【かじかの里山殿下で郷土料理体験】殿下の忙しい朝の味方「呉汁」とは?豪華バイキングにも注目!【福井市】

【かじかの里山殿下で郷土料理体験】殿下の忙しい朝の味方「呉汁」とは?豪華バイキングにも注目!【福井市】

越前加賀海岸国定公園に属し、越知山(おちさん)などがある緑豊かな殿下地区。
しかし、人口は450人ほどと過疎化も問題となっています。

そんな殿下地区で唯一とも言える飲食店で、殿下の郷土料理が楽しめるとのこと。
地元の人でもなかなか行く機会のない殿下の郷土料理とは一体どんなものなのか確かめるべく、実際に行ってみることに。

殿下地区までは、福井市街から車で30分ほど。

市街地を抜けると、どんどんと景色が移り変わり…

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

こんなに緑豊かな場所に到着!
この辺りが殿下地区です。

殿下には、和歌で読まれるほど美しい声で「フィフィフィ」と鳴く「かじかがえる」というカエルが住んでいるんだとか。

このカエルは、流れがゆるやかな川岸や川沿いの小さな水たまりに生息するため、川がコンクリートで固められるなどすると姿を消してしまうこともあるんだそうです。

殿下にはかじかがえるが住めるほど、自然が多く残っているんですね。

今回の目的地は、そんな「かじか」の名前がついた「かじかの里山殿下」!

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

かじかの里山殿下はもともとおそば屋さんでしたが、2013年に農家レストランとして再オープンし、地元の食材を使った郷土料理を伝えるため、地域のお母さん方が日々腕をふるっています。

お昼前に伺うと、すでにお母さんたちが調理を開始していました。
その中には、地域おこし協力隊として殿下を盛り上げる高橋要さんの姿も。

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

お昼には、地元の食材をふんだんに使った郷土料理がバイキングとして提供され、平日でも多くのお客さんで賑わうんだとか。

殿下地区の郷土料理作り体験

今回このかじかの里山殿下にやってきた一番の目的は、殿下地区の郷土料理を実際に作るため!

郷土料理にふれるために、中国やシンガポールからわざわざここ、殿下に来る旅行客もいらっしゃるそうですが、より多くの方に殿下の郷土料理の魅力を知ってもらうために、Dearふくいで詳細にレポートさせていただきます!

葉ずし

まずは殿下に伝わる「葉ずし」作りに挑戦!

葉ずしというのだから、葉っぱで巻いたお寿司なんだろうなあ。
と思っていると、高橋さんから、「外に行きましょう!」との声が…。

お寿司を作りにお外!?
一体何をしに行くのでしょうか。

美味しい空気を吸いながら数百メートル歩くと、何の変哲も無い道端で、「ここです」と言われました。

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

ここに一体何があるの!?
と不思議に思っている私にはおかまいなしに、高橋さんは一直線にある木を目指して歩いていきます。

そしておもむろに葉っぱをぶちっ。

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

実は今回作る葉ずしには、アブラギリという葉っぱを使うんです。
こんな道端で葉ずしの材料、アブラギリをゲット!

「なぜアブラギリを使うんですか?」と聞いたところ、確かな理由はわからないそうですが、近くの殿下小学校のある小学生(当時)の自由研究によると、お寿司を色々な葉っぱで巻いて試したところ、アブラギリの葉っぱを使ったお寿司が一番日持ちしたそう。
殿下葉ずしにアブラギリを使うのは、1日でも長く日持ちをさせるための、昔の人の知恵なんでしょうか。

さて、葉っぱをゲットしたので、かじかの里山殿下に戻って、いよいよ葉ずし作り。
使うのは取ってきたアブラギリと酢飯、ひじきの煮物、煮豆、ごま。

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

お寿司にひじき…はちらし寿司っぽい気がしなくもないですが、煮豆が入るのにはちょっとびっくり。

とりあえず、指示通りに酢飯にごま、ひじき、煮豆を入れてまぜまぜ。

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

混ぜるとなんだかとっても美味しそうな見た目に!
煮豆が入っているお寿司って一体どんな味なんだろうとワクワクしてきます。

今回殿下の郷土料理を教えてくれたのは、生まれも育ちも殿下の城崎さん。
混ぜ方も丁寧に教えていただきました。福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

ご飯ができたらアブラギリの葉にのせて形を整え…

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

ぱたっとたたんだら、葉ずしの完成!

福井殿下かじかの里山葉ずし呉汁の画像

簡単なので、親子で一緒に作っても楽しいかも。

少し時間を置くと、アブラギリの香りがお寿司に移ってより美味しくなるんだとか。

殿下の忙しい朝の味方!?
実験みたいな不思議な汁物作りは次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報