福井梅の梅酒が可愛くて美味しい!お土産に喜ばれる福井の梅酒&梅ドリンク6選

福井梅の梅酒が可愛くて美味しい!お土産に喜ばれる福井の梅酒&梅ドリンク6選
この記事のテーマ
福井県は、日本海側最大の梅の産地って知っていましたか?
その梅を使った美味しい梅酒がたくさん販売されているので、ご紹介します!
美味しくて見た目もおしゃれで、プレゼントにもぴったりですよ!

福井梅とは

福井皇室献上品福井梅の画像

福井県は日本海側随一の梅の産地です。
福井で作られている主な梅の品種は、紅映梅(べにさしうめ)、剣先梅、新平太夫(しんへいだゆう)、福太夫(ふくだゆう)の4つです。

中でも紅映梅は、流通しているもののほぼ100%が福井県産であり、その75%以上が若狭町で栽培されています。

紅映梅の品質は紀州の南高梅に勝るとも言われているほど。
名前の通り加工をする前から赤みがかっていることが特徴で、主に梅干しに使われます。

しかし、小ぶりで種が小さく皮が薄いため、加工途中で破れてしまうことも多いそうです。
さらに、病気や天候の影響を受けやすく栽培も難しくいため収穫量が少なく、梅の流通量全体を見ても、紅映梅は1%ほどという希少品種でもあります。

そんな繊細かつ貴重な紅映梅を使い、無添加の梅酒づくりを行っているのが、若狭町にある株式会社エコファームみかたさんです。

今回は、エコファームみかたが手がける梅酒や梅ドリンクの数々をご紹介していきます!

福井梅の詳細はこちら>>大相撲の優勝力士にも贈呈される『福井梅』とは?

若狭美水

紅映梅と、名水百選にも選ばれた若狭町の『瓜割の水』を使用して造った梅酒『若狭美水(わかさびすい)』。
アルコール度数は12%ですが、甘さがあり、ストレートでも飲みやすい!
パッケージも可愛らしいので、女性人気が圧倒的だそうです。

若狭美水の購入はこちら

BENICHU

BENICHU(ベニチュウ)はテレビにも取り上げられるほど人気の梅酒。
アルコール度数は、定番の19%、20%、38%のほかにもさまざまな種類があるので、飲み比べも楽しいんです!
パッケージにも高級感があるので、プレゼントにもおすすめです。

BENICHU 38°


コンセプトは、「ロックで飲む、♂オトコの新しい梅リキュール」。
無糖なので、酸味のあるウイスキーのような感覚で飲めちゃいます。
ポリフェノールも通常の約3倍も含まれているそうです。

アルコール度数は高いですが、ストレートでも美味しく飲めるくらいに飲みやすい!
(自他共に認める酒豪な私の意見は参考にしないほうがいいかもしれませんが…笑 )

おすすめの飲み方はロックまたはソーダ割り。
辛口なので脂っこい料理にもよく合います。

BENICHU38°の購入はこちら

BENICHU20°

コンセプトは、「ロックで飲む、♀オンナの新しいお酒」。
微糖なので甘ったるくなく、絶妙な酸味でさっぱりと飲めます。

ソーダ割りにすれば、糖分はほぼ感じません。
こちらも脂っこい料理によく合いますよ!

BENICHU20°の購入はこちら

BENICHU 19° 樽熟成梅酒


オーク樽で3年以上貯蔵した『19° 樽熟成梅酒』は、まるでブランデーのような芳醇さが特徴。
濃い琥珀色で、一見して梅酒とは思えないような高級感が漂っています。

年間1000本限定なので、プレゼントにぴったり!
おすすめの飲み方は、冷やしてストレートで、ロックで、またはバニラアイスにかけるのも美味しいんです!

BENICHU19°の購入はこちら

BAIJO

BAIJO(梅丈・バイジョー)は、ノーマルとレモングラスの2種類があります。
ノーマルの方は、甘さ控えめ、アルコール度数12%の本格梅酒。
糖類と醸造アルコールで仕込み・熟成をし、香料・酸味料は無添加です。
また、爽やかな梅の香りと長期熟成による深い味わいが特徴で『第4回 福井県推奨特産品』にも認定されています。

レモングラスのほうは、レモングラスが爽やかに香る新感覚のハーブ梅酒で、アルコール度数は8%。
口当たりも爽やかなので、お酒の苦手な方でも飲みやすいと思います。
冷たく冷やしてストレートで飲むのがおすすめ!
筆者のいちばんのお気に入りです!

BAIJOの購入はこちら

BENIサイダー


お酒がダメな方はこちら!
ベニサイダーは、紅映梅でつくったノンアルコールの梅サイダーです。

甘ったるくないので、食事中でもさっぱり飲むことができますよ。
他の梅酒を割るという贅沢な使い方もあります!

BENIサイダーの購入はこちら

今回ご紹介した以外にも、株式会社エコファームみかたでは福井梅の加工品を色々取り扱っているので、エコファームみかた公式サイトものぞいてみてください!

【おまけ】バレンタインにぴったり!若狭梅酒チョコレート

若狭の梅酒と福井市内の和洋菓子店がコラボして、美味しいチョコレートが完成しました!

左はBENICHUを練りこんだ生チョコ『BENICHOCO』。
20°と38°の2種類があるので、食べくらべや、プレゼントしたい相手によって選ぶのも楽しそうですね。
こちらはお菓子処 丸岡家が作っています。

右真ん中の『生ちょこようかん 梅丈(BAIJO)』は、洋菓子ハシモトで人気の『生ちょこようかん』に『梅丈』が練り込んであります。
梅酒の豊かな風味とぷるんとした食感がクセになってしまいます。

両店主の竹内健人さん(丸岡家)、橋本和宜さん(洋菓子ハシモト)の「福井のものを使って、福井を盛り上げたい!」という想いと、
エコファームみかたの「若狭の梅酒を県内の方に味わっていただきたい、知っていただきたい」という想いのもと、このコラボが実現したそうです。

※期間限定品のため、現在は取り扱っていない可能性があります。

株式会社エコファームみかたの基本情報

名称 株式会社エコファームみかた
住所 〒919-1331
福井県三方上中郡若狭町鳥浜59-13-1
電話番号 0770-45-3100(電話注文可)
WEBサイト https://benichu.net/

関連記事

大相撲の優勝力士に贈呈される『福井梅』とは?福井は日本海側最大の産地だった!

福井は梅の産地!?若狭の梅酒美少女サミットに行ってきました!【東京】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dearふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!
福井梅の画像
この記事が気に入ったらいいね!しよう

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報