【大野市】みんなナマケモノに!?カフェ&ゲストハウスName came Onoに一度は行ってみたい!

【大野市】みんなナマケモノに!?カフェ&ゲストハウスName came Onoに一度は行ってみたい!

美しい街並みや越前大野城など、観光の見所が多い大野市。
そんな大野市には、素敵なカフェがたくさんあるんです。
今回はその中でも、様々な活動で大野を盛り上げている、移住者の二見祐次さんがオーナーを務めるCafé & Guest House Name came Ono(ナマケモノ)をご紹介します。

ナマケモノってどんなお店?

大野駅から車で5分ほどのところにあるナマケモノ。
カフェもゲストハウスもやっているので、大野観光の途中の休憩にも、宿泊にも使えるおすすめスポットです。

ナマケモノの画像

築60年の古民家を改装したレトロでおしゃれな作りになっていて、玄関前には広いスペースがあるので駐車場にも困りません。
ナマケモノのかわいい絵が描かれた赤いのれんが目印です!

ナマケモノの画像

玄関を開けると昔ながらの土間が!
薪ストーブやスイーツのショーケースも目に入ってきます。

ナマケモノの画像

店内は、土間にソファー席、奥は座敷になっていて、冬はこたつが出してあることも!
居心地がとってもいいので、時間を忘れてくつろいでしまいます。
観光途中に立ち寄る際はご注意を!笑

カフェ ナマケモノの気になるメニューとは?

ナマケモノの画像

雰囲気が素敵なのはわかりましたが、カフェというからにはドリンクメニューが気になりますよね。
ナマケモノはドリンクメニューがとっても豊富!
コーヒーは熟成焙煎コーヒー豆を使ったものが5種類ほど、それ以外にもアレンジコーヒーや紅茶、ジュース、クリームソーダなど、それぞれ豊富な種類のドリンクが揃っています。

この日はベトナムコーヒーと福井市の創業天明元年という老舗、塩善茶舗の抹茶ラテをいただきました。
ベトナムコーヒーは見た目が本当に可愛いでしょ?

ベトナムコーヒーはフィルターがカップの上にのったまま提供されるスタイルが普通で、中には練乳が入っているのが特徴。
落ちきる前に出してくれるので、コーヒーが落ちるのをじっくり待つ、まさにナマケモノ時間が楽しめるコーヒーなんです。
カップは二見さんがベトナムで買ってきたものだそうで、インテリアにしたくなっちゃうくらい可愛いですよね!

塩善茶舗の抹茶ラテも、ほろ苦あま〜くて、とってもほっこりしました。

さらに、ナマケモノのドリンクメニューは名前がとってもユニーク!

ナマケモノの画像

「読書好きにはたまらない…」「ひとり妄想楽しむ…」
どんなドリンクが出てくるのかとっても気になりますよね。

もちろんフードメニューもあります!

ナマケモノの画像こちらは「おろさない越前そば」。
過去のメニューで、現在は食べられないのがとっても残念ですが…

福井といえば、大根おろしののった越前そば(ぶっかけそば)が定番ですが、ナマケモノは大根をおろすのすらなまけちゃいます。
大野の揚げとオリーブオイルをかける、ここにしかない越前そばは一度は食べてみたいですよね。

さらに、大野名物醤油カツ丼も、メンチカツとたっぷりのお野菜がのったナマケモノ風のアレンジ。
このSK=醤油カツ丼はリクエストが多いので、月に1度必ず週替わりランチとして登場しているそうです。

他に、現在食べることができるのは、パニーニや、デザートとしてマフィンやカップデザートなど。
ランチは1日限定10食なので、予約しておくのがおすすめです。
ランチもティータイムも、ゆーっくりナマケモノで過ごしましょう。

ナマケモノの画像

本当にゆるいので、こんな落花生が出てきたり…。
オーナーや他のお客さんとおしゃべりしたり、なんでもありのゆったりとした時間が過ごせるナマケモノです。

ナマケモノのスイーツが気に入ったら、テイクアウトもできるので、お土産もバッチリですよ!

美濃喜 × ナマケモノ

美濃喜の画像

大野には美濃喜という1841年創業の老舗和菓子店があります。
大野ならではの素材を使った創作菓子もあるので、大野観光の際には是非立ち寄ってほしいお店です。

そして、ナマケモノは、美濃喜のお菓子なら持ち込みOK!
ナマケモノの美味しいドリンクととももに、美濃喜のお菓子を楽しみましょう。
(混雑しているときはお断りの場合もあるので、事前に電話で確認するのがおすすめです。)

秋冬ならやっぱりでっち羊羹がおすすめ!
でっち羊羹とは水ようかんのことなのですが、福井では水ようかんは冬に食べるのが普通。
大野の名水で作った美濃喜のでっち羊羹は、秋冬の大野を満喫したいなら欠かせないアイテムです。

福井の水ようかん文化について詳しく知りたいなら下の記事へ!

水ようかんは冬の風物詩!?こたつで食べる福井の水ようかんの謎とは…

ナマケモノはバイク好きにもおすすめ!

ナマケモノの画像

ナマケモノはバイク好きにも優しいカフェ!
なんと、ナマケモノには、所ジョージがプロデュースする「世田谷ベース」から生まれたバイクブランド「Snake Motors」の北野たけしモデル「K-16 KITANO REPRICA」が展示されていたこともあるんです。
日本国内500台限定のとっても貴重なバイクはすでに売却してしまい、もう見ることができませんが、バイクに興味がある二見さんとお話しするのはとっても楽しいですよ!

さらに、バイク購入の際は二見さんおすすめの販売店を紹介してもらうことができたり、ツーリングやBBQの案内までしてくれたりするんです。

自然が多く、景色もいい大野はツーリングにもぴったり!
途中でナマケモノに立ち寄るのもおすすめですよ。

ナマケモノの個性的なオーナーは次のページでチェック!

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク