福井県を代表する日本酒「一本義」に迫る!古酒や梅酒などのレアなお酒も紹介!【勝山市】

福井県を代表する日本酒「一本義」に迫る!古酒や梅酒などのレアなお酒も紹介!【勝山市】

水が綺麗な福井県には美味しい日本酒が数多くあるので、お酒好きの方には、福井旅行の際にはぜひたくさんの日本酒を楽しんでほしいです。

今回は、福井県勝山市といえばこれ!というお酒、「一本義」について!

一本義を支えるお酒のプロ達がおすすめするお酒の紹介など、より一本義を楽しめる情報を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

一本義とは?

一本義は、福井県勝山市にある、創業明治35年の老舗「一本義久保本店」でつくられている日本酒です。

かつて勝山市には他にもいくつかの造り酒屋がありましたが、現在は一本義久保本店のみとなっているので、勝山市といえば一本義なんです!

福井の食材そのものの味わいを大事にするため、キレ味の良さを大切に作られている一本義。
キレの良い辛口酒を評価され、昭和の始め頃から、福井県内では製造・販売高ともにトップブランドとなり、現在も県内外の多くのファンから愛されているお酒です。

赤の一本義 上撰本醸造 1800ml

価格:2,160円
(2017/7/16 16:27時点)
感想(0件)

一本義にはどんなお酒があるの?

一本義がどのように造られているのか、一本義が造られる勝山という土地はどのような場所なのか気になるかもしれませんが、まずは一本義にはどのようなお酒があるか知りたくありませんか?

一本義を支える酒造りのプロたちに、おすすめのお酒はどれかも伺ってきたので、参考にしてみてください。

一本義

一本義久保本店といえば、やっぱり「一本義」です!

越前勝山藩は江戸初期に福井藩の支藩として成立しますが、直後に廃藩となり、幕府直轄領となります。
そして1691年(5代将軍徳川綱吉の時代)、再び福井勝山藩が立藩されてから廃藩置県までの180年間、小笠原家が勝山を治めていました。

一本義はそんな小笠原家の御用酒でした。

現在の一本義は当時の一本義とは違うのですが、一本義久保本店を興した後、酒銘を再考しなければならなくなった際に、一本義の名前を譲り受けたとのこと。

それだけ由緒のある名前を冠した一本義は、一本義というお酒ができてから長らく多くの人に愛されています。

定番の上撰本醸造や金印といったお酒以外にも、特別限定品、大吟醸、純米大吟醸などがあり、その種類は30種類以上。
お気に入りの一本義を探してみてください。

【お中元 ギフト】【飲むほどに旨い酒】一本義 金印 1.8L【清酒】【05P06Aug16】<御中元 お中元 日本酒 辛口 ギフト プレゼント Gift 贈答品 お酒 日本酒 一升瓶>

価格:1,728円
(2017/7/16 16:56時点)
感想(0件)

伝心

福井勝山グルメ一本義の画像

一本義久保本店には、一本義以外にも代表的なお酒があります。
それが、伝心(でんしん)。

地元の契約栽培農家と共に「酒造りは米づくりから、米作りは土壌づくりから」を合言葉とし、「五百万石」・「山田錦」・「越の雫」という3種類の酒米を育て、通年4種、限定1種、季節4種の酒を醸しています。
人が面と向かい、話し合うだけでは心を通い合わせることができないとき酒が一滴の魔法となって心を伝え、和を結ぶことができる。

出典:一本義久保本店

このような理念のもとに生まれた伝心には、凜、雪、稲、土など素敵な名前がつけられており、それぞれ原料米や精米歩合が異なります。

お話を伺ったところ、まず、「どのような味わいのお酒にしたいか」を決め、その味となる原料米、精米歩合を決めていくという風に酒造りをしていくとおっしゃっていました。

長年の勘や技術によって、こだわり抜いた、そして安定した日本酒の味が作り出されていることを知って、日本酒の奥深さに改めて気づかされました。

季節限定の生酒などもあるので、全種類の飲み比べがしたくなってしまいますよね。

伝心 180ml・4本入り 化粧箱 飲み比べギフトセット

価格:1,851円
(2017/7/16 16:43時点)
感想(1件)

27年熟成の古酒まで!?
一本義、伝心以外にも注目のお酒がまだまだあります!
次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク