地元素材を使ったお洒落な吉川製パン所♡メロンパンには本物のメロンが!【鯖江市】

地元素材を使ったお洒落な吉川製パン所♡メロンパンには本物のメロンが!【鯖江市】

鯖江市役所近くにある吉川製パン所。おしゃれな外観が印象的なので、気になっている人も多いのでは!?

今回は、吉川製パン所のオーナーさんにお話を伺うことができたので、吉川製パン所の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います!

吉川製パン所ってどんなお店?

吉川製パン所の画像

吉川製パン所は、西山公園と鯖江市役所の間にあるパン屋さんです。猫のマークが目印の可愛いパン屋さん。お店の横に、たまに本物の猫ちゃんがいますが、これは吉川さんのお家の猫ではなく、野良だそう。

吉川製パン所の画像

店内に一歩足を踏み入れると、そこはパン屋さんというよりも、雑貨屋さんのようにおしゃれで居心地の良さを感じます。

アメリカのベイクショップのようにしたくて、パウンドケーキや焼き菓子にも力を入れている」と吉川さん。

まさにその通りの雰囲気で、パンを見ているだけで楽しい!惣菜パン、菓子パン、焼き菓子など、パンの種類も豊富で迷ってしまいます。

吉川製パン所の人気&おすすめパンは?

吉川製パン所の画像

フランスパンなどのハード系のパン、惣菜パン、菓子パン、焼き菓子などさまざまなパン、お菓子が揃う吉川製パン所ですが、最も人気のあるパンは、カレーパンとメロンパンだそうです。

吉川製パン所の画像

「メロンパンとカレーパンが美味しいお店は他のパンも美味しいと思うんです」とオーナーの吉川さん。そのため、最初はメロンパンとカレーパンをメインにお店を始めたそうです。

カレーパンは具がゴロゴロ入っていて、満足感大

メロンパンにはなんと、本物のメロンを使っているんです。

メロンパンって、形がメロンに似ているだけで、実際はメロンが全く使われていないって知っていましたか?しかし、吉川製パン所のメロンパンには本物のメロンが使われています。

吉川製パン所のメロンパンに使われているメロンは、鯖江市大野町で作られた甘みの強いマルセイユメロン。糖度が足りないと出荷できないこともあるため、この出荷できないマルセイユメロンを皮に使っているそうです。

サックサクで甘〜い皮は、メロンとバターの香りがしっかりとして、とっても美味しいんです。

その他に、今イチオシということで、「かぼちゃとにんじんのフムスとソーセージ」も購入!

吉川製パン所の画像

フムスは、ヒヨコ豆ににんにく、ごま、オリーブオイルなどを混ぜてペースト状にした中東の料理です。このパンには、かぼちゃとにんじんで作ったフムスが使われていました。

とっても優しい味のかぼちゃとにんじんのフムスにボリュームたっぷりのソーセージの組み合わせは抜群!満足感もしっかりあって、とても美味しかったです。

地元・鯖江の食材を大事にしている吉川製パン所

吉川製パン所の画像

吉川製パン所のこだわりの一つが、「できるだけ地元・鯖江の食材を使うようする」こと。

メロンパンに鯖江のマルセイユメロンが使われていた他にも、小麦粉に福井県産のふくこむぎを混ぜているものがあったり、惣菜パンの野菜やお肉などにも積極的に地元食材が使われたりしています。

シュトーレンには鯖江のお酒が!

店内を見渡してみると、意外なところにも地元の名産品が使われていました!それがこのシュトーレン。

吉川製パン所の画像

ドイツではクリスマスの定番である菓子パン、シュトーレンを知っていますか?

ドライフルーツを生地にたっぷり練り込み、たっぷりのバターと砂糖でまわりをコーティングしたシュトーレン。

ドイツでは、11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間(アドヴェント)の間、毎日シュトーレンをスライスして食べる、つまり、シュトーレンを食べながらクリスマスを待つという習慣があるんです。

最近では日本でもシュトーレンがクリスマスに食べるものとして定着しつつあり、福井でも多くのパン屋さんで購入することができます。

しかし、吉川製パン所のシュトーレンが他と違うところは、シュトーレンの種とドライフルーツ

パンは酵母が発酵するときのガスで膨らみます。この酵母にはイーストや果物を使った天然酵母などが使われますが、吉川製パン所のシュトーレンの酵母には、鯖江市のもうえもん農場のコシヒカリで作った日本酒こしのひかりの酒粕が使われています。

また、ドライフルーツの漬け込みには、鯖江市でつくられている無添加の純米酒「」が使われています。

吉川製パン所の画像

店内にも梵がディスプレイされていました。

梵ってこんなお酒↓(梵には複数の種類があり、こちらはシュトーレンに使用されている野とは違う種類です)

>【“インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2010”で“チャンピオン・サケ”を受賞!】梵 純米大吟醸 吟撰  720ml【福井県鯖江市 加藤吉平商店の日本酒】

価格:1,728円
(2017/3/1 17:13時点)
感想(9件)

生地にもドライフルーツにも、福井の恵みが詰まったシュトーレン。

味はプレーンとチョコレートの2種類があったので、私はチョコレートを購入!クリスマスまでちょっとずつ食べるのがシュトーレンの正しい食べ方ですが、美味しすぎて1日で食べきってしまいました(笑)

吉川製パン所のオーナー・吉川さんが目指すものとは?

吉川製パン所の画像

吉川製パン所のオーナー・吉川さん

最後に、オーナーの吉川さんにお話を聞くことができました。吉川さんは地元・鯖江への愛がとても強く、「これからはパンだけでなく、ゲストハウスやカフェもやりたい」と話してくれました。

鯖江のまちなかにはゲストハウスがないので、実現したら嬉しいですよね。

鯖江や福井への愛がぎゅっと詰まったおしゃれで素敵なパン屋さん「吉川製パン所」、ぜひ行ってみてください。

店名 吉川製パン所
住所 福井県鯖江市西山町2-18
電話番号 0778-52-7498
営業時間 7:00〜19:00
定休日 火曜日
アクセス 鯖江駅から徒歩20分
福井鉄道福武線 西山公園駅から徒歩6分
鯖江ICから車で5分
駐車場 あり
WEBサイト http://www.city.sabae.fukui.jp

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報