【鯖江市】猪汁あり!?「実のなる公園(大谷公園)の市民植樹祭」に参加しよう!

【鯖江市】猪汁あり!?「実のなる公園(大谷公園)の市民植樹祭」に参加しよう!

環境系のイベントに興味のある方必見のイベントが鯖江市で開催されます。
その名も「実のなる公園(大谷公園)の市民植樹祭」。
最後は素敵な軽食会もあり!
ちょうどいい気候の中で、自然と触れ合い、美味しいご飯を食べませんか?(こちらのイベントは終了しています)

実のなる公園(大谷公園)の市民植樹祭が楽しそう!

dear fukui ディア 福井 ふくい 植樹祭この市民植樹祭は、鯖江市民の憩いの公園、大谷公園でどんぐり(広葉樹)の植樹体験をすることにより、地球温暖化防止の必要性、災害に強い森づくりについての理解を深めようと、鯖江市・越の郷地球環境会議主催、鯖江市環境教育支援センター(エコネットさばえ)主管で行われるイベントです。

市民植樹祭で植えられるどんぐりは、市内の小学生たちが小学校3年生から6年生がどんぐりから育ててきた苗木。
参加対象は鯖江市民で、小学生親子参加歓迎とのこと。
子供達が育てたどんぐりの苗木を、親子で一緒に植えられる素敵なイベントです

1人2本の植樹が終われば、お昼前からは軽食会も開催されます。
猪汁やおにぎりが用意され、疲れた体にしみそうです!

実のなる公園「大谷公園」ってどんな公園?

大谷公園の画像

今回の市民植樹祭の会場となる大谷公園は「実なる公園」と呼ばれ、栗、柿、イチジク、スモモなどを植栽し、「育て・収穫し・食する」といった体験学習型森林公園を目指して整備が進められてきたそうです。

今回行われる植樹祭も、市民団体「越の郷地球環境会議」と連携して、市内の全小学校の子どもたちがドングリを拾い、苗を育て、植樹までを体験する「どんぐりからの森づくり」として平成20年度から大谷公園で取り組まれています。

地元の公園で自然に触れたり、環境問題に対する意識を養ったりできる素晴らしい場所ですよね。

でもそれだけではないんです。
実は大谷公園はあの親鸞との関係も深い場所なんです。
親鸞は、新潟県に流罪になりましたが、その道中で植えた栗の木の子木を移植したものが現在でも大谷公園にあるんです。

福井鯖江大谷公園の画像

越後への道中、親鸞は鯖江市舟枝町の民家で休息し、その際に説法をしましたが、誰も親鸞の話を信じませんでした。
そこで、お茶請けに出された焼き栗を庭に植え、「年に3度実を結べば、私の説法に嘘はない」とたちされ、実際にこの栗は1年に3度実り、「三度栗」と呼ばれるようになりました。
親機は現在でも舟枝町の「三栗山立光寺」にあります。

歴史的にも興味深い大谷公園で、植樹祭に参加してみませんか?

日時 2016年10月8日(土)10:00〜12:00(受付開始9:30)
会場 大谷公園
住所 福井県鯖江市吉江町
電話番号 0778-52-0050 (エコネットさばえ)
メールアドレス econet@ecoplaza-sabae.jp
申込締切 2016年9月30日(金)
Facebook https://www.facebook.com/events/1101459389901395/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!