「市長をやりませんか?」全国が注目する鯖江市地域活性化プランコンテストって何!?徹底解説!

「市長をやりませんか?」全国が注目する鯖江市地域活性化プランコンテストって何!?徹底解説!

地域を盛り上げようと頑張っている地元民がたくさんいる鯖江市。
この地で毎年行われている熱いイベント「鯖江市地域活性化プランコンテスト」をご存知ですか?
今回はそのおとな版プラコンについて調べてみました!

鯖江市地域活性化プランコンテストとは?

鯖江市地域活性化プランコンテストの画像 出典:鯖江市地域活性化プランコンテスト公式サイト

鯖江市地域活性化プランコンテストは、鯖江を、日本を元気にしたい学生たちが鯖江市長になり、地域活性化プランを考えるコンテストです。
2017年で10年目を迎える同コンテストには、毎年全国から熱意溢れる学生が集まり、漆器、メガネなど、鯖江に根付く伝統産業や文化を活用し、鯖江を活性化する個性豊かなプランを作成します。

大手有名企業だけでなく、内閣府、総務省、経済産業省など、国からも後援されている全国が注目するプランコンテストです。

おとな版鯖江市地域活性化プランコンテストとは?

おとな版鯖江市地域活性化プランコンテストの画像

鯖江市地域活性化プランコンテストには「おとな版」もあるんです!
おとな版では様々な分野で活躍している全国から集まった「おとな」と、地元愛に燃える熱い鯖江人がタックを組んで、鯖江市の地域活性化プランを考えます。

学生版と違うところは、1名の鯖江コーディネーターが自身の携わる事業や政策に対する悩みや課題を「お題」として提示するところ。
3名の参加者は、このお題提供者と1つのチームを組み、4名が一緒になって一つの課題に取り組みます。

つまり、熱意溢れる鯖江人のプランの種を、全国の精鋭たちと共に蕾へと成長させ、鯖江市民が実現の花を咲かせるコンテストなんです。
全国から集まった参加者がプランを競い合うというよりも、お題提供者の夢を叶える場創りに一役買っているコンテストなんですね。

おとな版鯖江市地域活性化プランコンテストの画像

あの有名な「鯖江市役所JK課」や商店街で小学生が「商い」を体験する「こども商店街aKInD’s」、高齢者の暮らしの不便を解消する「ちょっとほっとDAY」など、子供からお年寄りまで、幅広い世代の鯖江人が喜ぶ多数のプランが過去に実現されています。
(過去の実現プランの詳細はこちらから。)

また、「鯖江市地域活性化プランコンテスト」は、市からのお金は1円ももらわずに開催されています。
運営もお題提供者も参加者も全員が民間人。
市民主役の鯖江なので、行政に頼るプランはNG!
だからこそ、本当に市民に寄り添ったリアルなプランが続々と生まれるのでしょうね。

前回のプランコンテストで提案された「メガネーランド構想」も、クラウドファンディングで支援を呼びかけ、達成率はなんと315%で終了しています。

詳細は以下の記事から↓

鯖江がまた日本初!F×G(エフバイジー)とクラウドファンディングでメガネストリートが盛り上がる!?お返しが可愛すぎてとにかく必見!

2016粘土は10月に参加者募集が始まり、11月に参加者が決定。
12月には、お題提供者は鯖江の「らてんぽ」、参加者はSAPジャパンオフィスに集まってSkypeでの顔合わせを行いました。

その後はチームごとにメールやSkypeでミーティングを重ね、プランコンテストに向けて各グループ、プランを詰めていきます。

おとな版鯖江市地域活性化プランコンテストの画像なんと、年末年始にも事前調査とヒアリングのために参加者は鯖江に訪れたとか。
すごい熱意ですよね。

参加者は毎年大手IT企業、総合商社、広告代理店に所属している方や起業家ばかり。
また、学生版の過去参加学生も毎年参加しており、2016年度は
、学生版第1回で最優秀賞を獲得した森山さん、第7回最優秀賞者の住吉さん、同じく第7回優秀賞者の新實さんも参加したとのこと。

学生版で結果を残した皆さんが、おとな版でどんな進化を遂げているかも注目ですね。

おとな版鯖江市地域活性化プランコンテストの画像

プレゼンは一般公開で行われ、コメンテーターは牧野百男市長をはじめ、地元の産業に関わる方々が務めますが、審査員ではなく、あくまで質問するだけ。

市民でつくるおとな版らしく、投票するのは観覧者の皆さんです。
次回の開催もお楽しみに!

以下は2016年度の情報です。

名称 おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト
日時 2017年1月22日(日)14:00~17:00(観覧無料)
開催場所 市民ホールつつじ
住所 福井県鯖江市本町2-2-16
WEBサイト http://lcommunity2012.wixsite.com/otona

主催:学生団体with共催:NPO法人エル・コミュニティ、NPO法人イドバタ
後援:鯖江市
協賛:合資会社加藤吉平商店(清酒「梵」、「日本の翼」醸造元)、株式会社JM、SAPジャパン株式会社
協力:福井高専放送メディア研究会

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!