【鯖江市】西山公園駅に向かうまでの景色に目を向けてみて…

【鯖江市】西山公園駅に向かうまでの景色に目を向けてみて…

西山公園の見所は公園内にたくさんありますが、今回は「西山公園駅に向かうまでの景色」に目を向けてみました。
道の駅 西山公園の最寄駅は「西鯖江駅」ですが…
西山公園から、少し足を伸ばして「西山公園駅」まで行ってみませんか?

2016年12月。
初冬でまだ秋の名残がある頃にふと思い立って、道の駅西山公園に行ったついでに福井鉄道福武線「西山公園駅」まで歩いてみました。

少し小高いところを歩くので、街並みも見られますし、眼下には福井鉄道も見えます。

嚮陽庭園の歩道を歩いていきます。

ちなみに、嚮陽庭園の「嚮(きょう)」は

1 ある方向に向かう。「嚮導」
2 以前。さきに。「嚮日」【向かう、以前】
出典:コトバンク

という意味です。

聞き慣れない「嚮陽」という言葉。
名前の由来は、西山公園近くにある嚮陽会館のホームページに記載されていました。

安政3年(1856年)のころ、鯖江藩7代藩主・間部詮勝候が、長泉寺山の麓(進徳小学校のあたり)を、藩主自ら鍬を持ち、
木を切り、道をつくり、書院や茶屋を建て、桜や梅などを植えて、人々の憩いの場所として拓かれ、この地を[嚮陽渓]と名づけられました。
この嚮陽渓こそ、鯖江市民の憩いとふれあいの場、[西山公園]のもとになったのです。
嚮陽の名は、これに由来するもので、自然に親しみ、陽(ひ)に嚮(むか)って常に明るく、いつも隣人を愛する
と云う意味であります。
出典:鯖江市嚮陽会館公式サイト

「陽(ひ)に嚮(むか)って常に明るく」との心が、今でも名称とともに残っているのでしょうね。

私が行ったときは、ちょうどまだ紅葉が残っていた時期だったので、途中、鮮やかな紅葉も。

きっと違う季節には、その季節の「顔」があるのでしょうね。

小高い丘を登り切ったところで、向こうからやってきた方とすれ違いにご挨拶。

私が写真を撮っていたからでしょうか。
見える景色について色々教えてくれました。

正面に白く見える山…
これは「白山」(石川県)なのだそうです。

まさか、ここから見えるとは!!

そして右手に視線を向けると、

山があります。

これは「三里山」だと教えてくれました。

三里山の麓には地震の観測所が設置されていたことも、教えてくれました。

北陸観測所は,福井県鯖江市の緑豊かな三里山の麓にあります。
(中略)
その後、観測およびデータ伝送システムの効率化が進んだこと等により、下に述べる観測坑内に観測機器を集約して、平成25年(2013年)2月からは観測所の建物を撤去しています。
出典:京都大学防災研究所 地震予知研究センター公式サイト

四季折々の景色を楽しみながら、西山公園駅までの道をゆっくりと歩いてみませんか?

関連記事

西山公園の楽しみ方はこちらの記事から↓

【鯖江市】GWは日本海側最大規模のつつじの名所へ!西山公園の楽しみ方8選

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!