全国からファンが来る幻のアップルパイとは?予約方法は?ヨーロッパで修行した凄腕パティシエの店「アトリエ菓修」【永平寺町】

全国からファンが来る幻のアップルパイとは?予約方法は?ヨーロッパで修行した凄腕パティシエの店「アトリエ菓修」【永平寺町】

サックサクのパイ生地にやわらか〜いりんごがたっぷり入ったアップルパイ。冬になると食べたくなりますよね。

福井には、りんごが美味しい季節にしか販売されない絶品アップルパイが存在するんです。大変人気が高く、県内外にファンがたくさんいるため、場合によっては午前中で売り切れてしまうことも。

そんな「幻のアップルパイ」を求めて、永平寺門前までやってきました。!

アトリエ菓修の幻のアップルパイとは…

福井永平寺アップルパイアトリエ菓修の画像

幻のアップルパイが食べられるのは、こちらの「アトリエ菓修」というお店。売り切れ続出ということだったので、今回は事前に予約してから伺いました。

到着したのはお昼前。にもかかわらず、この日もやはりすでに売り切れてしまったとのことで、その人気の高さがうかがえます。

出てきたアップルパイは、あっつあつで、見るからにサクサクしていそう。

福井永平寺アップルパイアトリエ菓修の画像

アトリエ菓修のアップルパイは「ショソンオポンム」(フランス語でりんごのスリッパの意味)タイプ。フランスでは、アップルパイというとこの形で出てくることが多いんです。

中はごろっとしたりんごのコンポートがぎっしり。バニラビーンズも入っています。

福井永平寺アップルパイアトリエ菓修の画像

ほんのり赤い色をしているのは紅玉を使っているから。だから紅玉が美味しい冬にしか販売されていないんです

今回は、隣にある永平寺そば亭 一休でデザートとしていただいたので、あっつあつほっかほかで運ばれてきたのですが、テイクアウトでも、焼いては売れて、焼いては売れてを繰り返しているため、冷めている暇がないほどだそうです。

一口食べると、外はサクッ、中はとってもジューシーで、パイとりんごの甘みのバランスがもう最高!県内外にファンがたくさんいるのも頷けます。

アトリエ菓修でアップルパイを作る凄腕パティシエとは

この絶品アップルパイを作っているのは、写真左のご主人。

福井永平寺アップルパイアトリエ菓修の画像

フランスの一流ホテル「プラザアテネ」やスイスで修行されたり、アラン・シャペル(料理界のダヴィンチと言われた方)とコラボした経験もあったりするとってもすごい方!

他にも、ケーキやジェラートなど、本場ヨーロッパで修行を積んだシェフの本格スイーツを食べることができる「アトリエ菓修」。

地元の方のみならず、アップルパイを食べるために永平寺に来るという観光客も多いという大人気のお店なので、福井観光の際には外せないお店です!

アトリエ菓修のアップルパイの予約方法


アトリエ菓修のアップルパイはとにかく人気なので、確実に食べたい方は、予約がおすすめ!

ただし、数に限りがあるので予約できないこともあるそうです。個数はお一人様5つまで、事前予約については応相談(今シーズンの情報)とのこと。

永平寺そば亭一休内【アトリエ菓修0776-63-3433】までお問い合わせを!

この旅は以下のイベントの際に行ったものです↓

福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ無事終了!

同行した東京女的生活さんのブログ、youtube(8:08〜,10:45〜)でも「アトリエ菓修」のアップルパイを紹介しています。

東京女的生活 #025 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip4 (2017年3月10日〜12日)

店名 アトリエ菓修
住所 福井県吉田郡永平寺町志比28-9-2
電話番号 0776-63-3433
営業時間 10:00〜18:00
定休日 木曜日
アクセス 永平寺参道ICから車で約10分
えちぜん鉄道永平寺口駅から京福バスで(約15分)「大本山永平寺」下車
福井駅東口から特急永平寺ライナー(京福バス)で(約30分)「永平寺」下車
駐車場 付近に「町営第一駐車場」や「亜禅堂駐車場」あり
WEBサイト http://zen-eiheiji.jp/shop/entry-51.html

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報