「酔虎 夢」で木の温もりの中でジビエを喰らう!ジビエ&丼好きのスタミナランチはここ!【池田町】

「酔虎 夢」で木の温もりの中でジビエを喰らう!ジビエ&丼好きのスタミナランチはここ!【池田町】

福井県池田町の足羽川沿いに、一軒のロッジ風の飲食店が佇んでいます。
「酔虎 夢」という名のこの店では、池田町で獲れた鹿やイノシシといったジビエを使った料理が提供されています。
緑あふれる自然豊かなロケーションで、池田町の山の幸を存分に味わいませんか?

酔虎 夢で木の香りに包まれながらランチを楽しむ

福井池田ランチ酔虎夢ジビエ山賊丼の画像

まちの92%を森林が占める池田町にふさわしく、お店の周囲は緑に溢れていました。
木をたっぷり使った建物も、池田らしい!
小さな階段を上がって店内に入ると、ふんわりと木の香りが。
福井池田ランチ酔虎夢ジビエ山賊丼の画像

店内中央には囲炉裏があり、それを囲むようにしてお食事をいただきます。
壁際には何やら大きなノコギリのようなものなど、使い道を想像するだけでもワクワクするような道具がたくさんかけられていました。

酔虎 夢の看板メニュー「山賊丼」

福井池田ランチ酔虎夢ジビエ山賊丼の画像

酔虎 夢の看板メニューは、ジビエを使った「山賊丼」。
この日は、たっぷりの鹿肉のカツと焼いたイノシシ肉、初夏らしいたらの芽などの山菜を使った、ボリューム満点ながらも爽やかさを感じられる丼をいただきました。
奥にある卵焼きにはだしがしっかりときいていました。美味しすぎる!

また、季節によっては夏野菜をのせるなど、その時期にあった野菜を使い、旬を感じられる丼を作っているそうです。

酔虎 夢で使っているジビエは全てご主人が池田町で獲ってきたもので、食肉処理施設の許可もとってお店をされています。
「命を獲る、手をかけて美味しく調理する、いただく」までの全てが池田町で行われているんですね。
池田町で育まれた貴重な生命をいただいていることを強く感じました。

箸休めには、池田町の水ぶきやふきのつくだ煮と、ゼンマイ、山椒の葉などの山菜、イノシシのチャーシューと、こちらも池田町の恵みがふんだんに使われていました。

山に囲まれた池田町では、山菜がたくさん採れるので、まちのいたるところで山菜が売られていたり、飲食店でも目にしたりすることが多いです。
数日滞在すると、山菜の虜に…。

休日ランチ以外は要予約!

福井池田ランチ酔虎夢ジビエ山賊丼の画像囲炉裏にはなぜかマムシ…

酔虎 夢は、土日祝日のランチのみの営業ですが、事前の相談、予約があれば平日や夜の営業も行うそう。
休日ランチ以外での利用を考えている方は早めに連絡をしてください。

囲炉裏でジビエ鍋をするなど、夜は相談によって美味しいジビエ料理が楽しめるとのことです。
山賊丼の美味しさも抜群ですが、夜のジビエ料理も気になりますよね。

池田の自然に出会える酔虎 夢

福井池田ツリーピクニックアドベンチャーボートの画像

酔虎 夢のテラスに出てみると、下には足羽川の美しい清流が広がっていました。
新緑の季節は、豊かな緑と柔らかな日差し、透き通ったせせらぎの中を、時折ツリーピクニックアドベンチャーのボートが通り過ぎていきます。

自然を見ながら山の幸をいただけば、池田町の魅力をより味わうことができますよ!

最後にお店のご主人と写真を撮っていただきました。

福井池田ランチ酔虎夢ジビエ山賊丼の画像

手に持っているのはなんとマムシ!
近くでよく獲れるそうで、近所の方が持ってきてくれたんだとか。

「串に刺して囲炉裏で焼くと、お酒のつまみになってうまい!」とご主人。
池田の自然とともに生きている町の方の暮らしにも触れることができました。

店名 酔虎 夢
住所 福井県今立郡池田町土合皿尾4-5-9
電話番号 090-9768-5300
営業時間 11:00〜15:00
定休日 平日・冬季は予約に応じて営業
WEBサイト http://www.e-ikeda.jp/eat/p004009.html

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報