ゆめおーれ勝山で羽二重の歴史に触れよう!機織り体験で世界で一つだけの思い出の品も作れる!【勝山市】

ゆめおーれ勝山で羽二重の歴史に触れよう!機織り体験で世界で一つだけの思い出の品も作れる!【勝山市】

明治時代から福井県で盛んに生産されていた羽二重という織物を知っていますか?

かつては羽二重王国や人絹(じんけん)王国と呼ばれていた福井県の繊維産業の歴史を、文化財の建物の中でリアルに紹介しているゆめおーれ勝山に行ってきました!

はたや記念館ゆめおーれ勝山とは?

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

勝山市にあるはたや記念館 ゆめおーれ勝山は、勝山市の文化財に指定されている建物で、明治38(1905)年から平成10(1998)年まで機屋(はたや)という中堅機業場(機織りをする場所)として実際に操業していたものです。

国の近代化産業遺産にも認定されており、館内では糸繰機や機織り機など、昭和時代に使われていた織物の機械を間近で見ることができます。

館内は平成19年に改修されていますが、中の雰囲気は当時のまま。

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

建物の中を歩いているだけで、タイムスリップしたような感覚に!

手前の釜のようなものは、たて糸に付ける糊(海藻のフノリ)を炊いた糊炊釜というもの。
このように、館内にはいたるところに、当時機織りに使っていた道具や機械が展示されています。

これらは全て無料で見学することができるんです。

また、お土産物屋さんや地元産の食材を使ったスイーツが楽しめるカフェもあるので、ひと休みにもお買い物をするにもおすすめの場所です。

羽二重とは?福井の繊維の歴史を知ろう!

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

福井県は、現在でも繊維産業が盛んな県で、繊維工業製品の出荷額は全国でもトップクラスとなっています。

福井県で織物業が始まったのは明治のはじめのことです。
当時は羽二重ではなく模様の入ったハンカチやコウモリ傘となる絹織物を織っており、海外へ輸出していました。

しかし、流行に左右されてうまくいかず、試行錯誤していた時に「羽二重(はぶたえ)」という単純な平織り(たて糸とよこ糸を交互に交差させる織り方)技術と出会い、一気に自分たちのものとしていきました。
これが、明治20年頃のことです。

こうして、福井で織られる織物は、羽二重が中心となりました。
羽二重とはたて糸2本、よこ糸1本で織る平織り技術のことで、この特徴的な織り方によってとても柔らかく光沢のある織物に仕上がり、和服の裏地としては最高級と言われています。

ただし、明治から大正時代に福井(勝山も含む)で織られていた羽二重は、主に輸出品でした。

白い生地で海外へ輸出されたあと、女性の衣服の飾りや部屋の飾りに加工されていたとのこと。
羽二重は世界で愛されていたものだったんですね。

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

当時はこのように手作業でたて糸を2本ずつ入れていたんだそうです。

一つでもずれると隙間ができてやり直しになってしまうので、端から少しずつ確実に糸を入れていくという気の遠くなるような作業の一部を見せていただきました。

このような工夫と手間によって作られた、羽二重の柔らかさをイメージした羽二重餅が福井県の名物となっているほど、福井県と羽二重は切っても切れない関係なんです。

福井の銘菓「羽二重餅 25入×3箱」錦梅堂

価格:3,000円
(2017/7/25 18:48時点)
感想(1件)

昭和初期から戦前にかけて、福井県は「人絹王国」と呼ばれました。
人絹とは人造絹糸(レーヨン)のことで、当時、国内の人絹織物の大半が福井県で織られていたためです。

勝山でも、人絹織物業がさかんになり、昭和9(1934)~12年ごろに最盛期を迎えました。

出典:ゆめおーれ勝山公式サイト

かつては生糸で織られていた羽二重ですが、時代が変わり、それとともに使用する素材が変わっても、福井県では繊維産業は変わらず盛んだったとか。

また、羽二重というと、絹を用いた織物だけがそう呼ばれているイメージが私の中にはあったのですが、人絹(レーヨン)でもポリエステルでも、たて糸2本、よこ糸1本で織られていればどんな素材でも羽二重織というんだそうです。

ゆめおーれ勝山で織物の機械を見てみよう!

ゆめおーれ勝山では、昭和時代に使われていた織物の機械を間近で見ることができます。
どのような機械があるのか、ちょっとだけ紹介します。

糸繰り機

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

かつてはレーヨンなどはなく、カイコの繭から糸を取って織物にするのが普通でした。

はたや記念館 ゆめおーれ勝山には、カイコから取った糸を大きな糸のわくから小さな糸わくに巻き替える糸繰り機なども見ることができます。

すでに糸があり、それを織っていくのではなく、織る前の糸を準備する段階でも大変な手間がかかっているんですね。

力織機

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

機械動力式の織り機、力織機(りきしょっき)による機織り実演も見ることができます。

実際にはたやで使われていた機械が動いている姿を見るのはかなり感動します!

他にも、整経機、糊付け機、撚糸機、管巻機など、機織りに使う様々な機械を動いている状態で見ることができます。

羽二重出荷までの工程や勝山の機業の歴史などの展示も行っているので、スタッフの方に声をかけて詳しい解説を聞いちゃいましょう!

機織り体験

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

はたや記念館 ゆめおーれ勝山では、機織りの機械や歴史の展示を見るだけでなく、簡単な手織り体験をすることもできます!

今回はオリジナルコースターを作りました。
お気に入りの色の糸を選んだら機械にセットして、ひたすら織っていきます。

どのように糸をかけて織っていくのか、実際の機織りの仕組みがよくわかりますよ。

福井ゆめおーれ勝山羽二重織物の画像

こんな感じで端っこを切ったら出来上がり!
世界で一つだけのオリジナルコースターの完成です!

他にも麻糸コースター織り体験、まゆ玉クラフト体験、手動でまゆから生糸をとる体験など、楽しい体験がたくさんできます。

展示は無料の常設展示のほか、企画展を行っていることもあるので、ぜひ友達と、家族と、恋人と、勝山の機織りの歴史を楽しんでみてください!

名称 はたや記念館 ゆめおーれ勝山
住所 福井県勝山市昭和町1-7-40
電話番号 0779-87-1200
営業時間 9:00〜17:00
定休日 年末年始
WEBサイト http://www.city.katsuyama.fukui.jp/hataya/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク