越前和紙とは?その歴史と格式の高さは日本一!?【福井県の伝統工芸品】

越前和紙とは?その歴史と格式の高さは日本一!?【福井県の伝統工芸品】
この記事のテーマ
福井県の伝統工芸品の一つ『越前和紙』についての基礎知識をご紹介します!

伝統工芸品とは?>>https://dearfukui.jp/industry/84

越前和紙とは

越前和紙の画像

福井県越前市周辺で作られる『越前和紙』。
昭和51年に伝統的工芸品に指定されました。

また、越前奉書と越前鳥の子紙は国の重要無形文化財となっています。

越前和紙の歴史 〜越前和紙を伝えたのは女神!?〜

越前和紙の始まりは、さかのぼること1500年前。
越前市岡太(おかもと)地区を流れる川の上流に現れた女神が、村人に紙漉きの技術を教えたことが始まりとされています。

この女神は川上御前として崇められ、岡太神社の祭神となりました。
紙の神様を祀っているのは全国でもここだけという珍しい神社です。

福井越前和紙岡太大瀧神社パワースポット

歴史的にも重要な役割があった越前和紙

越前和紙は歴史が長いというだけでなく、歴史的に見てとても重要な存在といえます。

越前和紙は、室町時代から江戸時代にかけて公家や武士階級の公用紙として使われ、全国に広まっていきました。
特に『越前奉書』『越前鳥の子紙』(どちらも現在は国の重要無形文化財)といった上質な和紙が重用され、なかでも越前奉書は『御上天下一』の印を使用することが許可され、江戸幕府の御用紙として使われていました。

さらに、越前鳥の子紙が「紙の王にふさわしい紙」と評されたり、桂離宮のふすま等にも越前和紙が使われたりすることなどから、越前和紙の格式の高さが伺えます。

また、江戸時代には福井藩が越前和紙の産地を支配しており、藩の専売として利益をあげ、技術の保護、生産の指導も行っていました。

越前和紙は日本人にとって身近な和紙

公家や武士階級の公用紙、、桂離宮のふすまなど、歴史的にもさまざまな用途に使われてきた越前和紙。
越前和紙の歴史と用途にスポットを当てて、どのようなところで使われているのかもう少し詳しく見ていきましょう。

日本初の藩札や太政官札

日本で最初の藩札(藩の領内だけで使われていた紙幣)とされている『福井藩札』はもちろん越前和紙で製造されており、のちに丸岡藩札(現在の福井県坂井市周辺)も越前和紙で製造されるようになりました。

さらに、明治維新後初めてのお札『太政官札』に使われたのも越前和紙。
その後、一旦はドイツ製の紙に変更されましたが、明治8年に大蔵省抄紙局が用紙の独自製造を再開すると、越前和紙の職人が用紙を漉き、技術指導を行いました。

透かし技法

また、現在では当たり前になっている透かし技法を開発したのも越前和紙で、これによって日本の紙幣製造技術が飛躍的に進化しました。昭和15年には大蔵省印刷局抄紙部の出張所が越前和紙の生産が盛んな今立町(現在の越前市)岩本に設置され、百円紙幣、千円紙幣もこの地で製造されました。

証券や卒業証書にも

かつての株券や証券、卒業証書などの証書に正式の用紙として使われるのも越前和紙。
越前和紙は現在でも私たちの生活に深く関わりがあったんです!

最近では、あのピカソが越前和紙を愛用していた!なんて話も出てきています。
日本だけでなく、世界の歴史にも影響を与えていたのかもしれませんね!

ピカソは越前和紙を愛用していた?親交があった藤田嗣治氏が証言|福井新聞

越前和紙の工程

襖紙を手漉きする様子/長田製紙所

越前和紙の原料

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

楮(こうぞ)を煮出し、叩いて柔らかくして和紙の元を作る作業場/長田製紙所

越前和紙の原料となるのは、楮(こうぞ)や三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)といった木の皮の繊維と、主にネリ(植物性の粘着液、主にトロロアオイを使用する)です。

こうぞなどを煮て不純物を取り出し、それでも取りきれないものは手作業で除去します。
その後、たたいて繊維を柔らかくします。

ここに水とネリを合わせて、やっと紙の元が出来上がります。

越前和紙を漉く

越前和紙福井

紙の元となる原料の中に簀桁(すげた)を入れ、前後にゆすって厚さを整えます。
その後、簀桁から外し、圧力をかけて水分を絞ります。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

和紙を圧搾する機械/長田製紙所

その後、天日または乾燥室で乾燥させます。

越前市にある越前和紙の里では、全国で唯一、伝統工芸士が昔ながらの道具を使って紙すきをする一連の工程を見ることができます。

越前和紙を楽しむなら『越前和紙の里』

越前和紙の里の画像

越前市にある越前和紙の里では、越前和紙の歴史を知る、紙漉きの実演を見る、紙すき体験をする、お土産を買うといった体験ができます。

和紙の里通りは景色も綺麗なので、お散歩もおすすめです。

越前和紙の里の詳細はこちら>>https://dearfukui.jp/sightseeing/12633

越前和紙の里の基本情報・アクセス・マップ

名称 越前和紙の里
住所 福井県越前市新在家町8-44
電話番号 0778-42-1363
営業時間 9:00〜16:00頃(各施設の詳細な営業時間はwebサイトをご覧ください)
定休日 年末年始、火曜日がお休みの場合あり(各施設の正確な定休日はwebサイトをご覧ください)
交通アクセス 北陸自動車道武生ICから車で5分
JR武生駅から福鉄バス南越線 和紙の里行き/赤坂行き で『和紙の里』下車
駐車場 乗用車約60台、バス5台
SNS instagram @washi.echizen4
Twitter ー
Facebook @EchizenWashi
WEBサイト http://www.echizenwashi.jp/

関連記事

伝統工芸品がいっぱい!福井県で体験したい伝統産業11選

https://dearfukui.jp/sightseeing/12633

長田製紙所で揉み和紙アクセサリー作り!RENEWで職人の日常にお邪魔しました【越前市】

職人さん手作りの越前和紙間接照明♡柔らかい光がリビングに広がります

日本で唯一!紙の神様を祀る&文化財の美しい社殿がある「岡太神社・大瀧神社」とは【越前市】

デザインを選ぶのは当たり前!婚姻届は紙から作りませんか?【越前和紙の手作りオリジナル婚姻届】

結婚式の席次表に福井県の伝統工芸品・越前和紙を使ってみた!【(株)ペーパージャック】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dearふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!
福井伝統工芸品越前和紙
この記事が気に入ったらいいね!しよう

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報