【福井市】ほっとするお母さんの味。まンまや おちょkitchenでゆっくりしてみて…

【福井市】ほっとするお母さんの味。まンまや おちょkitchenでゆっくりしてみて…

福井駅近くの住宅街にある「まンまや おちょkitchen」。
ゲストハウス「SAMMIE’S(サミーズ)」の向かいにあるため、地元の人だけでなく、全国から集まった観光客にも人気のあるお店なんです。
まるでお家のようなくつろげる空間で、優しい味の食事を楽しんでみてはいかがですか?

まンまや おちょキッチンとは?

まんまやおちょキッチンの画像

2016年3月にオープンしたおちょキッチン。
伏田さおりさんという女性の方が1人でやっているお店です。
ご飯の「まんま」、福井弁で正座という意味の「おちょきん」を組み合わせた店名からも、お店ののんびり感や安心できる感じがイメージできますよね。

まんまやおちょキッチンの画像

お店に入ると、右手にはソファー席が。
薪ストーブもあって、あったか〜い雰囲気の店内です。

奥はこんな感じ。

まんまやおちょキッチンの画像

ちゃぶ台でご飯を食べたことがなかったので、ちょっとテンション上がりました。

入るなり、優しい声で話しかけてくれた伏田さん。
今日のメニューを説明してもらって、少し話しているうちに、もう実家気分になってしまいました。

まンまや おちょキッチンのある日のオカン定食…

まんまやおちょキッチンの画像

この日のオカン定食は、昭和の大粒ぎょうざ、具だくさんの五目豆、カジキマグロの山かけ、小松菜の味噌汁、福井県産コシヒカリのご飯でした。
どれも私の好きなもの!!

特に、餃子とカジキマグロの山かけは絶品!
山かけは大和芋というお芋を使っているので、粘りがすごいんです。
ご飯は2杯までお代わり無料なので、しっかりお代わりしちゃいました笑

また、別の日にはこんな美味しそうな定食が!

おちょキッチンの画像

これはクリスマスバージョンで、若鶏のチューリップ揚げ、ホワイトソースグラタン、コーンスープ、まるごと1本人参のきんぴら。
美味しそう〜!!

そして、デザートにマフィンはいかがですか?

おちょキッチンの画像

日替わりで、毎日違う味を焼いているそうです。

おちょキッチンはランチタイム、夜ご飯タイムの2部制となっていて、定食以外にもオムライス、焼き飯などもあります。
また、総菜、ご飯、汁物などはテイクアウトすることも可能です。

食後は伏田さんとお話をしながらのんびり。
なんだか台所に立っているお母さんを見ているようで、ほっとする…。

まんまやおちょキッチンの画像

そして、ふと上見ると、おしゃれな照明が…。
これ、なんとシンバルでできたランプなんです。
伏田さんはおちょキッチンの家具にとってもこだわっていて、特にこの照明はお気に入りなんだそう。

おちょキッチンがある地域は、昔は武家屋敷があったとか。
改装の際に床を掘ると、食器の破片や、笏谷石が出てきたそうで、これらは現在店内の床や壁でインテリアとして使われています。
タイル貼りや柱、天井塗り、看板掘りなどは、向かいにあるサミーズが民家をセルフリノベーションしている姿に刺激を受けて、伏田さんがご自身で行ったそうです。
そんなエピソードも、地域のつながりが感じられて、あたたかくてほっこりしませんか?

おちょキッチンは、介助犬可。
さらに、女性ならではの心遣いも随所に感じられるお店です。
家族と離れて暮らしている人や、旅先でちょっと寂しくなっちゃった人は、おちょキッチンに行ってみては?
美味しいご飯と、優しい伏田さんのお話にほっとすること間違いなしです!

店名 まンまや おちょkitchen
住所 福井県福井市日之出2-7-16
電話番号 0776-21-8181
営業時間 11:30〜15:00/17:00〜20:00
定休日 日曜・祝日
WEBサイト https://www.facebook.com/manmaya.otyokitchen8181/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!