『越前和紙の里』はどんなところ?伝統工芸の歴史を知る・体験する・お土産を買う!【越前市】

『越前和紙の里』はどんなところ?伝統工芸の歴史を知る・体験する・お土産を買う!【越前市】
この記事のテーマ
福井県の伝統工芸品の一つ『越前和紙』の歴史を知る、紙漉きの実演を見る、体験する、お土産を買うなどができるスポット『越前和紙の里』をご紹介します!

越前和紙の里とは

越前和紙の里の画像

越前和紙とは、福井県越前市周辺で作られている、1500年以上もの歴史がある和紙。
昭和51年に伝統的工芸品に指定されました。

そんな越前和紙の歴史に触れてみたい方におすすめのスポットが『越前和紙の里』です。

越前和紙の里には主に『紙の文化博物館』『卯立の工芸館』『パピルス館』の3つの施設があり、それぞれで和紙の歴史を知る、紙漉きの実演を見る、体験することなどができます。

その他、のどかな景色の中を散歩する、お土産を買う、ご飯を食べるなど、ここだけで1日過ごせるくらい盛りだくさんのスポットです。

越前和紙の歴史に触れる!『紙の文化博物館』

越前和紙の里の画像

紙の文化博物館には、越前和紙の長い歴史を感じられる古紙、古文書などの文献といった貴重な資料が展示されています。

他にも越前和紙を使った歴史的作品、日本画などの美術品が多数展示されていて、越前和紙の歴史を学びながら芸術を楽しむこともできます。

  • 越前和紙や美術工芸紙の技法
  • 重要文化財「百萬塔・陀羅尼(ひゃくまんとうだらに)」から見る1200年前の木工品の手技
  • 100種類1000枚の越前和紙や
  • 一枚の越前和紙で作られた数百羽の「連鶴」

などを楽しむことができ、越前和紙や、産地周辺の歴史の奥深さが感じられます。

紙の文化博物館の基本情報・アクセス・マップ

名称 紙の文化博物館
住所 福井県越前市新在家町11-12
電話番号 0778-42-0016
メールアドレス museum@echizenwashi.jp
営業時間 9:00〜16:00
定休日 火曜日(祝日営業)・年末年始
入館料 大人200円(団体150円)
小人100円(団体50円)
(卯立の工芸館との共通入館料)
アクセス 武生駅から福鉄バス 南越線「和紙の里行き」または「赤坂行き」で「和紙の里下車」
武生ICから車で約10分
駐車場 あり
WEBサイト http://www.echizenwashi.jp/features/bunka.html

越前和紙の紙漉き実演を見る!『卯立の工芸館』

越前和紙の画像

続いては卯立(うだつ)の工芸館で、職人の技を見てみましょう。

卯立の工芸館はもともと越前市定友町で紙漉きをしていた、江戸中期の西野平右衛門家を移築・改修したもの。
この建物の中で伝統工芸士による紙すきなど、和紙づくりの工程を見ることができます。

紙漉きには昔ながらの道具を使い、乾燥は天日干しで行っています。
こういった、和紙が作られる一連の工程を見ることができるのは全国でもここだけ!

この紙漉き小屋は『妻入り卯立』と呼ばれる建築様式で建てられていて、玄関正面に卯立が立ち上げてあるのが特徴です。
「うだつが上がらない」という言葉は、この建築様式から来ているそうですよ。

また、卯立の工芸館では昔ながらの道具、原料を使う伝統的な流し漉き体験講座も行っています。
伝統工芸士が指導してくれる本格な紙漉き体験、楽しそうですね!
個人の方は当日受付も行っていますが、事前の予約がおすすめです。

卯立の工芸館の基本情報・アクセス・マップ

名称 卯立の工芸館
住所 福井県越前市新在家町9-21-2
電話番号 0778-43-7800
メールアドレス udatsu@echizenwashi.jp
営業時間 9:00〜16:00
定休日 火曜日(祝日営業)・年末年始
入館料 大人200円(団体150円)
小人100円(団体50円)
(紙の文化博物館との共通入館料)
(体験料別)
アクセス 武生駅から福鉄バス 南越線「和紙の里行き」または「赤坂行き」で「和紙の里下車」
武生ICから車で約10分
駐車場 あり
WEBサイト http://www.echizenwashi.jp/features/udatsu.html

 越前和紙の紙漉き体験をしよう!『パピルス館』

福井越前和紙オリジナル手作り婚姻届

越前和紙の里のパピルス館でも、コウゾとネリという原料を使った越前和紙の紙漉き体験を楽しむことができます。

まずは原料を木枠にすくって揺すり、水分を落とす作業を3回ほど繰り返します。
できたら、用意されたお花や葉っぱを自分の好きなレイアウトで置いていきます。越前和紙の画像そこにもう一度和紙の原料をかけ、色水で最後の色付けをしたら、乾燥させて完成!

これがとっても楽しいんです!
出来上がりはこんな感じ。

越前和紙の画像

作れるアイテムははがきや色紙、名刺、コースター、うちわなどさまざま。
お土産にもぴったりです。

帰りは越前和紙の里でお土産を買おう!『和紙処えちぜん』

越前和紙の画像

最後は越前和紙のお土産を買って帰りましょう。
館内にある越前和紙産地組合の直売店『和紙処えちぜん』では工芸用和紙や折り紙、和紙を使った雑貨等がたくさん。

お部屋に飾れる可愛らしい小物や、メモやお手紙に使うとおしゃれな色とりどりの和紙アイテムは、見ているだけで楽しくなっちゃいます!

ちなみに筆者は、こちらで購入した和紙アイテムをネイルアートに使いました!(やってくれたサロンはこちら

福井鯖江ネイルラッシュネイル

パピルス館・和紙処えちぜんの基本情報・アクセス・マップ

名称 パピルス館・和紙処えちぜん
住所 福井県越前市新在家町8-44
電話番号 0778-42-1363
営業時間 9:00〜16:00(和紙処えちぜんは〜16:30)
定休日 年末年始
アクセス 武生駅から福鉄バス 南越線「和紙の里行き」または「赤坂行き」で「和紙の里下車」
武生ICから車で約10分
駐車場 あり
WEBサイト http://www.echizenwashi.jp/

和紙の里通りは景色も綺麗なので、お散歩にもぴったりです。

 

歴史を学ぶ、美しい作品を見る、実際に体験する…。
越前和紙の全てを体験できる『越前和紙の里』に行ってみませんか?

関連記事

越前和紙とは?その歴史と格式の高さは日本一!?【福井県の伝統工芸品】

福井県の伝統工芸品&ものづくり12選|手作り体験やお土産はいかが?

日本で唯一!紙の神様を祀る&文化財の美しい社殿がある「岡太神社・大瀧神社」とは【越前市】

長田製紙所で揉み和紙アクセサリー作り!RENEWで職人の日常にお邪魔しました【越前市】

職人さん手作りの越前和紙間接照明♡柔らかい光がリビングに広がります

結婚式の席次表に福井県の伝統工芸品・越前和紙を使ってみた!【(株)ペーパージャック】

デザインを選ぶのは当たり前!婚姻届は紙から作りませんか?【越前和紙の手作りオリジナル婚姻届】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dearふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!
『越前和紙の里』はどんなところ?伝統工芸の歴史を知る・体験する・お土産を買う!【越前市】
この記事が気に入ったらいいね!しよう

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報