入館無料でここまで楽しめる!めがねミュージアムの楽しみ方を徹底解説!【鯖江市】

入館無料でここまで楽しめる!めがねミュージアムの楽しみ方を徹底解説!【鯖江市】

福井県は日本のメガネフレームの9割以上のシェアを占めています。
その中でも、600以上眼鏡メーカー、部品メーカー、関連会社がある鯖江市は、「めがねの聖地」と呼ばれています。

そんな鯖江のメガネを120%楽しみたいと思うなら、めがねミュージアムに行くのがおすすめ!
今回は、めがねミュージアムがどんな場所なのか徹底解説します。

めがねミュージアムとは?

めがねミュージアムの画像

鯖江駅から徒歩10分ほどの場所にあるめがねミュージアム。
めがねミュージアムでは、めがねを買うだけでなく、めがねの歴史や作り方を学んだり、自分でめがねを作ったりすることだってできちゃうんです。

しかも入館無料なので、メガネ博物館の見学は本当にただ!
かなりいいスポットです。

まず、入り口を入ると、目に入ってくるのがまあるいオブジェ。
これ、単なるおしゃれオブジェじゃないんです。

めがねミュージアムの画像

よく見てみると、一つ一つがめがねフレームなんです!
隠れミッキーみたいで楽しくないですか?

他にも、お手洗いには…

めがねミュージアムの画像

めがねフレームの素材、アセテートで作った表示が。

館内にはまだまだこんなところにもめがね!?という場所があるかも。
探してみるのも楽しいですよ。

めがねを識る!めがね博物館を楽しもう

めがねミュージアムの画像

めがねミュージアムに来たなら、やっぱりめがねの歴史から知りたいですよね。

今、皆さんがかけているめがね、昔から同じ素材、形だったと思っていませんか?
実は、めがねが発明されたのは13世紀頃。
昔は今とは全く違う素材、形で作られていたんです。

日本に入って来たのは1500年代のこと。
あのフランシスコ・ザビエルが日本に伝えたと言われていて、それから徐々に形や素材、製造の仕方が変わって、現在に至るのです。

そんなめがねの歴史を、昔のめがねの展示を見ながら理解することができるのがこの博物館の特徴。
また、めがね作りの工程も、昔使っていた道具とともに紹介しています。

めがねミュージアムの画像

ただ、特にめがね作りの工程はとっても奥が深くて、見ているだけではチンプンカンプン。
なので、元めがね職人の榊さんに説明をお願いするのがオススメ!

入り口付近にいらっしゃって、説明しましょうか?と聞いてくれるので、お願いしてみてください。
めがねの歴史、作り方、さらにはめがねの扱い方まで、30分ほど時間をかけてじっくり説明してくれます。

めがねミュージアムの画像

こちらが榊さん。
私がかけているのは、80年も前に使われていためがねなんです。

本当は展示品には触れてはいけないんですが、もしかしたら、こんなラッキーな体験ができるかも!?

そして榊さんは、「誰よりもめがねのことを伝えたいのは福井県の人だ」とおっしゃっていました。
観光で来た方はもちろんですが、せっかく世界に誇るめがねの産地である福井に住んでいるんだから、地元の方もぜひめがね博物館に行ってみてくださいね。

俳優で、福井県めがね大使の大村崑さんが集めた芸能人のメガネコレクションを見ることもできますよ!

めがねShopでめがねを買う!

メガネの画像

めがねの聖地、鯖江に来たならやっぱりめがねを買いたくなっちゃいますよね。
めがねミュージアム内にはショップもあるので、メイドインジャパンの高品質のメガネを購入することもできます。

福井県内の40ものメーカーが作る、3,000本以上のフレームを展示販売しています。

めがね博物館の案内人、榊さんは、どんなにいいめがねを作っても、最後に売る人がかける人にぴったりのめがねに調節してくれないと、いいめがねは完成しないとおっしゃっていました。
そんな、めがねに命をかける榊さんが最もおすすめするショップがここ(笑)

ベテランの店員さんが、あなたにぴったりのめがねを選んでくれるはず!

体験工房でめがねを作る!

めがねミュージアムの画像 こんなにたくさんの素材から選ぶことができるんです!

メガネが欲しくなったら、買うだけじゃなくて自分で作るのもありかも!
なんと、メガネミュージアムでは、世界で一つだけのオリジナルめがね作りもできちゃうんです。(有料)
時短コースだとお昼休憩を除いて4時間、通常コースだと、お昼休憩を除いて7時間かけて、一からめがねを作ります。

約70種類のフレームデザイン、約500種類の素材を選ぶところから始まり、のこぎりで切り抜く、ヤスリをかけるといった工程を経て、最後の仕上げは職人さんにお任せして、めがねが完成します。

眼鏡職人として活躍していた方が丁寧に教えてくれるので、不器用でも大丈夫!
ただし、事前予約が必須となりますので、公式サイトをチェックしてください。

また、めがね作り体験はちょっと大掛かりすぎる…という方には、めがねストラップ作り体験がおすすめ。
事前予約推奨ですが、空きがあれば当日でも参加することができ、1時間弱でめがねの形の可愛いストラップを作ることができます。

リーズナブルで短時間でできますが、ヤスリで削ったり、大きな機械を使ったりと結構本格的。
とっても楽しいのでかなりおすすめです。

体験レポートは以下の記事から↓

リーズナブル!めがねミュージアムで世界で一つだけのメガネストラップ作りをしてみた。【鯖江市】

MUSEUM Cafeでお茶しよう!

めがねミュージアムの画像

お腹が空いたらめがねミュージアム内にあるカフェでランチやお茶をするのもおすすめ!

福井県越前市の自家焙煎珈琲の店「たちばな屋」 の厳選された自家焙煎コーヒーや、鯖江市内のケーキ屋さんのケーキ、ゼリーなどを楽しむことができます。
また、パスタ、ピラフ、カレーなど、食事メニューも充実しています。

そして、いつも出てくるのかはわかりませんが、私が行った時には眼鏡堅麵麭(メガネかたパン)が出て来ました。

これは、鯖江の人気パン屋さん、ヨーロッパンキムラヤの軍隊堅麵麭とのコラボで、日本でも最上級に硬いと言われているんだとか。

通販サイトには、こんな方におすすめ!と書いてありました。

・最近、くいしばる想いが足りていない方へ
・ひたすらに硬いものが好きな方へ
・もう通常のお土産では職場を沸かせられないとお悩みの方へ

こんな感じで本当に堅いので、食べる際はお気をつけを。

軍隊堅麺麭については以下の記事から↓

【鯖江市】ヨーロッパンキムラヤの絶対食べたい絶品パン&お菓子4選

>眼鏡堅麺麭(3個入)眼鏡枠の生産は95%のシェアーが福井県鯖江市です【福井 お土産】

価格:496円
(2017/3/5 00:57時点)
感想(0件)

何それ!?眼鏡供養が興味深い!

めがねミュージアムの画像

めがねミュージアムの駐車場の片隅には、眼鏡供養と書かれた小さな祠?のようなものがあります。
実は、毎年10月1日はめがねの日。

一〇〇一

ほら、眼鏡でしょ!

このめがねの日である10月1日前後に毎年めがね感謝祭があり、その際にこの供養塔の前で神主さんが、使わなくなったメガネを供養する神事を執り行うんです。
配送もOKなので、もう使わないけど捨てるのは忍びないなと思っているメガネがある方は、めがね供養をしてもらうのもいいかも!

レンズが使えるものは、発展途上国に送ることもあるそうなので、自分のお気に入りだったメガネが誰かの役にたつかもしれませんよ。

めがねミュージアムの画像

帰りは入り口横の記念撮影コーナーで写真をたくさん撮りましょう!
色々なメガネがあるので、自分に合うメガネを探してかけてみたり、フォトプロップスを使ってみんなでワイワイ楽しんじゃいましょう。

さらに、忘れてはいけないのがこの方!

めがねミュージアムの画像

入ってくるときはなかなか気がつかないのですが、メガネの製造を福井で初めて始めたとされている増永五左ェ門さんの銅像です。
この方がいなかったら、鯖江がめがねの聖地になることもなかったかも!?

めがねミュージアムの画像

さらに、めがねミュージアムを出て右に向かうと、こんなところにもめがねが!
鯖江のまちなかで隠れミッキーならぬ、隠れめがねを探すのも楽しいかも!

(鯖江駅からめがねミュージアムに向かうまでの道は、「メガネストリート」として整備されました。
詳細は以下の記事から↓)

鯖江がまた日本初!F×G(エフバイジー)とクラウドファンディングでメガネストリートが盛り上がる!?お返しが可愛すぎてとにかく必見!

めがねを識る、買う、作る、楽しむ…
めがね好きにはたまらないめがねミュージアムの秘密、いかがでしたでしょうか?

旅行でお越しの方はもちろん、地元の方もリーズナブルに楽しめる穴場スポットなので、ぜひ行ってみてください。

>【送料無料】ブラックアイス 【ウルトラセブン×BLACK ICE  US703F 】メガネフレーム  コラボ 鯖江 円谷プロ公認 最高品質 ウルトラアイ 新品 本物 めがね 限定 ウルトラセブン 伊達眼鏡 コスプレ 正規品

価格:50,760円
(2017/3/5 00:56時点)
感想(0件)

名称 めがねミュージアム
住所 福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
電話番号 0778-42-8311
営業時間 10:00〜19:00
(めがね博物館、体験工房、SabaeSweets、MUSEUM CAFEは〜17:00)
定休日 年末年始
WEBサイト https://www.megane.gr.jp/museum/

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報