永平寺名物ごま団子とおろしそばが絶品!「永平寺そば亭 一休」【福井名物ソースカツ丼あり】

永平寺名物ごま団子とおろしそばが絶品!「永平寺そば亭 一休」【福井名物ソースカツ丼あり】

福井県を代表する観光名所「永平寺」。
1244年に道元禅師によって開かれた日本曹洞宗の中心寺院(大本山)であり、連日多くの観光客で賑わっています。

永平寺は有料で内部を見学することができ、長い歴史や、山での厳しい修行に想いを馳せることができます。

また座禅や写経体験も行っているので、心を穏やかにし、日頃の疲れも癒すことができる場所としても人気が高いです。

福井永平寺そば亭一休の画像そんな永平寺では、大きな敷地にある七堂伽藍(伽藍とは寺院の建物のことで、僧侶が修行をする清浄な場所という意味)がメインのスポットとなりますが、門前のお店屋さんも見逃せません。
福井永平寺そば亭一休の画像

まるで温泉街のようになっている永平寺の門前には、永平寺そばやごま豆腐が食べられるお店、おみやげ物屋さんがずらり。

永平寺といえばやっぱりごま豆腐が有名!
精進料理において、ごま豆腐は修行僧たちの貴重なタンパク源とされてきたため、現在の永平寺周辺では名物として親しまれています。

また、福井県はそばの作付け面積、収穫量ともに全国上位であり、越前そばも福井の名物として親しまれています。

永平寺ではおそばのことを永平寺そばと呼ぶことが多いですが、食べ方は越前そばと同じで、大根おろしや鰹節、薬味、だしがかかったおろしそばが一般的です。

ちなみに、越前そばとは…

1601年、府中(現越前市)の城主がそば師を伴って赴任。
麺状のそばに大根おろしを添えて食したとあるのが現在のおろしそばのはじまりと伝えられています。
このおろしそばが「越前おろしそば」として全国に広まったのは、1947年(昭和22年)に昭和天皇が福井を訪れた際、おろしそばを2杯も召し上がり、その後そばの話題となった時「あの越前そば」とお言葉にされたことが「越前そば」命名の由来とされています。
出典:ヤマサ製麺

とのこと。

このおろしそばは、大根、だしなどが全てかかっている「ぶっかけ」や、だしと大根おろしにつけて食べる「つけそば」といった食べ方があります。

今回は、門前にある「永平寺そば亭 一休」にうかがいました。

福井永平寺そば一休の画像

1階と2階に席があり、お昼前にもかかわらず、店内はほぼ満席といった感じでした。

福井永平寺そば亭一休の画像

2階はテーブル席と座敷があります。

福井永平寺そば亭一休の画像

すりごま入りのつゆで食べる永平寺そば、定番のおろしそば、定食(要予約)など、どのメニューも魅力的ですが、おすすめはやっぱり一休セット。

福井永平寺そば亭一休の画像

おろしそばとごま豆腐、さらには福井県名物のミニソースカツ丼とお味噌汁までつく欲張りセット。

辛みの効いた大根おろしとだしでいただくおそばは香りが高く、感動モノ!
ごま豆腐も滑らかで上品なお味でした。

ソースカツ丼は、ソースがとにかく美味しい!
このソースがしみたご飯もまた格別です。

さて、これだけで大満足の内容なんですが、一休にはさらに見逃せないメニューが。

それが、アップルパイ。

福井永平寺アップルパイアトリエ菓修の画像

実は一休のお隣にはアトリエ菓修というお菓子屋さんがあり、一休では、菓修のアップルパイを食べることができるんです。

フランスやスイスでの修行経験も豊富なお父さんが作るアップルパイは絶品!

りんごの美味しい季節しか販売されず、季節になると福井県内からもお客さんがたくさん訪れて、お昼前には完売してしまうことも多いとか。

もしまだ残っていれば超ラッキー!

詳しくはこちらの記事でご覧ください↓

幻のアップルパイ!?ヨーロッパで修行した凄腕パティシエの店「アトリエ菓修」は全国にファン多数【永平寺町】

絶品永平寺そば、ごま豆腐、ソースカツ丼、運が良ければアップルパイも堪能できる永平寺そば亭 一休。
広大な敷地に佇む永平寺見学は結構疲れるので、見学の後はこちらのお店で疲れを癒してみてはいかがですか?

この旅は以下のイベントの際に行ったものです↓

福井のイイとこ、探そっさ!Dearふくい×東京女的生活 ライティングライブ無事終了!

同行した東京女的生活さんのブログ、youtube(8:44〜)でも「永平寺そば亭 一休」について知ることができます。

東京女的生活 #025 「女的旅」福井のいいとこさがそっさTrip4 (2017年3月10日〜12日)

店名 永平寺そば亭 一休
住所 福井県吉田郡永平寺町志比28-9-2
電話番号 0776-63-3433
営業時間 10:00~17:30
定休日 火曜日
WEBサイト https://tabelog.com/fukui/A1801/A180103/18000395/

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!