【越前市】赤ちゃん抱っこ体験学習をサポートしている「赤ちゃん抱っこ隊」とは?

【越前市】赤ちゃん抱っこ体験学習をサポートしている「赤ちゃん抱っこ隊」とは?

越前市では、七つの中学校で学校のカリキュラムに「赤ちゃん抱っこ体験学習」を取り入れています。
ということで、赤ちゃん抱っこ体験学習をサポートしている松本照美さんにお話を伺いました。

2017年1月21日(土)放送 たんなんFM【煌☆すまいる】取材レポ♪でお送りしました。
(2017/1/30現在:ホームページ用音声ファイルを再作成中です)

赤ちゃん抱っこ隊とは?

福井県越前市の中学校で行われている「赤ちゃん抱っこ体験学習」をサポートしている「赤ちゃん抱っこ隊」。
赤ちゃん抱っこ体験学習をサポートするために有志で活動している市民団体なんです。

中学生が?!
赤ちゃんを抱っこ?!?!
赤ちゃんとママ、集まるの?!?!?!

様々な疑問を持って、会いに行ってきました。

開催年数が一番長い学校で20年。

今では越前市の7つの中学校全部で行われている体験学習ですが、一時的に取りやめになりそうになったこともあるとか。
「ゆとり教育」から学校教育の方針(カリキュラム)が変わった時に先生方の事前準備が重荷になってしまい、体験学習をやめることに。
それを聞いた松本さんたちが「私たちは何が手伝える?」と考え、学校と話し合った結果…

「赤ちゃん抱っこ体験学習サポート」として、赤ちゃんとママを募集しようということになりました。

赤ちゃん抱っこ体験学習を経て…

中学生といえば、ちょうど思春期。
体つきも変わり、性のことも考える時期。
だからこそ「命」とふれ合うこと、「産まれる」「育む」ことを間近で体感できます。

PTAやサポートしているお母さんたちにとっても、お子さんの赤ちゃんの頃を思い出したり、赤ちゃんと参加しているママは、普段当たり前にしている育児のことを中学生に説明することで「自分もちゃんと子育てしているんだ!」と改めて自信になったり、周りの人が赤ちゃんを「カワイイ、カワイイ」と言ってくれるところを見て、「やっぱり、私の子はカワイイんだ!」と嬉しく思う人が多いのだとか。

中学生、PTA、先生、サポートしているみなさん、そしてママ。
それぞれに「気づき」がある、体験学習です。

幸せな、愛の連鎖

体験学習が長いところで20年ということで、体験学習に参加した当時の中学生が、パパ・ママとなって赤ちゃんを連れて参加している方もいらっしゃいます。

また、赤ちゃんとして体験学習に参加した子どもたちが、中学生となって「赤ちゃんを抱っこする側」になっていることも。

参加した中学生の中からは、
「将来、パパ・ママになったら赤ちゃんを連れてこの体験学習に参加します」
という声も多く出ているそうです。

世代を超えて、「命」や「育み」が幸せな愛の連鎖となって、これからも続いていく。

松本さんにお話を伺って、私も幸せな気持ちになりました。

参加希望者受付中

(2016年度募集のポスターより)

お問い合わせは、「赤ちゃん抱っこ体験学習サポート」のFacebookページのメッセージにてお願いいたします。
https://www.facebook.com/akatyandakko/

また、越前市在住の方だけでなく、参加の希望を出して頂くことができ、電子申請は越前市のホームページで受け付けております。
越前市ホームページ 赤ちゃん抱っこ体験学習


たんなんFM【煌☆すまいる】ホームページ紹介記事 → http://kirasuma.info/report_20170121/

たんなんFM【煌☆すまいる】公式ブログ紹介記事 → http://ameblo.jp/tannanfm-kirasuma/entry-12226792082.html

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!