水から掬う姿が涼しげ!夏の手土産は伊勢屋のくずまんじゅうで決まり!【小浜市】

水から掬う姿が涼しげ!夏の手土産は伊勢屋のくずまんじゅうで決まり!【小浜市】

夏は涼しげなゼリーやようかんなどの和菓子が食べたくなる季節。
大切な人への手土産に、涼やかで透明感のあるくずまんじゅうはいかがですか?

明治から続く小浜の夏の銘菓・くずまんじゅう

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

伊勢屋の6代目・上田浩人さん

吉野葛と並んで日本三大葛と称される熊川くずが有名な福井県の若狭地方。
小浜市では、古くから夏の味覚として熊川くずを使ったくずまんじゅうが愛されて来ました。

その中でも伊勢屋は、夏はひっきりなしにお客さんが訪れるほどくずまんじゅうの人気が高いお店です。

伊勢屋の店内には地下水が流れ、そこでくずまんじゅうが冷やされています。

注文を受けるとその都度地下水の中から掬い上げられるくずまんじゅうは、みずみずしくて透明感があり、眺めているだけで涼しい気分になってきます。
福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

流れている地下水は名水百選にも選ばれている雲城水。

地元の恵みである熊川くずと雲城水を使ったくずまんじゅうは、見た目も涼やかで、大切な人への夏の手土産にぴったりです。

もちろん、自分で食べたい!という方は、持ち帰りも、店内でいただくこともできますよ。

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

店内奥は落ち着いた和風の空間になっており、ゆっくりとくずまんじゅうの美味しさを堪能することができます。

昭和30年代頃までは、このような型でくずまんじゅうを作っていたんだとか。
可愛らしい形ですよね。

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

私もこちらでくずまんじゅうをいただきましたが、くずの部分はもっちもちで、滑らかなあんことのバランスが絶妙。

くずには砂糖を加えない伝統的な製法を守り続けているそうですが、ほんのりとした甘味を感じ、何個でも食べられそう!と思うくらい美味しかったです。

店主は伝統和菓子職・伊勢屋

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

くずまんじゅうが人気の伊勢屋は創業1830年の老舗。
現在は6代目がお店を切り盛りしています。
福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

伊勢屋の5代目、上田藤夫さんは、2017年に全国和菓子協会が和菓子の伝統製法を受け継ぐ技術者として認定する「選・和菓子職」の伝統和菓子職に福井県内で初めて選ばれました。

昨年は長男で6代目の上田浩人さんが「選・和菓子職」の優秀和菓子職にも選ばれており、これからも地元のみならず、県内外のファンから愛され続けるであろうお店です。

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

店内には色とりどりの和菓子が並んでおり、くずまんじゅう以外にも興味を惹かれるものばかりでした。

くずまんじゅうにかき氷をかけていただくのも美味しそうですよね。

福井小浜グルメ和菓子手土産伊勢屋くずまんじゅうの画像

実は帰りに、人気のカフェオーレ大福も買っちゃいました。
こちらは、生クリームとコーヒー餡をコーヒー入りの大福で包んだもの。

冷凍した状態で販売されているので、20〜30分後の半解凍された状態で食べると、ひんやりモチモチで少し歯ごたえがあり、とっても美味しいんです。

和菓子やあんこが苦手という方は、カフェオーレ大福ならアイス感覚で食べることができるので、とってもおすすめ!

ですが、やはり伊勢屋で最もおすすめしたいものは、伝統あるくずまんじゅうです。
県外からのファンも多く来店するとのこと。

今年の夏は、伊勢屋のくずまんじゅうを大切な人への手土産にしませんか?

実は、今回の伊勢屋さん訪問は福井県庁による福井県PR動画「おいでよ!ふくい」とのコラボ企画でした。
動画では記事では書ききれなかったシーンもたくさん紹介しているので、是非こちらもご覧ください!

店名 伊勢屋
住所 福井県小浜市一番町1-6
電話番号 0770-52-0766
営業時間 8:00〜18:00
定休日 水曜日
WEBサイト http://wakasa-obama.jp/Food/foodDetail.php?56

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!