福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ無事終了!

福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ無事終了!

いつもDearふくいをご覧いただきありがとうございます。

この度、初めてDearふくいが主催したイベント「福井のイイとこ、探そっさ! Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ 〜東京女的生活の3人が感じたふくいの良いところ〜」が無事終了いたしました。

福井が大好きな方、興味があるけどまだまだわからないことだらけの方、福井の魅力の発信の仕方がわからない方、そもそも福井の魅力ってなんなんだ?と思っている方、そんな、福井に想いを寄せるたくさんの方に来ていただきました。

ゲストは、東京でクリエイティブな仕事をされているかっこいい女性3人組、「東京女的生活」の皆さん!

お三方に福井を旅していただき、そこで感じたことや、もっとこう発信したらいい!といったことを自由に語っていただき、主催側、参加者ともに満足度の高いイベントとなりました。

ご来場いただいた皆様、開催にあたって協力してくださった皆様、ゲストの東京女的生活様、ありがとうございました!

生中継&生原稿作成が大盛り上がり!

無事に終了した「福井のイイとこ、探そっさ! Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ 〜東京女的生活の3人が感じたふくいの良いところ〜」。

どのようなイベントだったのか、こちらに記録しておきますので、ぜひご覧ください!

トークイベントの内容は、2泊3日(2日半)の福井旅を踏まえてというものでした。
旅行中、東京女的生活の皆さんは、毎日夜にnoteの原稿、youtubeでその日の旅行の様子や感想をまとめて、即日公開してくださいました。

1日目(羽田空港〜あわら温泉)
東京女的生活 #022 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip 1日目(2017年3月10日)

2日目(東尋坊〜三国)
東京女的生活 #023 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip 2日目(2017年3月11日)

2,3日目(足羽山〜永平寺・トークイベント)
東京女的生活 #025 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip4 (2017年3月10日〜12日)

福井で感じたことや福井にキャッチコピーをつけるなら?(ライティングライブ中原稿)
https://docs.google.com/document/d/113txPDvljBS3M-8-6AXUb5ksxkuEcTiWx_CYnuB039I/edit

完成記事
東京女的生活 #024 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip 3日目 トーク&ライティングライブ(2017年3月12日)

以下、イベント開催前の告知内容です。
イベント詳細を知りたい方は読み進めてください!

東京女的生活とは?

今回のイベントのゲスト、東京女的生活とは、エディター 池田美樹さん、タレント 弓月ひろみさん、クリエイティブディレクター東智美さんからなる、東京で働く3人組のクリエイティブチーム。

ITやガジェットに詳しいことを強みに、コンテンツ作成、企画、番組・イベント出演などを通じて、新しい価値感やサービスを世の中に生み出すことを目指していらっしゃいます。
また、2014年の結成以降、noteflick!(エイ出版社)にて「東京女的生活」の連載、ラジオやイベント出演など、幅広く活動されています。

いつも楽しいアイディアを持ち寄っては企画会議を繰り広げているという3人。
初めての福井で何を感じ、どんなことを話してくださるのか楽しみですよね。

池田美樹

編集者。
熊本市生まれ。

熊本大学文学部仏語仏文科在学中より地域情報紙『タウン情報クマモト』の編集に携わり、卒業後入社。
3年後、退職、上京ののち大手出版社に入社。有名女性誌の編集者を歴任。

2011年〜2013年、NHK BS-1の『地球テレビ エル・ムンド』に水曜レギュラーとして出演。

2012年、NHKラジオ第1にて『感じる俳句』台本・パーソナリティを務めるなどメディアレギュラー出演歴多数。

2013年より、東京と日本各地を結ぶ「100人プロジェクト」を開始、富山県、熊本市などで開催。

1998年より如月美樹という俳号で俳人としても活動中で、作品は『新日本大歳時記』(講談社)にも掲載。

現在webメディア「cafeglobe」にて短編小説を連載中。

シャンパーニュ騎士団(Ordre Des Coteaux De Champagne)シュヴァリエ。
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会トレーナー資格保有。

2017年4月より慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程に進学、「幸福学」を研究予定。

東 智美

経営者。
大阪府豊中市生まれ。

同志社女子大学卒業後、デザイン専門学校に通い、グラフィックデザイン、インターネットと出会う。

専門学校卒業後、Web制作プロダクションへ入社し、2年後独立しフリーランスへ。

東京のクライアントからの制作案件が増えてきため、2004年に上京、2009年に株式会社トーモを設立。

グラフィック及びWeb制作会社を運営するかたわら、立ち上げから参画している親会社のモバイルバッテリーメーカー「cheero」の担当企画商品「ダンボーバッテリー」が大ヒット。

その後もいくつか商品企画を手がけ、2016年5月にiPhoneケースブランド「RAKUNI」を立ち上げ、今日に至る。

弓月ひろみ(ゆづきひろみ)

タレント。
和菓子好き、旅好き、お風呂好き、iPhoneケース好き。

取材と遊びのため、一年のほとんどを家以外で過ごしている。

20代でアイドルとしてデビューし、その後ラジオパーソナリティやリポーターとして仕事をする傍ら、ライターとして雑誌・Webでのコラムや記事を執筆、ビデオジャーナルを配信。

テクノロジー分野では「Engadget日本版」「週刊アスキー」「flick!」等に執筆。
また、和菓子女子としては、BS日テレ「中川翔子のまにあ☆マニアル」出演。

iPhoneケース専門家として「マツコの知らない世界」「中居正広のミになる図書館」「所さんのニッポンのミカタ」出演。

大学時代、イベント制作に深く関わった経験から「KOTO PLANNING」代表として、総動員数30万人のアートイベント、PRイベントや、ナイトイベントのプロデュースを行う。
人の集まるイベントを仕掛けるのが大好き。

実益を兼ねた趣味として、写真、映像の作品モデルも行なっている。

情報伝達、表現、プロデュースの三軸で多角的に活動する、1979年10月4日生まれの37歳。

詳しくはこちら→http://www.joteki.tokyo/

東京女的生活さんにしていただく「ふくい幸せの巡遊コース」の旅とは?

そもそも今回、東京女的生活の3名が福井を旅するきっかけとなったのは、イベントに協力してくれる「ミーツ・コミュニケーション・デザイン」が昨年、福井県の「福井しあわせセレクション」審査員となったことがきっかけ。

福井県民から寄せられた「幸せを思い浮かべる身近な場所やモノ、エピソード」から厳選された福井しあわせセレクションの中の「しあわせの聖地」をたどる7つのコースからなるのが「ふくい幸せの巡遊コース」です。
今回東京女的生活さんには、このスポットから気になるところを選んで、2泊3日で巡っていただきます。

私も福井の様々な場所を巡っていて思うのですが、パワースポット系の場所って本当にたくさんあるんですよね。
歴史上に人にあやかることができたり、ご利益がありそうな願掛けスポットがあったり…

自然豊かで人の温かさ溢れる「日本一幸福な県・福井」なので、歩いているだけで「幸せ〜!」と感じてもらえればとっても嬉しいのですが…

福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ

「ふくい幸せの巡遊コース」で幸せ溢れる福井を旅していただいた後は、締めくくりとして「福井のイイとこ、探そっさ! Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ 〜東京女的生活の3名が感じたふくいの良いところ〜」にゲスト出演していただきます。

初めて福井を旅した3名が感じた福井の魅力や、その発信方法など、思ったことを自由にお話ししていただく予定です。

司会はDear ふくい代表の江戸しおりが務めますが、後半は来場者の方のコメントを取り入れたり、皆様にも積極的にトークに参加していただけるような場を作れたらなと思っています。

ライティングライブとは?

さて、タイトルにもある「ライティングライブ」という言葉。
普通のトークイベントではないの?と疑問に思った方もいるのでは?

東京女的生活の皆さんのnoteの連載では、「その場で3人でオンラインで原稿を書き、書き終わったら即時公開する」新しいコンテンツの作成を実践しています。

今回の福井旅の様子も女的生活のnoteに毎日アップする予定なのですが、イベント前半で、この原稿を生で書く「ライティングライブ」をしていただくんです!

普段どのようにコンテンツを作っているのか、裏側を垣間見たり、ここでしか見られないオフレコな部分を楽しむことができる、スペシャルなライティングライブ。

ここで作成された原稿は、来場者の方限定でお持ち帰りができるように共有する予定なので、その後で公開される公正後の原稿と照らし合わせるのも楽しいかも。

参加希望の方は、FBイベントページで参加表明をしていただくか、下記電話番号までご連絡ください。
たくさんの方のご来場、お待ちしております。

イベント名 福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活
会場 コワーキングスペース sankaku
住所 福井県福井市中央1-10-22(su_mu 3F)
開催時間 開場 13:30
14:00〜16:00
FBイベントページ https://www.facebook.com/events/227443187663615/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク