【鯖江市】地酒もたこ焼きも美味しい!「ほやっ停」で山うにを堪能してきました!

【鯖江市】地酒もたこ焼きも美味しい!「ほやっ停」で山うにを堪能してきました!

鯖江駅前に山うにと地酒が楽しめるお店があります。
バス停、たこ焼き屋、立ち飲み処を兼ねる、その名も「ほやっ停」。

そんなほやっ停がオープンした瞬間に立ち会うことができたので、レポートしちゃいます!

山うにって何?ほやっ停って何?
まずはこちらの記事から詳細をチェック!↓

【鯖江市】山うにって何!?作り方&おすすめ山うにグルメ6選

本日プレオープン!!鯖江駅前でやまうにと地酒が楽しめる「ほやっ停」って?

12月17日の15時にオープンしたほやっ停。
15時ちょうどに到着した時には、すでに店内は4〜5人のお客さんで賑わっていました。
ほやっ停の画像

ほやっ停の画像

定休日の日曜日や営業日の15時までは、バスの待合所としても使うことができるほやっ停。
バス停っぽい看板が可愛いですよね。

18時からは鯖江の薬味と地酒処に変身!

福井鯖江グルメ山うにたこ焼きほやっ停の画像

「ほやっ停」という名前、ちょっと不思議な感じがありますが、実は「ほやって」は福井の方言。
「そうだね」「そうだよ」など、同意の気持ちを表す時に、福井の人は「ほやって」や「ほやほや」とよく言います。
なんだか可愛いですよね。

そんな「ほやっ停」にきたら絶対に食べないといけないのが、山うにたこ焼き!
山うには、ゆず、赤なんば、鷹の爪を使った、鯖江市河和田地区に伝わる伝統的な調味料。
柚子胡椒の唐辛子バージョンといった感じなので、どんな料理にも合うんですが、たこ焼きと山うにのコラボはすごい!!

山うにたこ焼きの画像これは本当に美味しい!
ソースと醤油がありますが、おすすめは醤油!
たっぷりのネギと一緒に食べると、おつまみ感が半端なくて、確実にお酒が欲しくなります…。

ほやっ停の画像山うにを広める活動をしている越前隊の関さん。超笑顔で写真に写ってくれました!

ほやっ停は15時から山うにたこ焼き屋さんになりますが、18時からは立ち飲み屋さんに変身!
もちろん山うにたこ焼きをつまみにお酒を飲むのもいいですが、18時からしか食べられないメニューもあります。

まずは親鳥の煮込み。

福井鯖江グルメ山うにたこ焼きほやっ停の画像

上にのっているのが山うにです。

山うには本当に何にでも合うのですが、鶏肉との相性は抜群!
薄味のお出汁で煮込んだあっさり味なので、いくらでも食べられちゃいます。

そして、厚揚げの煮込み!

福井鯖江グルメ山うにたこ焼きほやっ停の画像

福井県は油揚げの消費量が日本一。
そして、油揚げといっても、このような厚揚げが主流なんです。
薄味のおつゆで煮た厚揚げと山うにも本当に合う!
たまらなかったです!!

そんな美味しいものをつまみに楽しむことができるお酒は、数種類のビールと日本酒!
日本酒はすべて福井県のもので、梵や白岳仙、九頭龍など数種類ありますが、特におすすめなのは梵ゴールド。

こーーーーーーーーーーーれはねえ、本当に好き。

鯖江の加藤吉平酒店が手がける梵シリーズは、どれもおいしいのだけど、何よりもこの梵ゴールドは本当においしい。ハマります。

と、ほやっ停の記事を提供してくれた森くんも言っているように、私も梵の中でのイチオシもゴールドです!

梵シリーズには20以上の種類のお酒がありますが、ゴールドはまるでワインのようにフルーティー。
日本酒が苦手な方でも飲みやすいと思うので、ぜひほやっ停で山うにとともに福井の地酒を楽しんでください。

最近では、山うにの地元、鯖江市河和田地区出身でも山うにを知らない人も多いです。
しかし、越前隊やその他の団体の活動によって、町中で山うにに触れられる場所やイベントも徐々に増えているので、美味しい山うにがもっと広まるといいなあと思っています。

地元の方も、旅行者の方も、ぜひほやっ停で山うにとお酒を楽しんでください!

名称 ほやっ停
住所 福井県鯖江市旭町1-1-4(久保田酒店敷地内)
営業時間 〜15:00 バスの待合処
15:00〜18:00 山うにたこ焼き処
18:00〜21:00 地酒と山うにの立ち飲み処
定休日 日曜日(バス停、待合所として自由に利用可)

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク