意外と真面目!?謎の団体「ゆるパブ」って何?これまでの神イベント総まとめ

意外と真面目!?謎の団体「ゆるパブ」って何?これまでの神イベント総まとめ

福井のまちで、何やら怪しげな、でも楽しそうな活動をしている「ゆるパブ」を知っていますか?
知っている人も知らない人も、謎の団体ゆるパブについて詳しくなっちゃいましょう!

ゆるパブって一体何!?

ゆるパブリックの画像

ゆるパブって一体何?
ていうか、何その名前!
という感じですが、ゆるパブの正式名称は「一般社団法人 ゆるパブリック」。
2015年11月18日に福井大学発のベンチャー企業としてスタートした団体で、Dear ふくい代表の江戸しおりもメンバーの一人です。

「公共=パブリック」、「公共事業」…
そういった言葉を聞いて、みなさんはどんなことを思い浮かべますか?
「政治家が考えること」、「なんだか難しい」、「私にはあんまり関係ないかな」…
そんな風に、自分とは関係ない世界の言葉として捉えている人も多いのでは?

でも「公共=パブリック」って、本当はみんなのものですよね。
頭がいい人や偉い人、専門家だけが考えたり動かすものじゃなくて、赤ちゃんからお年寄りまで、全ての人は公共に属しているんです。

だからそんなに難しく考えないで、当たり前のように私たちと共に存在している公共という場所、概念、そこに含まれている自分たちについてなんとなく考えてみたら、面白いことが起こるんじゃない?
難しく考えられがちな「公共=パブリック」、「公共事業」etc…をちょっとゆるく考え直してみない?というのがゆるパブリックのテーマ。

そういった漠然とした思いをどんどん発信したり、何かしらのアクションを起こしてみようとゆるーく考えている人たちが集まったのがゆるパブリックなんです。

では、具体的に何をしているのかというと…
なんでもしています!

老若男女、自治体、大学・学生、企業、メディアが一緒になってゆるいパブリック(公共)活動を「主体は当人」のもと楽しむという大前提があるので、福井で楽しいイベントをたくさん開催しています。
ゴールがはっきり決まっていないのがゆるパブリック流なので、メンバーがやりたいことならなんでもやります。
合言葉は、「なんとなく、たのしい。」

「ゆるいとは?」「パブリックとは?」「ゆるパブとは?」
たくさん質問されてきたけど、解釈は人それぞれ。
「一言で言うのは難しい」、「奇跡」、「ありのままの自分を受け入れてくれる場所」、「わかんない」…

体制や事務局はきっちり、参加メンバーはゆるく、そのバランスを上手に保ちながら、一人一人の感性で、福井を楽しくしていく予定です。
この説明でもかなりわかりづらいと思うので、ゆるパブリックが今までにどんな活動をしてきたのか、実際に見てみましょう!

ふざけてません!「ゆるい地方戦略会議(笑)」

ゆるパブの画像

何をしているのかいまいちわからないゆるパブリックですが、結構きちんと活動しています!
ゆるパブリックが初めてみなさんの前でお披露目されたイベントは、福井大学の公開講座でした。
一般向けのイベントではなく、福井大学の学生が授業として受けるちゃんとしたものです。(公開講座なので一般の方もたくさん参加していました。)

しかし、驚くべきはその講座名。
その名も「ゆるい地方戦略会議(笑)」。
(笑)までが講座名です。

大学の公開講座に「(笑)」がつくことは前代未聞!
もちろんゴタゴタもあったようですが、たくさんの方のご理解、ご協力のおかげでなんとか名前を変えずに開催に至ったとか。

地方戦略会議というのは、政治家や専門家たちがよく行っているもので、公共に含まれている大部分の人間が知らないところで、その会議はひっそりと開催されているんです。
公共はみんなのものなのに!

「地方戦略会議というのは、もっと開かれた場所でやるものじゃないの?」
という反発と、
「でも私たちも、限られた人しか参加することのできない福井大学の講座で地方戦略会議をやっちゃうよ」
という自虐と嘲笑が込められて「(笑)」なんです。
結構深い…

しかし、ゆるパブの地方戦略会議は、その場にいる全員が参加者、登壇者です。
聞いている方も積極的に会議に参加できるように、スマホやパソコンからリアルタイムでメッセージを送信できる、jig.jpさんが提供してくれたシステムを採用して、会議はとっても盛り上がりました。

「都市計画」の対立概念である「まちづくり」について、JK課OBが活動を通して感じたことについて、福井にまつわる話を会場を巻き込んでたくさんすることができた、とっても有意義なイベントとなりました。

埋めない!「SHOWタイムカプセル」

ゆるパブの画像

タイムカプセルといえば、地面に埋めて、何年も経ってから掘り返して…
というのが普通ですが、もちろんゆるパブはそんなことはしません!

SHOWタイムカプセルとは、超短期間!埋めない!がキーワードの、常識を覆すタイムカプセル。
4月にタイムカプセルを完成させて、開けたのは7月。
本当に短期間のタイムカプセルなんです。

さらに、このタイムカプセルはコンクリート製で、手紙はコンクリートの中に埋めてしまうので、開けるときは破壊。
そして埋めない!

だからshortでshowな「SHOWタイムカプセル」。

埋めないなんて、盗まれたらどうするの?と思うかもしれないけど、そんなことは起きないのがとっても安全で優しい人がいっぱいの福井!
というのはもちろん、総重量は160kgにも及ぶので、もし持って行っちゃう人がいたらその努力を称えます笑

このSHOWタイムカプセルは、ゆるパブのどぼじょ(土木女子のことらしい。)メンバー2人が学校での勉強を生かして発案してくれた企画です。
企画から打ち合わせ、作業の先導など、様々なところで活躍したJK課OGの2人のどぼじょは、普段の勉強をこんなに楽しいことに活用できてよかったと言っていました。

もちろん、ゆるパブだけでは実現し得ない企画だったので、鯖江市の榊原建設さんを中心に、伍代工務店さん、アイデアルホームさんにもお手伝いいただきました。
未来の明るい建築業のために何か貢献できるなら…と、お忙しい中で数回の打ち合わせから、タイムカプセルの設計、作業の指揮と、全面的に協力してくださいました。

地元の企業と関わることも、ゆるパブにとってとても有意義なことで、地元貢献にもつながるのかなと思うので、地元企業ともどんどん楽しいことをしていこうと画策中です!

SHOWタイムカプセルづくりは、塗装コンパネの切断、枠組みの作製、型枠組み立て、配筋、コンクリート打設、枠組み外し、設置とたくさんの作業工程があり、製作開始から設置までは2ヶ月もかかりました。

完成したSHOWタイムカプセルは、鯖江市の古町商店街に設置され、多くの市民の憩いの場として愛されました…となっていたらいいんですが、座った人がいるかどうかはわかりません。
リーダー2人はもちろん座り心地に満足していました!

13233116_10204865239909577_4358283458819826489_n

第1回SHOWタイムカプセルは、ゆるパブと地元企業のコラボ!というゴールに落ち着きましたが、2回目以降があるなら、市民の方にも参加していただいたり、受注生産できるような仕組みを作ったりしていきたいなとも思っています。
子供も大人もみんな一緒に作業して、一からタイムカプセル作るという体験がとっても楽しかったので、体験型タイムカプセルとして流行ったら面白いですよね!

SHOWタイムカプセルについてもっと詳しく知りたいならこちらへ(福井新聞オンライン ゆるパブコラムに飛びます。)

大人の本気の雪遊びや運動会など、まだまだ楽しいイベントが目白押し!
気になる方は次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク