勝山市に100万円の寄付をさせていただきました【新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金】

勝山市に100万円の寄付をさせていただきました【新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金】

はじめに
新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々と、ご家族、ご関係者の皆様に謹んでお悔み申し上げます。
罹患された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
また、医療従事者の皆様等、医療や感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝を申し上げますとともに、新型コロナウイルスの1日も早い終息をお祈りしております。

2020.7.16 Dearふくい代表 江戸しおり

この度、私個人から福井県の勝山市役所に100万円の寄付をさせていただきました。

せっかくなので、「何か役に立つことがしたい!」「寄付がしたいけどどこにすればいいの?」といったことを考えている方のために、寄付の体験談などをお伝えできればと思います!

勝山市に寄付する方法

まずは、私の体験をもとに勝山市に寄付する方法をご紹介します。

勝山市では、とってもわかりやすく『新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金』という名目で寄付を募っています。

寄付の方法は、

  • 市役所に直接現金を持参する
  • ゆうちょ銀行からの振込
  • ふるさと納税サイトを利用する

の3種類があります。

振込の場合は払込票をもらうための申請が必要なので、こちらから事前に申請をしておきます。
ふるさと納税サイトを利用する場合は、こちらから寄付が可能です。(7/16現在、期間は7月31日までと記載されています)

私は直接持参する方法を取りました。

いざ市役所へ!

寄付を受け付けているのは、2階にある商工観光・ふるさと創生課です。
念のため、事前に商工観光・ふるさと創生課に問い合わせておくとより安心できると思います。

私も事前に問い合わせをし、日時をだいたいお伝えしてから伺いました。

市役所の玄関を入ると誰かしら職員さんがいるので、寄付をしにきた旨を伝えれば、場所を教えてくれますよ!
もちろん商工観光・ふるさと創生課に直接向かっても問題ありませんし、平日8:30〜17:15の間にアポなしで行っても問題ないと思います。

入って左側に進むと階段があります。こちらから商工観光・ふるさと創生課へ!

事前にお約束していた職員の方に寄付金を渡すと、大変喜んでくださって、こちらも嬉しくなりました。
必要としている方に届きますように。

勝山市への寄付による特典

勝山市の寄付では、どのような方法でも寄附控除が受けられます。(所得によって控除が受けられる金額は異なります)
こちらは所得税法に定められているものなので、勝山市以外でも、行政への寄付であれば寄付控除を受けることができます。
つまり、寄付した分だけ所得税がお得になるということです。(念のため事前の確認をおすすめします。)
ただし、領収書が必要となるのでお気をつけください。
勝山市の場合は後日送ってくださるようでした。

さらに、公式サイトには「市民から寄贈いただいた特産品等の品をお渡しします。」と書かれています。
私が伺ったときは、地元で作られたニンニク風味のオリーブオイルや、ゆめおーれで作られたシルクのマスクなどが用意されていました。

ただし、こちらは市民の方のご好意で寄贈していただいているものだそうなので、用意がないこともあります。ご了承ください。

【使い道】勝山市の新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金の使い道

勝山市の公式サイトには、新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金の使い道の一例として、以下が記載されていました。

(1)育英奨学金の一部返還免除付き特別貸与枠の創設
【概要】勝山市内居住する高校生・大学生を対象として、12万円の特別貸与奨学金枠を創設し、うち6万円は返還免除とする。

(2)福井勝山総合病院医療従事者宿泊支援
【概要】 新型コロナウイルス感染症医療に従事する福井勝山総合病院の医師、看護師を勝山ニューホテルでの一定期間の滞在を支援する。

(3)市内医療機関や保育園等にマスクやアルコール消毒液を配布します
【概要】 医療機関や保育園、こども園のニーズに応じ、マスク、防護衣、消毒液等を追加配布する。

(4)かち飯プレミアム付きお食事券を発行します
【概要】 かち飯キャンペーン第2弾として、市内飲食店で使用できる11,000円分(500円×22枚つづり)のお食事券を販売価格10,000円を発行し、市内飲食店を下支えする。

出典:勝山市公式サイト

高校生や大学生の教育支援、医療従事者への支援、医療機関や保育園などの感染防止対策、市内飲食店の活性化。
どれも大切なことなので、今回寄付したお金が、必要としている方にきちんと届くことを願っています。

詳しくはこちら>>https://www.city.katsuyama.fukui.jp/site/corona/12557.html

福井県内で寄付を受け付けている自治体とその詳細

福井県内では、勝山市以外にもコロナ関連の寄付を受け付けている自治体があります。
公式サイトで見つけられたもののみをご紹介しますので、お住まいの自治体の情報がない方は、一度役所に問い合わせしてみるといいと思います。

自治体 受け付け方法 詳細
福井県 ・ふるさとチョイス
・ゆうちょ銀行からの振込(振込用紙の申請が必要)
https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/wakatei/coronakifu.html
あわら市 ・総務部総務課防災安全対策室に問い合わせ http://www.city.awara.lg.jp/mokuteki/life/life06/life0602/p011269.html
永平寺町 ・ふるさとチョイス
・寄附申込書による申し込み
https://www.town.eiheiji.lg.jp/200/206/250/p010265.html
大野市 ・直接持参
・ゆうちょ銀行からの振込(振込用紙の申請が必要)
・ふるさと納税
https://www.city.ono.fukui.jp/shisei/kifu-koubai/kifu-tetsuzuki/furusato.html
小浜市 寄付申出フォームから申し込み
寄付申出書で申し込み
ふるさとチョイス
など
https://www1.city.obama.fukui.jp/category/page.asp?Page=4492
敦賀市 ・ふるさとチョイス https://www.city.tsuruga.lg.jp/kurashi/zeikin/furusatonouzei.html

また、どの自治体もたいていふるさと納税を受け付けているので、ふるさと納税が窓口になっていたり、間接的にコロナへの支援につながる可能性もあります。
ふるさとチョイスなどで調べてみてはいかがでしょうか。

※福井県内の寄付の情報が他にもあれば、ご連絡いただければ追記いたします!

勝山市に寄付した理由

今回は住民票を置いている勝山市に寄付をさせていただきましたが、最後にその理由を。
「寄付をするかどうか迷っている」、「どこに寄付をするか迷っている」という方の決断の一助になれば幸いです。

なぜ勝山市か、というのは、住民票を置いているからということはもちろんなのですが、それ以外にも2つ理由があります。

まず一つが、勝山市のコロナ関連の保障がとても手厚いこと!
勝山市は、国の特別定額給付金事業の実施が決定される1週間も前に、0歳から中学3年生までの子どもがいる世帯に対し、子ども1人あたり一律6万円の支給をすると発表しています。
ここで、約1億5千万円ものお金が使われました。

さらに先日、国の特別定額給付金の支給対象外の方に対しても、勝山市が独自で10万円を給付することが決定しました。
約120人に対して合計1200万円が支給される予定です。
財源には国からの地方創生臨時交付金だけでなく、市長や市議会議員さんの6月期末手当の減額分が充てられるそうです。

勝山市のこういった政策は、福井県内でもトップクラスの早さでしたし、行政がやるべきことをしっかりやってくれているという実感があり、勝山市に寄付する大きな決め手となりました。
また、まだまだ支援を必要としている方はたくさんいると思います。
ここまでの動きを見ていて、勝山市なら、財源さえあればきっちり支援をしてくれるのではないかという希望が持てたから、ということもあります。

そしてもう一つが、直接持参が可能だった点です。
今回ご紹介した勝山市以外の6自治体で、「直接持参が可能」と公式サイトに明記されているのは大野市のみです。(問い合わせれば可能な自治体もあるとは思いますが。)
少額ではありますが、一生懸命働いて貯めたお金を渡すのだから、しっかりと顔を見て渡したい、という思いがありました。
そのため、直接持参が可能な勝山市への寄付を決めました。

寄付を迷っている方の決断の一助になれば幸いです。

また、繰り返しになりますが、医療従事者の皆様、行政関係者の方々等、医療や感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝を申し上げます。

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dearふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報