【東京】ドーンと福井 in 神楽坂 越前・若狭まつりに行ってきました!

【東京】ドーンと福井 in 神楽坂 越前・若狭まつりに行ってきました!

東京・神楽坂。
料亭が立ち並ぶイメージの強い場所ですが、神楽坂通りは賑やかな商店街で、お祭りやイベントも頻繁に開催されている場所です。
そんな神楽坂と福井に何の関係が!?と思うかもしれませんが、神楽坂と福井には切っても切れない関係があるんです。
そんな神楽坂で、「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」が開催されたので、行ってきました!

神楽坂は福井県ゆかりの地?

神楽坂の画像

実は江戸時代には、小浜藩(現在の敦賀市から高浜町のあたり)の江戸屋敷は神楽坂にありました。
これは1628(寛永5)年に、小浜藩主酒井忠勝が徳川家光からこの地を拝領し、下屋敷としたことが始まりです。
今回イベントが行われた神楽坂通りは、酒井家の下屋敷と牛込御門を結ぶ約1kmの道だった場所で、忠勝の登城道として寛永年間に整備されました。
現在の矢来公園には、「小浜藩邸跡」と記された石碑が残っています。
矢来公園小浜藩邸跡の画像

出典:しんじゅくのーと

ドーンと福井 in 神楽坂 越前・若狭まつりの楽しみ方

福井in神楽坂の画像

ドーンと福井!in  神楽坂は飯田橋駅と神楽坂駅の間の神楽坂通りと赤城神社で開催されています。
神楽坂通りには、所々に福井の名産品を売っているテントが出ていました。

福井in神楽坂の画像水ようかん五月ヶ瀬ごま豆腐など、福井土産の定番がたくさん売っている「ふくい南青山291」と、「食の國福井館」のブース。
写真に写ってくれたのは、私と同じ苗字の江戸さん!

江戸という苗字はどうやら全国的には珍しいそうなんですが、実は人口に対する江戸さんの割合が全国で最も多いのは福井県なんです。
そして、ほとんどの江戸さんが若狭に集中しているんです。
運命を感じずにはいられません…。

続いては、エコファームみかたの梅酒コーナー。
若狭では紅映梅(べにさしうめ)という質の高い梅など、福井梅が古くから栽培されています。
そんな福井梅の生産・加工を行なっているエコファームみかたが扱っている、様々な梅酒が販売されていました。

福井in神楽坂の画像

若狭の梅酒大使の羽鳥早紀さんが、お気に入りの若狭美水とともに写真に写ってくれました。
羽鳥さんは以前、若狭三方五湖観光協会が行なっている「若女将インターン」に参加し、それ以来若狭の梅酒が好きになったんだそうです。
テレビでも見かける羽鳥さんにこんなところで会えました!

羽鳥さんお気に入りの若狭美水は、青梅と、名水百選にも選ばれている若狭の「瓜割の水」で造った梅酒。
アルコール度数は12%で、ストレートでもとっても飲みやすいんです。
その他にも様々な種類の梅酒が置いてあり、試飲も行なっていました。

若狭梅酒やエコファーム味方についてはこちらの記事で詳しく知ることができます!

【東京】福井は梅の産地!?若狭の梅酒美少女サミットに行ってきました!

若狭美水をはじめとするエコファームみかたの梅酒はこちらからも購入できます!

神楽坂の画像

飯田橋方面から神楽坂通りを歩いて行くと、メイン会場の赤城神社に到着!
境内にも様々な福井の特産品ブースが並んでいました。

若狭ラスクの画像

こちらは高浜町の有名な「若狭ラスク」。
試食させてもらいましたが、濃厚バター味ということで、バターのいい香りがたまらない!
本当に美味しかったです。
「これを食べたら他のラスクは食べられないよ」とブースの方も言っていましたが、その通りです!

福井in神楽坂の画像

そして、ブースやお店でお買い物や食事をすると、ガラポン抽選券がもらえます!
1等は越前ガニまたは若狭ふぐ!

私は5等でした。残念。

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク