福井の結婚式ならではの風習!「まんじゅうまき」ならぬ「お菓子まき」をしました!

福井の結婚式ならではの風習!「まんじゅうまき」ならぬ「お菓子まき」をしました!

先日、福井市内で挙式、披露宴を行いました。当日は会場装飾や演出など、いたるところに福井ゆかりのものを登場させました。

挙式後のウエディングセレモニーでは、まんじゅうまきならぬお菓子まきをさせていただきました。

福井の風習である結婚式のまんじゅうまきって、一体どんなものなのでしょうか。

福井の婚礼の風習「まんじゅうまき」

県外の方にはあまりなじみのないものかもしれませんが、福井では結構一般的。

明治時代後期頃から始まった風習

かつては嫁入り当日に、新婦を一目見ようと集まった近所や親戚の人たちに向けて、新郎のお家でまんじゅうまき(餅まきや、手渡すこともあった)を行う、というのが風習として行われていました。

始まったのは明治時代後期頃。最初は福井市や旧坂井郡の都市部で行われていましたが、その後他の地域に広がったそうです。なぜまんじゅうなのかというと、「万寿」とも書くから。

現在は式場でお菓子をまくカップルが多い!

10〜20年ほど前からは少なくなり、自宅で行うことは少なくなりましたが、私たちのように式場でお菓子をまくカップルは今でも結構多いんです。

今回は、福井名物「羽二重餅」「五月ヶ瀬」「眼鏡堅麺麭」などもまきました!

福井の婚礼の風習は他にも色々!

その他、「イッショウミズ」(花嫁が嫁ぎ先の玄関で一升桝に入った水を飲む)という儀式など、福井の婚礼の風習は他にもいくつかあります。

今回調べてみると、福井の結婚式についてまとめられた記事がたくさんありました!こちらも併せて読んでみてください。

まんじゅうまき|wikipedia

愛知県名古屋の上を行く!? 福井県に根強く伝わるド派手結婚式とは?|マイナビニュース

福井に伝わる昔ながらの婚礼の風習|ふくい四季のしあわせ綴り

関連記事

ヨーロッパンキムラヤの絶対食べたい絶品パン&お菓子4選【鯖江市】

福井で機織り体験するならここ!ゆめおーれ勝山で羽二重の歴史に触れる!

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
江戸しおり
Dearふくい代表 ライター/編集者
2015年に福井県鯖江市で実施された体験移住事業「ゆるい移住」に参加したことから福井が大好きに!
体験移住終了後も、2年半に渡り東京と福井を毎月往復する生活を続け、2018年に完全移住しました。
Dearふくいでは観光客向けスポット紹介の他、日常生活に絡めた福井情報を発信中!
夫とともに、私たちの生活を通して「福井っていいな」と思われるように、楽しいことをたくさんしています!