心霊スポットと言われている理由についてご紹介します。

雄島とは?

雄島の画像

雄島は坂井市三国町安島にある岩石島です。
1,200万年前に噴出した輝石安山岩でできていて、標高は27m、周囲は2kmという越前海岸で一番大きな島です。

越前加賀海岸国定公園にも含まれている場所で、朱塗りの橋は全長224m。
大湊神社の鎮守の森として、地元の人には「神の島」とあがめられています。

越前海岸の中で、雄島周辺はそこだけ突き出ているのですが、雄島はそのさらに先に浮かぶ島。
地球のエネルギーがぶつかって、ものすごいパワースポットに違いない!と言っている地元民もたくさんいます。
しかし、一部の人からは「心霊スポット」との声も上がっていたり…。
どちらにしても、不思議なパワーが感じられる場所であることは間違いなさそうです。

そんな雄島は、晴れている日は越前海岸と空の美しい青に朱色の橋が映えて、本当に綺麗なんです。
近くに福井の有名観光地「東尋坊」はあるものの、ここまで来る観光客は少ないので、ゆっくり景色を楽しみたい人にとっては最高の穴場スポットになっています。

橋を渡ったら、鳥居をくぐって雄島を探検してみましょう。雄島の画像

雄島の中は遊歩道が整備されているので、ぐるっと回りながら自然を堪能してください。

見所いっぱい!雄島を歩いてみよう!

では、雄島を歩くとどんな素敵なものに出会えるのか、たっぷりご紹介します。

ただし、注意点もあり!
雄島は越前加賀海岸国定公園の特別保護区に指定されているため、動植物の採集は法律違反となってしまいます。
美しい景色や豊かな自然は思い出と写真にしっかりおさめて、マナーを守って雄島を楽しみましょう!

ヤブニッケイの純林

ヤブニッケイの画像画像は別の場所のヤブニッケイです。

雄島には手つかずの自然が豊富ですが、雄島の入り口からすぐのところに生い茂るヤブニッケイの純林は全国的にも珍しいため、特に見てほしいポイントの一つです。
ヤブニッケイはクスノキ科の木で、クスノキともよく似ているのですが、面白い見分け方があるんです。

それが、ヤブニッケイの葉をもむとコカ・コーラキャンディーの香りがするというもの。
コカ・コーラではなく、コカ・コーラキャンディー!
しかし、雄島ではこれはできないのでちょっと残念。

雄島のヤブニッケイは、幹が細めで曲がりくねっているのが特徴的なので、一目瞭然。
ちょっと不気味な感じもしますが、あの岡本太郎が「女性の足」と表現したことにも頷けるほど、神秘的にも見えます。

磁石岩

福井東尋坊雄島の画像

東尋坊遊覧船から見た雄島

雄島には流紋岩で出来た岩がたくさんありますが、島の数カ所に、板状に突き出した岩があります。
この岩を磁石岩といい、なんとここは、熱残留磁気が特に強く、磁石の方向を狂わせてしまう場所なんです。
雄島は遊歩道が整備されているので方位磁針は必要ありませんが、少し怖いですよね。

雷に打たれたせいで磁界ができたという説もありますが、詳しい原因は分かっていないようです。

流紋岩の流理構造や柱状節理

雄島の画像

島全体が流紋岩でできている雄島。
流紋岩は火山岩の一種なのですが、マグマの流動時にできる斑晶の配列などによる流れ模様が見られるものがあることから、この名前がついています。
この流れ模様を流理構造といい、雄島でもこれを見ることができます。

また、マグマの冷却面と垂直に発達し、柱状になった岩、柱状節理の断面も迫力があります。
近くにある東尋坊もこの柱状節理が崩れ落ちて断崖絶壁が形成されたものです。
美しい縞模様や迫力ある岩々から、雄島の成り立ちを感じることができますよ!

雄島灯台

福井東尋坊遊覧船雄島の画像

1954(昭和29)年に初点灯した灯台です。

右に見える小屋は、海上保安庁所有の密入国者監視小屋だとか。

灯台は歩いていると見ることができますが、小屋は遊歩道からは見えず、見ることができるのは、東尋坊の遊覧船からだけのようです。

瓜割の水

雄島の画像出典:Wikipedia

「瓜割」といえば、福井県若狭町にある、名水百選にも認定されてる瓜割の滝ですが、福井県内には「瓜割」と名前のついた湧水地がいくつかあるんです。

瓜割という名前は、瓜を入れると割れてしまうほど冷たいと言われていることが由来となっています。

雄島に降った雨が流れ出た地下水なので、海に近い場所に湧いていますが、塩水ではなく真水なんです。
夏の散策時にはひんやり気持ちいいスポットとしておすすめです!

大湊神社

雄島の画像

雄島は、島全体が大湊神社の鎮守の森として信仰されてきました。
島の入り口に鳥居があることからもそのことがよくわかりますよね。

源義経が落ち延びる際に立ち寄って家臣の兜を奉納したとか、社が朝倉義景の後援を受けていた際に明智光秀が訪れて漢詩を詠んだという話もある。
かつての社殿は織田信長の兵によって焼き払われており、21世紀に残る社は棟札によると元和7年(1621年)に造立されたものである。本殿・拝殿ともに福井県の文化財に指定されている。
出典:Wikipedia

このように、歴史的にも価値のある神社なので、雄島に行ったら大湊神社を必ず参拝して、さらにパワーを吸収しちゃいましょう。

イワツバメ

イワツバメの画像出典:Wikipedia

雄島には、イワツバメという鳥が飛来します。
腰が白い、尾の切れ込みが浅い、赤褐色の部分がなく、くちばしの下まで白いなど、普通のツバメとは見た目も異なるイワツバメ。

山地や海岸の崖、洞窟に巣を作るイワツバメにとって、東尋坊から雄島にかけての海岸線は、イワツバメの絶好の繁殖地です。
3月中旬から9月下旬頃まで繁殖のために飛来してくるイワツバメを、雄島の自然と共に観察してみましょう。

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!