水ようかんは冬の風物詩!?こたつで食べる福井の水ようかんの謎とは…

水ようかんは冬の風物詩!?こたつで食べる福井の水ようかんの謎とは…

暑い夏。ふと、クーラーのきいた部屋水ようかんが食べたい!と思うことはありませんか?福井県民は思いません!なぜなら、夏は水ようかんの季節ではないから。

今回は、福井の水ようかんにまつわる不思議を徹底解説しちゃいます!

福井では水ようかんは冬に食べる!?

dear fukui ディア ふくい 福井 水ようかん

水ようかんの季節といえば、夏をイメージする方が大半だと思いますが、福井県民にとって、水ようかんは冬にこたつで食べるもの。

夏に水ようかんのCMを見て、「水ようかんは冬に食べるものなのに…」と困惑した経験がある地元民も少なくないとか。

なぜ、あのちゅるちゅるでさっぱりした水ようかんが冬の食べ物なのでしょうか。理由は諸説ありますが、京都に奉公に来ている丁稚が福井へ里帰りする際に持たされて広まったという説が代表的なもののよう。そのため、福井だけでなく、京都や岐阜、滋賀などの近畿中部圏でも水ようかんを冬に食べる習慣があるそうです。

しかし、もっと調べてみると、水ようかんというのは元々おせち料理に使われる料理菓子で、そもそも冬のお菓子だという記述がありました。福井以外の大半の人がイメージしているのは水ようかんではなくて、「ようかん」ということみたいです。

福井の水ようかんは形もちょっと違う!

dear fukui ディア ふくい 福井 水ようかん福井の水ようかんが他県と違うのは、冬に食べることだけではありません。その形や食べ方もとっても独特なんです!

福井の水ようかんはA4サイズ、高さ2センチほどの平箱に入っているものをヘラですくって食べるのが一般的。1950年代には木箱に入ったものが八百屋さんや駄菓子屋さんで1枚または1列いくらのように売られていたそうです。和菓子はかつては高級品だった一方、水ようかんは庶民の駄菓子のような感覚で楽しまれていたんだとか。

これが1960年代には生産しやすい紙製の型になり、1970年代には現在のような平箱へと変遷していきました。パッケージのデザインやヘラの形もお店ごとに特徴があり、集めている愛好家もいるほどです。

福井の水ようかんといえば「えがわ」!

dear fukui ディア 福井 ふくい 水ようかん福井の水ようかんに興味がわいてきたという方。福井の水ようかんはもはや冬の名物グルメとなっているので、県内のほとんどの和菓子店で水ようかんが販売されています。そのため、種類はとっても豊富!

ですが、福井の水ようかんを食べるなら、まずは「えがわ」の水ようかんがおすすめです。昭和12年開業。昭和25年には水羊かん専門店としての製造、販売を始め、全国発送も行っている福井を代表する水ようかんメーカーです。

赤が目立つパッケージが特徴的で、これがスーパーに並ぶと「冬が来た」と感じる福井県民は多いです。

>江川の水ようかん2枚入り【あす楽】ふくいけん えがわ ようかん 江川 水羊かん 【楽ギフ_のし】【RCP】福井 お土産(おみやげ)福井県(名物)

価格:1,401円
(2017/2/27 10:23時点)
感想(7件)

福井では水ようかんイベントも目白押し!

水ようかんが福井の冬の代名詞であることを裏付けるかのように、水ようかんの季節となる11月以降、福井ではいたる所で水ようかんに関するイベントが開催されます。(以下は過去のイベントです。)

食べ比べやJK課スイーツも!?水ようかんフェスタ

dear fukui ディア ふくい 福井 水ようかん鯖江市内の12の菓子店の水ようかんの食べ比べセットの販売が行われた「水ようかんフェスタ」が11月上旬に鯖江市で開催されました。毎年恒例のようなので、水ようかんの季節が近づいてきたら要チェックです!

勝手に食べ比べレビューしてみました↓

水ようかんは福井の冬の食文化!鯖江市内の美味しい水ようかんを食べ比べてみた

水ようかんを文化として楽しむ!?「水ようかん食べ比べ会」

dear fukui ディア ふくい 福井 水ようかんさらに、福井市では個人が開催している「北陸・福井 冬の水ようかん食べ比べ会」も!

これは、福井の水ようかんを愛する男性が毎年、年に数回開催しているイベントで、参加人数は1度に30人以上になることもある人気イベントなんです。

このイベントには福井市、越前市、鯖江市、あわら市、坂井市、大野市などさまざまな地域の水ようかんが集まります。

まずはパッケージのデザインを赤色系、あずき色系、その他に分けて鑑賞します。

福井の水ようかんといえば「えがわ」の水ようかん。えがわのパッケージは赤系なので、水ようかんといえば赤いパッケージ!と思っている地元の方も多いですが、実はパッケージに使われている色で最も多いのはあずき色系のようです。

また、ヘラもお店ごとに特徴があり、見るところから楽しみます。

食べ比べてみると、小豆の粒が入っているもの、黒砂糖を使っているものなどお店ごとに特徴があり、味も食感も少しずつ違うことがわかりました。極めれば利き水ようかんもできるようになるかも!

西山公園で食べられる水ようかんスイーツ!「水ようかんバーガー」とは?

dear fukui ディア ふくい 福井 水ようかん水ようかんはすでに完成されたスイーツにも関わらず、福井ではいたる所で水ようかんを使ったアレンジスイーツが生まれています。どこまで水ようかん推しなんだ、福井県…。笑

その中の一つ、鯖江市の西山公園で食べることができる「水ようかんバーガー」は、パンにきな粉、水ようかん、生クリーム、みかんがのっている、かなり変わったグルメです。

いろいろのせちゃって大丈夫なの?と思いましたが、とりあえず食べてみるとびっくりするほど美味しい!

パンは少しサクッとしていて、組み合わせはあんバターパンのような感じ。ちょっと無理やりのような気もしましたが、食べると意外に美味しい新感覚スイーツなので、冬の福井に来たら一度は食べてみてほしいです。

西山公園には、まだまだ気になるグルメがいっぱい!下記の記事もどうぞ↓

【鯖江市】西山公園で食べられるおすすめご当地グルメ10選

また、私が2015年に参加した「北陸・福井 冬の水ようかん食べ比べ会水ようかんvol.3」の会場となった県立美術館の喫茶室ニホさんには、水ようかんパフェというメニューもあるようなので、こちらも早く食べてみたいです。

冬に水ようかん!?と抵抗があるかもしれませが、一度試したらやめられない!アンテナショップや通販でもお買い求めいただけるので、県外の方もぜひ試してみてください。

>江川の水ようかん2枚入り【あす楽】ふくいけん えがわ ようかん 江川 水羊かん 【楽ギフ_のし】【RCP】福井 お土産(おみやげ)福井県(名物)

価格:1,401円
(2017/2/27 10:23時点)
感想(7件)

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 4 )

コメントはまだありません。

  1. […] 出典水ようかんは冬の風物詩!?福井の水ようかんの謎とは… | Dear ふくい [デ… […]

  2. […] 出典水ようかんは冬の風物詩!?福井の水ようかんの謎とは… | Dear ふくい [デ… […]

  3. […] 出典水ようかんは冬の風物詩!?福井の水ようかんの謎とは… | Dear ふくい [デ… […]

  4. […] 出典水ようかんは冬の風物詩!?福井の水ようかんの謎とは… | Dear ふくい [デ… […]