幻の日本酒・秘之一本義とは?地元でしか飲めない銘酒に会いに福井県勝山市へ

幻の日本酒・秘之一本義とは?地元でしか飲めない銘酒に会いに福井県勝山市へ

旅行の楽しみは、その土地の日本酒を飲むこと!という方も多いのではないでしょうか?
とはいえ、最近は通販もあるので、わざわざその場所に行かなくても飲めるお酒ばかりですよね。

しかし、この場所に行かなければ飲めない!という幻のお酒が存在するのも確かです。
福井県にも、そんな幻のお酒が飲めると聞き、福井県勝山市に行ってきました!

福井県で見つけた!ここでしか飲めない幻の日本酒

福井で見つけた幻の日本酒!
その名も「秘之一本義(ひのいっぽんぎ)」。

一本義自体は、福井県内では知らない人のいない有名な日本酒です。
私、江戸しおりが人生で初めて飲んだ福井の日本酒も一本義でした。

しかし、福井県民でも、秘之一本義の存在を知っている人はかなり少ないんです。

それもそのはず。
秘之一本義は生産量がごくわずかであるため、勝山市内のお店ですら販売はしておらず、飲めるのは勝山市内の限られた飲食店のみ。

以下の13軒でしか置いていない、まさに幻のお酒なんです。

◆あまごの宿
◆越前そば処 勝食
花月楼
◆銀寿司
◆谷吉
◆ちゅーぼうず
手打ちそば 八助

◆美食空間 蘭月
◆福の依
◆万賛館
◆風林
与志美

今回は、勝山市役所前の和食居酒屋「天」さんで、秘之一本義をいただきました。

やってきたのは、ラベルも幻感のある透明なビン!
升に入った細身のグラスにたっぷりと注いでくれます。

福井勝山グルメ酒秘之一本義の画像

まずは冷たく冷やしたものをそのまま、二口目はグラスを少し手で温めて、お酒の香りを開かせて飲むのがおすすめの飲み方とのこと。

ところで、この一本義、使っているお米の種類は?精米歩合は?
気になりますよね。
しかし、秘之一本義に関して、使われているお米の種類や精米歩合を教えていただくことはできませんでした。
(お店の方でも知らないとのこと。)

名前に「秘」がついていますが、そこまで秘密を貫く、正真正銘の幻の銘酒。

この美味しさがわかるのは、勝山に足を運んだ人だけ!
勝山に、幻の銘酒を飲みにきませんか?

秘之一本義が置かれている飲食店の一部をDearふくいで紹介しているので、ぜひ参考にしてください!
詳しくは以下の記事へ↓

行列ができる蕎麦屋・八助で勝ち山おろしそばを食べよう!夏は期間限定の雪室そばに注目!【勝山市】

トロトロ半熟卵天ぷらが絶品!幻の日本酒も置いてある「天」で気軽に飲もう!【勝山市】

一本義とは

福井勝山グルメ一本義の画像

最後に一本義についておさらい!
一本義は、福井県勝山市にある、創業明治35年の老舗酒蔵でつくられている日本酒です。

勝山市は酒米「五百万石」の日本有数の産地であり、綺麗な水も豊富にあって、酒造りには大変適している土地です。
福井県内には、勝山に負けず劣らず水の綺麗な場所が多いですが、一本義はそんな福井県でも有名な日本酒で、勝山の自然、文化、歴史とともに地元の人から大事にされています。

【日本酒一升瓶】一本義久保本店 一本義 上撰 本醸造酒1800ml※6本購入で送料無料※北海道・沖縄県は送料無料対象外<瓶清酒><本醸造>日6B[1706YF][SE]

価格:2,030円
(2017/7/14 17:56時点)
感想(0件)

一本義がどのように造られているのかや社長おすすめのお酒など、詳細は以下の記事へ↓

福井県を代表する日本酒「一本義」に迫る!古酒や梅酒などのレアなお酒も紹介!【勝山市】

酒造りに適した風土!福井県勝山市の日本酒「一本義」はどのように造られているのか?裏側に潜入!

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報