今年もRENEWの季節がやってきた!鯖江市河和田で作り手たちとつながる2日間

今年もRENEWの季節がやってきた!鯖江市河和田で作り手たちとつながる2日間

昨年大成功のうちに終わった河和田の一大イベント「RENEW」の今年の開催が決定しました!
河和田っていったいどんなところ?RENEWって何?
RENEWの気になるあれこれをたっぷりご紹介します!

RENEWって一体何?

ディア 福井 ふくい dear fukui RENEW

RENEWとは、昨年から始まったものづくりのイベント!
開催される鯖江市河和田地区は古くから越前漆器の製造が盛んで、その他にも、メガネメーカーが数多くあったり、ものづくりがとても盛んな地区です。

そんなものづくりの職人たちの仕事、皆さんは間近で見たことがありますか?
普段は閉ざされた工房は、私たち消費者にはその中身を知る術がありません。
しかしRENEWでは、2日間、その謎に包まれた工房が一般開放されます。

RENEWは、職人たちの仕事を間近で見たり、実際に体験して、普段はできない「ものづくりを見て、知って、体験する」素敵な2日間です。
伝統産業って古臭いんじゃない?あんまり縁がないな…。
と思っている人も、このRENEWに来ればきっとそのイメージが変わるはず!

昔からの技術を守り続ける職人さん。
伝統技術や文化を大事にしながらも、新しい感覚でより広い世代に受け入れられるようなアイテムを創り出す移住者たち。
河和田を愛するたくさんの職人たちの生き様を間近で見ることができます。

今年は、昨年の大盛況を受けて、参加店舗数が22社から37社に増え、飲食ブース、宿泊施設もさらに充実しています。
鯖江の奥の奥にある河和田の魅力を存分に楽しめる2日間、行かない手はありません!

RENEWが開催される鯖江市河和田地区ってどんなところ?

kawada1出典:RENEW公式サイト

河和田地区は、福井県鯖江市の東部にある集落で、人口は4,400人ほど。
自然豊かで、約1,500年の歴史をもつ越前漆器が作られたり、国内唯一の産地として眼鏡づくりが行われている、ものづくりのまちです。
最近では、伝統産業や河和田というまちに魅了された若者が数多く移住しており、伝統文化と新たなアイデアの融合もどんどん進んでいます。

昨年のRENEWの様子をチラ見しちゃおう!

12190058_906218202800234_3240107731650659808_n

昨年が初めての開催だったRENEWですが、初回からすでに大盛況。
様々な企業がそれぞれに楽しいワークショップなどを開催し、県内外からのたくさんの来場者が大満足で帰って行きました。
昨年は、うるしの里会館を拠点に、徒歩、自転車で河和田のまちを巡り、工房をのぞいたり、ものづくり体験をすることができました。
スタンプラリーのような仕掛けもあって、たくさんのお店を回ると素敵なお土産がもらえたり、楽しいことだらけの2日間でした。
今年は昨年よりさらにパワーアップしているので、昨年以上に河和田やものづくりが大好きになること間違いなしの2日間になるはずです!
昨年のRENEWレポートブログはこちら

今年のRENEWの見所イベントは?

04bar出典:RENEW公式サイト

今年のRENEWの見所は、初日の夜に行われる漆器BAR。
酒器と地酒を思う存分楽しみましょう。
また、NOSIGNER™ 代表 太刀川瑛弼氏によるものづくりのこれからを学ぶトークイベントや、10以上もの地元飲食店による屋台ブースなども必見!
もちろんものづくり体験もできるので、見て、作って、食べて美味しい2日間が待っています。
宿泊施設もあるので、県外の方は泊まりがけで来ちゃいましょう!

イベント名名 RENEW
開催場所 福井県鯖江市河和田地区
総合案内所 うるしの里会館
日時 2016年10月15日(土)・16日(日)
10:00〜17:00(15日はナイトイベントあり)
料金 入場無料
お問い合わせ電話番号 0778-65-0048 RENEW 実行委員会事務局(TSUGI llc.内)
お問い合わせメールアドレス info@tsugilab.com
WEBサイト http://kawada-t.jp/renew/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク