【鯖江市】取材NGのお店に潜入!「琥八」で素敵なティータイムを過ごしてきました!

【鯖江市】取材NGのお店に潜入!「琥八」で素敵なティータイムを過ごしてきました!

鯖江市役所近くにあるおしゃれなパン屋さん、琥八。
実はこちらのお店、取材はほぼお断りしているとのこと。
なんですが、いろいろなことがあって、Dear ふくいで紹介しても良いということに…。

ブログやまとめ系メディアで、お店の方のお墨付きをいただいて掲載しているのはDear ふくいだけ!
今回はいつにも増して自信を持って「琥八」の魅力をご紹介します。

琥八ってどんなお店?

琥八の画像

鯖江市役所近くにあるパン屋さん「琥八」。
入り口が市役所側を向いているので、鯖江駅や西山公園方面から行くと通り過ぎそうになるのでご注意を。

パンはなんと常時60〜70種類程度を置いていて、全てをオーナーが一人で作っているそうです。

以前から気になっていたお店だったので、この日のティータイムは琥八にしよう!と初めて入ってみました。
店内はとってもおしゃれで居心地がいい感じ。
せっかくなのでDear ふくいで発信したいなとお店の方に確認したところ、テレビもネットも、ほとんどの取材をお断りしているとのこと。
残念!

でも、情報発信をしていると、たまにわからなくなるんですよね。
書いていると、褒め言葉っていつも同じになっている気がするし、誰もが発信されることを望んでるわけではないんだろうな、だから自分のやってることって正しいのかなって。

常連さんしか来ない、知る人ぞ知るお店を1人で静かにやっていきたいというオーナーさんがいて、自分のお気に入りのお店は、あんまり知られたくないと思うお客さんがいて…。
そういう方にとっては、闇雲に情報発信されるのって、すごく嫌なことですよね。

と、そんなことを話しているうちに、オーナーさんとなんとなく打ち解けてしまって、「やっぱり載せていいよ!」と言っていただきました!!

理由、いい子そうだから。
だそうです笑

そんな理由で大丈夫なのか!と思ったんですが、結局こういうのって人と人との繋がりだし、なんか、ザ・福井な感じがして、ほっこりしちゃいました。
好きに書いていいよ!と言われたので、好きに書きます笑
フィーリングで掲載を許可していただいたので、私も今回はフィーリングで素直に書いてみようかと…。

琥八の店内ってこんな感じ…

琥八の画像

外観からおしゃれ感が漂っていますが、琥八の店内はこんな感じ。
こざっぱりしていて、いい感じ〜。

琥八の画像

琥八では、柔らかめなのが特徴のベーグルが常時約15種類以上揃っています。
よもぎおやきベーグルや抹茶と小豆のおやきベーグルなど、変わり種もいろいろありました。
週ごとに限定ベーグルも販売しているようなので、要チェックです。

ハード系はエピ(麦の穂の形をしたパンのこと)がありましたが、種類がとても豊富!

琥八の画像

チーズとベーコン こしょうのエピ、チーズエピなどのお食事系だけでなく、くるみとホワイトチョコなどの甘い系もあるのは珍しいかも!

さらに、ベーグルサンドやパニーノサンド、バゲットサンドなど、お昼にぴったりのパンもかなりの種類があったので、毎日ランチタイムに来ても飽きなさそうです。

琥八の画像

合鴨肉のバゲットサンドとか、ハムと玉ねぎのサンドとか、抹茶ベーグルサンドとか、とかとかとか。
美味しそうすぎて、なぜお土産に買っておかなかったのか今になって後悔!
また近々行かねばと思っています。

琥八のカフェスペースでお茶してみました!

琥八の画像

琥八の入り口を入って右側はカフェスペースになっています。
購入したパンを食べるのはもちろん、コーヒーやジュース、スムージーなどのドリンクメニューも豊富なので、ティータイムにはぴったりのスポットです。

おすすめは?と聞くと、「一番人気があるのはチョコレートのベーグルなんだけど、それぞれ好き嫌いがあるから難しいよね。」とのことだったので、チョコレートベーグルはめちゃくちゃ好きですが、違うものにしました笑

琥八の画像

今回いただいたのはこれ!
オリーブのパンと河野の梅ドリンク。

オリーブのパンがとにかく美味しい!
60円ととっても安いのも魅力的。
生地の中にオリーブが丸ごと入っていて、かなり好きなパンです!

琥八のパンは全部が魅力的すぎて迷っちゃうし、できることなら食べられるだけ食べたくなっちゃう品揃えなんですが、オリーブのパンは小ぶりなので、たくさん食べてもなんとかプラスで食べられそうな大きさです。
リピート決定しました!

そして、ドリンクについて!
河野は南越前町にある地域です。
福井県は日本海側一の梅の産地で、特に若狭が福井梅の産地として有名ですが、河野でも昭和40年頃から梅の栽培が行われていて、梅は河野の名産品となっています。

そんな河野の梅をオーナーのお母さんがシロップ漬けにされたとか。
そのシロップを使って作ったのが、このホットドリンクなんです。
ちょうどいい甘さと梅の香りでぽっかぽかに温まりました。

自家製シロップがなくなったら提供終了とのことだったので、ラッキーでした!

オーナーさんに読まれたら、褒めすぎ!って言われちゃうかな笑
けど、私は好きなお店です。
何よりも、オーナーさんとお話して、より琥八のスタンスやオーナーさんの考えに触れることができたのが嬉しかったです。

私は、福井の魅力って人だなあって常々思っています。
もちろんどこの地域にもいい人悪い人いろいろいるけど、福井の人は、最初はとっつきにくいけど、話せば話すほど打ち解けてくれて、家族のように接してくれる人が多いなあという印象をいつも受けます。

観光客の皆さんは特に、お店の方に話しかけてみたりして、福井人にどれだけ温かい人が多いのか実感してほしいなって思っちゃいます。

店名 琥八
住所 福井県鯖江市西山町613
電話番号 0778-52-2390
営業時間 (火曜~金曜)8:00~18:30
(土曜・祝日)8:00~17:00
定休日 日・月・祝日
WEBサイト http://ameblo.jp/vitreous/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク