鉄道ファン必見!日本最古級の動かせる電気機関車があるレトロな駅【えちぜん鉄道勝山駅】

鉄道ファン必見!日本最古級の動かせる電気機関車があるレトロな駅【えちぜん鉄道勝山駅】

福井県のある場所で、現在でも動かすことができる日本最古級の電気機関車を発見しました!

福井電車交通えちぜん鉄道勝山駅の画像

左側(前)のテキ6(テキ6形6号)は大正9(1920)年製造、右側(後ろ)のト68(ト61形68号)は大正8(1919)年製造のもので、ともに製造から約100年も経っています。

 

大正3年に北陸初の電気鉄道として「越前電気鉄道」が開業されますが、開業期の機関車は小さくて力もなく、輸送力が不足するようになりました。
そこで作られたのが、テキ6〜9です。

これらの機関車は、昭和55(1980)年に引退するまで、織物製品や木材を運ぶ貨物輸送車として長きにわたって活躍しました。

そんな、鉄道ファンにはたまらないこの電気機関車が見られるのが、えちぜん鉄道勝山駅です。

福井電車交通えちぜん鉄道勝山駅の画像

勝山駅舎は、先ほどの電気機関車よりも古い、大正3(1914)年に作られたもので、日本の伝統的な技術である和小屋と、西欧建築の技術を使った洋小屋を合わせた形が特徴的です。

平成16(2004)年には国の有形文化財に登録され、平成25(2013)年に改修はされていますが、かつての面影がしっかりと残っているので、こちらも必見です!

ということで、えちぜん鉄道福井駅から勝山駅に行ってみましょう!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報