一乗谷朝倉氏遺跡は日本のポンペイ!?隠れた魅力と見どころ16選【福井市】

一乗谷朝倉氏遺跡は日本のポンペイ!?隠れた魅力と見どころ16選【福井市】

photo by 福井県観光写真素材集|ふくいドットコム

福井市の東南にある中世最大の遺跡「一乗谷朝倉氏遺跡」。

日本のポンペイと呼ばれており、歴史的価値のある出土品や国の特別名勝に指定された庭園があるにも関わらず、観光客がそこまで多いわけではありません。

せっかく福井に行ったのに、一乗谷朝倉氏遺跡に行かなかった!と後から後悔している人もかなり多いんです。

そんな残念なことにならないために、福井旅行の予定がある方も、福井県在住で今まで行ったことがなかった方も、ここで一乗谷朝倉氏遺跡の魅力をしっかり学んでおきませんか?

何がすごいの?一乗谷朝倉氏遺跡の価値とは…

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

photo by 福井県観光写真素材集|ふくいドットコム

福井県の人でも、一乗谷朝倉氏遺跡の価値を知らない人は多くいます。しかし、一乗谷朝倉氏遺跡は本当にすごい場所なんです!

そもそも一乗谷朝倉氏遺跡とは、福井市のやや東側にある遺跡で、戦国時代の城下町、館跡、背後の山城を含めた遺跡のことです。現在は忠実に復原された武家屋敷や日本最古の花壇、寺院など、歴史を感じられる風景を見ることができます。

一乗谷朝倉氏遺跡はあの有名なお寺と同じ?

  • 遺跡全体が国の特別史跡
  • 敷地内にある4つの庭園は国の特別名勝
  • 出土品は重要文化財の指定を受けている

これら3つの指定を受けているのは、金閣寺や銀閣寺といった有名なものばかり。つまり、一乗谷朝倉氏遺跡は、京都の有名観光地と並ぶ言っても過言ではないくらい価値のある場所なんです。

CMにも登場して盛り上がっています!

一乗谷朝倉氏遺跡では、着付け体験や福井大学生による演劇が行われるなど、観光地として盛り上げる動きも活発になっています。

実はあのソフトバンクのCMでおなじみのお父さん犬、かいくんの出身地は一乗谷という設定で、CMで一乗谷朝倉氏遺跡が使われたこともあるんです。知っていましたか?

一乗谷朝倉氏遺跡の歴史とは?

一乗谷の画像

photo by 福井県観光写真素材集|ふくいドットコム

一乗谷朝倉氏遺跡は、戦国時代初期には全国でも有数の戦国大名であった越前朝倉氏の本拠地

越前朝倉氏は、南北朝時代に足利氏の一族である斯波氏に仕えた朝倉広景から始まっていて、一説では、その時代にはすでに一乗谷を本拠にしていたと言われています。

文明年間には重臣が一乗谷に集住するようになり、また、足利将軍家の分家である鞍谷公方などもいたことから応仁の乱により荒廃した京から、多くの公家や高僧、文人、学者たちが避難してきたため一乗谷は飛躍的に発展し、華やかな京文化が開花した。
このため北ノ京とも呼ばれた。

戦国4代朝倉孝景の頃から全盛期を迎え、最盛期には人口1万人を超え、越前の中心地として栄えていた。
出典:wikipedia

駅からも距離があり、現在は決して交通の便がいいとは言えない場所にある一乗谷朝倉氏遺跡ですが、当時は大変栄えていたんですね。

しかし、現在は、当時の建物はほとんど残っていません。

1573年(天正元年)8月16日、刀禰坂の戦いに大敗した義景は一乗谷を放棄し大野へ逃れる。
翌日、信長の軍勢によって火を放たれ一乗谷は灰燼に帰した。
この戦の功績により信長から守護代職を与えられた朝倉氏旧臣の桂田長俊(前波吉継)が一乗谷に館を構え、越前を統治していた。
しかし、同じ旧臣である富田長繁ら国人は長俊に反感を抱いており、民衆に一揆を起こさせるべく画策した。

1575年(天正3年)1月18日、吉田郡志比庄で一揆が蜂起、翌日には長繁を先頭に坂井郡、吉田郡、足羽郡の一揆勢3万3千人が一乗谷に攻め入り、長俊は一族もろとも討ち取られた。

信長が一揆を平定した後、越前八郡を与えられた柴田勝家は本拠を水運・陸運に便利な北ノ庄に構えたため、辺境となった一乗谷は田畑の下に埋もれていった。

優れた造りの庭園も堆積する土砂に埋もれたが、1967年(昭和42年)に発掘が開始され注目されるようになった。
出典:Wikipedia

このように、信長(柴田勝家)によって一乗谷には火が放たれ、3日3晩燃え続けたと言われています。そしてその後400年以上もの間、田畑の下に埋まったままだったのです。

割と最近まで一乗谷朝倉氏遺跡の上で人々が生活していたと思うと、驚きですよね。

>朝倉氏と戦国村一乗谷 [ 松原 信之 ]

価格:2,376円
(2017/3/1 12:41時点)
感想(0件)

 

必見!一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ16選

一乗谷朝倉氏遺跡は、遺跡全体の広さが278ha、東京ドームに換算すると、なんと約60個分もの広さがあるんです。歩いてまわる部分だけで言えばそこまで広くはないですが、それでもたくさんの見どころがあります。

しかし、庭園や屋敷跡は目立った建物がないので、実はすごいものでも見逃しがち!こちらでチェックして、一乗谷朝倉氏遺跡の見どころを一つ一つじっくり見てください。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ①唐門

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

photo by 福井県観光写真素材集|ふくいドットコム

まず1つ目の見どころは、一乗谷朝倉氏遺跡の顔とも言える「唐門」。

一乗谷朝倉氏遺跡は、大きな道路が真ん中に走っていて、東側に朝倉館跡、西側に武家屋敷などがある城下町があります。

唐門は朝倉館跡の入り口にある、幅2.3mの唐破風造り屋根の門で、門表には朝倉家の三ッ木瓜の紋が刻まれています。

ただし、これは朝倉氏の遺構ではなく、のちに建てられた松雲院の寺門として朝倉義景の菩提を弔うためにつくられたと言われています。

また、現存するものは江戸時代中期頃に再建されたものだそうです。

手前は堀になっていて、春は桜、秋は紅葉と、季節ごとに美しい姿を見せてくれるため、一乗谷朝倉氏遺跡で最も人気のある写真スポットとなっています。

唐門前には鯉がたくさんいて、地元の方が鯉に餌やりをしていたり、散歩コースや憩いの場になっていたり、観光地にも関わらず、地元民にとっては日常の中にある、なんとも不思議なスポットでもあるんです。観光で訪れる方は、あったかい福井人と仲良くなれるかもしれませんよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ②朝倉館跡

一乗谷朝倉氏遺跡の画像 朝倉館跡を上(庭園)から見た写真。左上に唐門があります。

続いての見どころは、唐門をくぐった正面にある朝倉館跡。ここはその名の通り、朝倉家の当主が住んでいた館の跡です。

後ろは山城、西、南、北側は高さ1.2〜3mほどの土塁になっていて、幅約8m、深さ約3mの堀で囲まれています。

朝倉氏遺跡は信長の軍勢によって火を放たれてしまったため、鬼瓦や棟石等も発掘されてはいるものの、朝倉館跡は基礎が残っているだけです。

朝倉館跡の平らな部分は約6,400㎡もあり、かつては17棟の建築物があったそうです。現在は、基礎の部分に「常御殿」「主殿」や「湯殿」などとそれぞれに案内が書いてあり、当時何に使われているたのかを知ることができます。間取り図を見ているみたいで楽しい気分になってきますよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ③日本最古の花壇

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

朝倉館跡には日本最古の花壇があるんです。これは、朝倉館で最大の大きさを誇る常御殿の南側の中庭で1968(昭和43)年に発見されたもの。

花粉分析によると、春はシャクナゲやボタンなど、秋はキクやハギなどが植えられていたそうです。

日本最古というとすごい感じがしますが、一乗谷朝倉氏遺跡のガイドさんに尋ねても、すぐには場所がピンとこないくらいマイナーなスポットのようでした。

朝倉館跡の中で一箇所だけ植物が生い茂っている部分なので、見つけるのは簡単!ですが、言われなければそんなにすごいものだとはわからないので、見落とさないように注意してくださいね!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ④朝倉義景墓

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

完全に写真を撮る場所を間違えました…。朝倉義景墓はこの左側にあります。

朝倉館跡の東南の隅にあるので、現地でじっくり見てくださいね!笑

朝倉義景墓は1576年(天正4年)に村民が建てた小祠の場所に、1663年(寛文3年)、福井藩主松平光通が墓塔を建立した。
出典:wikipedia

とのこと。

また、大野市にも江戸時代に建てられた義景の墓があるんだそうです。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑤中の御殿跡

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

中の御殿跡は、朝倉義景の母、光徳院が住んでいたと言われている御殿の跡地です。

1972(昭和47)年以降の発掘調査で、門、庭園跡、建物跡の一部が発見されたそうです。これも本当に最近の出来事ですよね。

後ろ側には朝倉一族の屋敷、西方には犬馬場や柳馬場などがあったようです。資料館に復元模型があるので、昔の姿を少しだけ垣間見ることができますよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑥庭園

一乗谷朝倉氏遺跡といえば、庭園もすごい!遺跡内にある4つの庭園は、国の特別名勝に指定されているものなので、絶対に見逃せません。

とはいえ、長い間地中に埋まっていた場所なので、館跡も庭園も、個人的には違いがよくわかりませんでした。興味のある方は、じっくり見てみてください!

最初に紹介する3庭園は、1930(昭和5)年には国の名勝に指定されていたにもかかわらず、管理が不十分で長い間荒廃していたそうです。

整備が行われ始めたのは1967(昭和42)年のことで、1991(平成3)年に、朝倉館跡庭園も加わった4つの庭園が国の特別名勝に指定されました。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑦湯殿跡庭園

一乗谷朝倉氏遺跡の画像湯殿跡庭園は、16世紀初頭、10代目朝倉孝景の時代に造られたといわれていて、4つの庭園の中では最も古いものだそうです。

現在は大きな石が置かれているだけのように見えますが、よく見ると、一つ一つの岩にも意味があるんだとか。

南北に細長く複雑に入り組んだ形の庭池があり、当時は導水路が備えられ、水がたたえられていたと考えられる。
凝灰角礫岩の巨石を用いて護岸石組や滝石組、三尊石組などが周囲に組まれている。
左右ほぼ同じ高さの滝副石があり、1段の水落石と水分石がある。
園路跡もあり、池尻付近には橋挟石相当の石があることから石橋が架けられていたと考えられる。

また、南側には空堀の石垣が残っている。
池の東端には「亀島」と呼ばれる小さな石組で出来た島がある。
またその反対側の西端には、「鶴石組」という石組が造られている。
出典:wikipedia

じっくり見ると、当時の姿を思い描くことができるかも。芸術家の故岡本太郎氏は、この庭園に感動し、長い時間鑑賞していたそうです。

一乗谷朝倉氏遺跡の画像湯殿跡庭園からは朝倉館跡を見下ろすことができるので、朝倉館跡の全体像が見たいという方は、ここから見るのがおすすめ!

朝倉館跡の全体図とともに、当時の姿を思い浮かべることができますよ。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑧南陽寺跡庭園

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

朝倉氏景の妻、天心清祐大姉が建立した南陽寺の庭園です。

当時は多くの建物があったそうですが、現在は庭園の一部が残るのみとなっていて、パッと見て庭園と思えるような場所ではありませんが、しっかりチェックしておきましょう。

1568年(永禄11年)3月の桜の季節には、この庭園で朝倉義景が足利義秋(のちの15代将軍義昭)を招いて宴、歌会を催した。

現在、その時に二人が詠んだ歌の碑が建てられている。
「もろともに月も忘るな糸桜 年の緒長き契と思はゞ」義秋
「君が代の時にあひあふ糸桜 いともかしこきけふのことの葉」義景
出典:wikipedia

「月もともに忘れずにいてください。糸桜に長く垂れる枝のように長く続く契りと思うなら、」
「なんと畏れ多い今日のお言葉でしょうか。あなたが将軍になったら、またこの糸桜の元でお逢いしたいものです。」といった感じの意味でしょうか。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑨諏訪館跡庭園

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

朝倉義景が4人目の側室、小少将のために造ったといわれている館の庭園です。こちらは庭園ということがすぐにわかりますよね。

この庭園は型通りに配置された部分が多く見られ、とても形式的な構成なんだそう。そのため、専門の庭師がつくったと推測されています。

4つの庭園の中では最大規模で、回遊式林泉庭園としては日本でも第一級の豪華さを誇ったといいます。

紅葉の季節には、ヤマモミジが色づいてさらに綺麗ですよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑩朝倉館(義景館)跡庭園

一乗谷朝倉氏遺跡の画像朝倉館跡庭園を上から見た写真(右下が朝倉館跡庭園)

館跡奥にある朝倉館跡庭園は、1968(昭和43)年に発掘されるまで、完全に埋没していました。こちらは現在でも池に水が張られているので、庭園らしさがありますよね。

日本最古の花壇の奥側にあるので、一緒に楽しんでみてください。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑪城下町

photo by 福井県観光写真素材集|ふくいドットコム

朝倉館跡前の広場、道路を挟んで西側には、約1.7kmの谷間に形成された城下町がありました。現在は復原町並を見ることができるので、朝倉館跡や庭園にいまいちピンとこなかったという方は、こちらを見るのがおすすめです。

復原町並は、長年の発掘結果や史料等を参考に、当時の町並みが200mに渡って再現されています。なんと、原寸大の立体模型は日本でここが初めて

侍屋敷や町屋の内部も細かく再現されているので、とっても楽しいんです。

期間限定ですが、「戦国城下町生活再現」として、武士や町人に扮した人が当時の日常を再現していることもあります。伝統工芸品の「越前焼」や野菜は実際に売られているので、当時のリアルな生活を体感することができますよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑫遠見遮断方式

一乗谷朝倉氏遺跡

城下町で最も見てほしいところが、この遠見遮断方式。遠見遮断方式とは、道を湾曲させることで、侵入してきた敵は先が見えづらい一方、こちらからは敵の姿がよく見えるという、城下町によく見られた防護策のこと。

一乗谷城の戦いの際に攻めてきた織田軍も、この遠見遮断方式に苦戦したと言われています。

現在日本で遠見遮断方式を見ることができるのは、ここ一乗谷朝倉氏遺跡ただ一つというとてもレアなスポットなんです。実際に歩いてみると、遠見遮断方式のすごさが体感できますよ!

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑬武家屋敷跡

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

武家屋敷の中も細かく復元されていて、中に入ると当時の生活を垣間見ることができます。こういうの、ワクワクしませんか??

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑭町屋

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

武家屋敷だけでなく、町屋も、裏庭、井戸、厠まで細かく再現されています。

武家屋敷と比べると「こんなに小さいの?」とびっくりするほど小規模ですが、当時の町人の暮らしをリアルに感じることができました。

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑮英林塚

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

朝倉館跡の後ろにある朝倉敏景のお墓で、越前に危機が迫ると鳴動するという伝説が昔からあるそうです。

英林塚と呼ばれているのは、敏景の法名である一乗寺殿英林宗雄からきたものです。

人気のない静かな場所にあるのでちょっと怖いかも…

一乗谷朝倉氏遺跡の見どころ⑯出土品

一乗谷朝倉氏遺跡の画像 画像はイベントの際に展示してあった朝倉将棋

一乗谷朝倉氏遺跡からは、武器武具、生活用品など、多くの資料が出土しています。

一乗谷駅近くの福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館では、約500点の出土品を見ることができます。国指定の重要文化財もたくさんあるので、こちらも必見!

復原町並との共通券を買えばとってもお得に資料館に入館することができます。

その中でも絶対に見てほしい私のおすすめが、「醉象(すいぞう)駒」!

これ、何かというと、将棋の駒なんです。

醉象駒を使った将棋は、王将が詰まされてもこの醉象によってゲームが続くというもの。敵陣の3段目に入ると醉象は裏の太子に成り、太子が世継ぎとしてゲームが続くんです。

現在の将棋は本将棋と呼ばれるものですが、本将棋の元となった小将棋というものがあり(室町時代ごろに遊ばれていたもの)、小将棋のルールとちょっと違って、玉将、醉象(太子)以外は持ち駒として再利用できるのが朝倉将棋なんです。

大河ドラマ「真田丸」でも醉象を使った将棋が出てきて話題になったので、知っている人も多いのでは?

朝倉氏遺跡では、武士と朝倉将棋の対局ができるイベントが開催されることもあります。

空から一乗谷朝倉氏遺跡を見てみよう!

一乗谷朝倉氏遺跡の画像一乗谷朝倉氏遺跡は、一部の復原された侍屋敷以外にはほとんど建物がないので、地上を歩いているだけでは物足りない!と思う人もいるかも。

残念ながらいつでもやっているというわけではありませんが、運が良ければ一乗谷朝倉氏遺跡を空から見ることができるかも!

先日一乗谷朝倉氏遺跡に行ったところ、高所作業車から一乗谷朝倉氏遺跡を見下ろせるというスペシャルなイベントが行われていました。

遠見遮断方式も上から見てみると、どんなつくりになっているかよくわかりますよね。

上から見ると、一乗谷朝倉氏遺跡のスケールの大きさが体感できて、とっても楽しかったです!

ちょっと足を伸ばして一乗滝へ!

一乗滝の画像

一乗谷には、壮大な景色が楽しめる一乗滝もあります。

一乗滝は、佐々木小次郎が燕返しを身につけた場所と言われていて、佐々木小次郎の像もたっている、歴史を感じられる場所でもあるんです。

ソフトバンク×BOSSのCMでも使われているんですよ!

一乗谷ジンジャーエールでひとやすみ

一乗谷朝倉氏遺跡の画像

たくさん歩いて疲れたら、ジンジャーエールはいかがですか?一乗谷朝倉氏遺跡では、福井市で採れた生姜を使った「一乗谷ジンジャーエール」が新名物として人気なんです。

一乗谷ジンジャーエールは、後味にほんのりジンジャーが香る程度で、生姜が苦手な私でもとっても飲みやすかったです。

一乗谷朝倉氏遺跡内の売店で販売しているので、ぜひお手にとってみてください。

Instagram × #一乗谷朝倉氏遺跡

最後に、インスタにアップされている一乗谷朝倉氏遺跡の美しい画像を紹介します!

#一乗谷 #朝倉氏遺跡

Hiroyuki Satohさん(@daimaru_satoh)が投稿した写真 –

#福井#朝倉氏遺跡#桜#カメラは楽しい #カメラ好きな人と繋がりたい

あさがおさん(@asagao0425)が投稿した写真 –

@mor428が投稿した写真


美しい写真がたくさんありますね。特に唐門はオススメの撮影スポットです!インスタ映え重視の旅をしたい方にとっても、一乗谷朝倉氏遺跡は絶対に来る価値ありのスポットです!

一乗谷には、安養寺盛源寺西山光照寺など、現在も跡地などが残っている以外にも、約40の寺院があったと推測されています。
また、山城跡や石仏群、上城戸跡下城戸跡など、ここで紹介した以外にも見どころはたくさんあります。

さらに、トレイルランなどのイベントが開催されることもあり、歴史も自然も楽しむことができるとってもおすすめのスポットなんです。

土日祝日の9:30〜17:30には30分間隔で遺跡内無料周遊バス「朝倉ゆめまる号」が運行しています。一乗谷朝倉氏遺跡資料館、一乗谷史跡公園センター、復原町並、一乗ふるさと交流館、盛源寺をまわってくれるので、歩くのは苦手!という方も心配ありません。

地元の方も旅行の方も、是非一乗谷朝倉氏遺跡の魅力を堪能してください!

>朝倉氏と戦国村一乗谷 [ 松原 信之 ]

価格:2,376円
(2017/3/1 12:41時点)
感想(0件)

名称 一乗谷朝倉氏遺跡
住所 福井県福井市城戸ノ内町
電話番号 0776-41-2330(朝倉氏遺跡保存協会)
時間(復原町並) 9:00~17:00(入場は〜16:30)
定休日(復原町並) 年末年始
アクセス JR越美北線 一乗谷駅から徒歩15分
JR福井駅から京福バス浄教寺行き「復原町並」下車すぐ
※期間限定で直行バス有り
福井ICから車で10分
駐車場 あり
WEBサイト http://www3.fctv.ne.jp/~asakura/index.html

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 一乗谷朝倉氏遺跡は日本のポンペイ!?隠れた魅力と見所を徹底解説!【福井市】 https://dearfukui.jp/sightseeing/1730 […]