東京で消耗したくなくなったかも。 鯖江・若者×いなか超会議がめちゃくちゃ面白かった件。

東京で消耗したくなくなったかも。 鯖江・若者×いなか超会議がめちゃくちゃ面白かった件。

鯖江市の河和田地区で行われた「鯖江・若者×いなか超会議」。
日本を代表する有名ブロガー・イケダハヤトさんと個性あふれるメンバーによる「若者を元気にするいなか」についてのトークセッションの様子についてレポートします!
あ、あまりにも楽しいイベントだったので長々書きすぎて、読み終わった時にはあなたは消耗していると思います。

ここでやるの!?鯖江・若者×鯖江・若者×いなか超会議

さて、絶賛東京(という名の千葉)で消耗中の江戸しおりです。
今回の記事は、Dear ふくいというよりも、かなり江戸しおりな感じで書きますよ(笑)

鯖江市の河和田地区で行われた鯖江・若者×いなか超会議
当日は、河和田「くらしの祭典」が行われていたので、そちらも楽しんでから参加しました。

dear ディア ふくい 福井 fukui 超会議

河和田地区とはどういうところなのかというと、鯖江の市街地からは少し遠く、山々に囲まれた、人口4000人ほどの集落です。
古くから越前漆器などの産業が盛んで、現在でもメガネ工房や漆器店などが多く立ち並び、鯖江を、福井を代表するものづくりの地となっています。
そんな特徴を最大限に生かした「くらしの祭典」は、漆器が売られていたり、地元の名物料理が食べられたりと、まさに河和田の人々の暮らしぶりがわかる素敵なイベントで、多くの人が訪れていました。

「くらしの祭典」をちょっぴり楽しんだ後に向かった先は、河和田コミュニティーセンター。
うん、ここでやるの?ってくらいふっつーのコミュニティセンターでした(笑)

でもね、エレベーターがとっても素敵!
これ、本物の漆塗りのエレベーターなんです。

dear ディア ふくい 福井 fukui 超会議

こういうところに河和田らしさを出しちゃうところは本当に好き。

超会議には雨の中こんなにたくさんの方が!
総勢120名ほどだったそうです。

dear ディア ふくい 福井 fukui 超会議

今回の超会議をプロデュースした、JK課プロデューサーとしても知られる若新雄純さんは、お金のかかった箱物って必要なの?っていつも言っているけど、中身さえ魅力的なら、みんなちゃんと集まってくれるということがちゃんとわかりました。
漆塗りエレベーター本当に素敵だしね。
むしろここがいいと思った。

超会議の概要はイケハヤさんがtwitterにもアップしてくれていました。
こんな感じ…

超会議のメインは豪華すぎ!ついに鯖江にイケダハヤトさんが来た!

dear ディア ふくい 福井 fukui 超会議

今回の主役は、「まだ東京で消耗してるの?」で有名な、プロブロガーのイケダハヤトさん。

1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。

現在は高知県に移住し、主にプロブロガーとして活動中。著書に「年収150万円で僕らは自由に生きていく(星海社新書)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」などがある。

>まだ東京で消耗してるの? [ イケダハヤト ]

価格:864円
(2017/2/26 17:27時点)
感想(0件)

>新世代努力論 [ イケダハヤト ]

価格:1,188円
(2017/2/26 17:28時点)
感想(0件)


イケハヤさん自身、高知に移住したのは、高知を盛り上げるわけではなくて、むしろ高知に住んでから仕事がよりうまくいったりと、自分がいなかによって活性化されたとか。

これは本当によくわかるんだけど、私も「ゆるい移住」という鯖江市のぶっ飛んだ体験移住事業で福井に来たのは、別に移住がしたかったわけではなくて、半年間鯖江に住むことで、なんか面白いことが起きそうだなって思ったから。
で、結果私はかなり色々なものを得たわけで。
私がいることで鯖江が元気になってるのかは知らんけど、私は鯖江に元気にしてもらったから、結局鯖江が好き。
だから、鯖江のためにじんわりと何かをしようかなという漠然とした意欲はある。

今回のテーマである
×「いなかを元気にする若者」

◯「若者を元気にするいなか」
については、イケハヤさんが考える7つの条件があるそう。

この辺りはイケハヤさんのブログに当日使ったスライドがアップされているので、見てみてください。

個人的には、「いい感じに衰退してる」ってキーワードにめっちゃ共感しました。
福井は何もないっていうけど、何もないからこそ新しいものを作りやすい雰囲気も感じているので、何もないとか、衰退してるってことを逆手に取る発想は大事だと思います。

注目のトークセッションの内容は次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報