近松門左衛門出生地に新たな説!?ゆかりの地・福井県鯖江市を歩いてみよう!

近松門左衛門出生地に新たな説!?ゆかりの地・福井県鯖江市を歩いてみよう!

福井県鯖江市が近松門左衛門ゆかりの街であることはご存知ですか?
近松門左衛門といえば、人形浄瑠璃や歌舞伎の作者で知られる有名な人物ですが、彼が幼少期を過ごしたのが鯖江市なんです。
そして、出生地は福井市であると言われていたのですが、最近、出生地も鯖江市ではないかとの説が浮上しています。

近松門左衛門の出生地は鯖江市!?

福井鯖江近松門左衛門の画像

「めがねのまち鯖江」として有名な鯖江市ですが、駅前では、メガネよりも近松門左衛門のキャラクター「ちかもんくん」の方が目立っているほど。

現在の鯖江市吉江町はかつては吉江藩と呼ばれていました。
近松門左衛門は、吉江藩主松平昌明の付属とされた父親とともに2歳のときに吉江藩の城下に移り、父親が吉江藩を辞し、京都に移るまでの幼少期数年間を吉江藩で過ごしたと言われています。

というのが今までの説で、近松門左衛門の出生地は福井市であると言われていました。
しかし、最近になって、出生地も鯖江なのではないかとの説が浮上しています。
(詳しくは福井新聞オンライン 「近松門左衛門の通説に新たな動き 元福井大教授『生誕地は鯖江』」へ。)

鯖江市内には、近松門左衛門ゆかりの建物や場所があり、市内には吉江藩時代の町名と現在の町名がわかる看板があったり、すでに近松門左衛門がまちの活性化に使われてはいますが、出生地が鯖江市であると裏付けられれば、今後のまちおこしは更に活性化しそうですね。

近松門左衛門の画像

ということで、鯖江市にある近松門左衛門ゆかりの地、「近松の里 たちまち」に足を運んでみたので、紹介します!

榎お清水(えのきおしょうず)

Dear ふくい 福井 fukui ディア ふくいのおいしい水

鯖江市内には「ふくいのおいしい水」に認定されている湧水地がいくつかあり、その中の一つである榎お清水。
榎お清水がある米岡町にはかつて吉江藩館があり、城下町として栄えていた場所で、近松門左衛門もここに通っていたと言われています。
さらに、織田信長が朝倉攻めの際にここに炊事場として石組を造るように命じたとも言われています。

様々な歴史の残る榎お清水ですが、手前には近松門左衛門が幼少期を過ごした頃を思い起こす里山ビオトープも整備されていて、近松門左衛門との関わりを感じることができます。

榎お清水についての詳細は下の記事から読むことができます。↓

鯖江市にある「ふくいのおいしい水」を徹底調査!福井県は水が美味しすぎるって本当?

春慶寺

春慶寺の画像

奈良時代に創建されたお寺で、もともとは泰澄大師が修行中に草庵を結んだ「心敬時(しんけいじ)」が前身であり、春慶寺という名前になったのは吉江藩が成立してからのことです。
泰澄大師とは、福井市南部で生まれ、白山を開山した偉大な人物。

近松門左衛門の父親が藩を辞したあと、彼らの生活は一変し、一家で春慶寺の一隅を借りて住んでいたそうです。
本堂左脇にある1本の大杉と、117基の石造物は、鯖江市の指定文化財にもなっています。

大谷公園

大谷公園の画像

実のなる公園と呼ばれ、栗、柿、イチジク、スモモなどを植栽し、「育て・収穫し・食する」といった体験学習型森林公園を目指して整備が進められてきた公園です。
市民団体「越の郷地球環境会議」と連携して、市内の全小学校の子どもたちがドングリを拾い、苗を育て、植樹までを体験する「どんぐりからの森づくり」にも平成20年度から取り組んでいるそうです。

公園内には越後に流罪になった親鸞がその道中で植えたとされる栗の木があるのですが、2年に3度も実をつける三度栗と呼ばれています。

大谷公園や、大谷公園で行われているイベントの詳細は下の記事で読むことができます。↓

【鯖江市】猪汁あり!?「実のなる公園(大谷公園)の市民植樹祭」に参加しよう!

近松門左衛門座像

近松門左衛門の画像

せっかく近松の里を散歩するなら、やっぱり近松門左衛門に会いたいですよね。
こんな道端に雑に置かれているのか!と驚くほど中途半端なところにいきなり出てきます。
見つけたら写真を撮ってあげましょう…

吉江藩館跡

吉江藩館跡の画像吉江藩館跡には館跡の碑と吉江藩主松平昌親の説明があるのみ。
あまり面影はないですが、近松の里においてはかなりの要所なので、行ってみては?

弁天橋

弁天橋の画像

近松の里を流れる浅水川にかかる橋です。
近松門左衛門にちなんで高欄が作られているとか。
黄昏時は、「誰そ彼」と言ってみたくなるような、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような風情が味わえますよ!

吉江神社

吉江神社の画像吉江藩主松平昌親公を大変敬慕していた吉江町民によって、百回忌の際に御霊宮(おたまや)が吉江藩跡に再建され、祀られたものです。
家臣の子孫から灯篭、手水鉢が寄進されたそうです。

吉江七曲り通り

吉江七曲り通りの画像城下町は、城に簡単に攻め込まれないように複雑な道になってることが多いですが、吉江町も小さな城下町だったため、道がかなり入り組んでいます。

吉江七曲り通りは、昔の城下町の面影が色濃く残っている場所で、福井ふるさと百景にも選ばれています。
昔ながらの街並みが好きという人にはとてもおすすめのスポットです。

近松門左衛門記念碑庭園

近松門左衛門の画像

立待(たちまち)公民館にある庭園です。
この庭園を上から見ると、近松門左衛門の作品演劇で欠かさない三味線を型どっているので、そこに注目して見てみると面白いですよ。

近松門左衛門の像や作家の水上勉さんの揮毫の碑もあります。

近松門左衛門の画像

こちらの立待公民館は、近松門左衛門と「近松の里たちまち」を広くアピールするために、さまざまな地域文化の掘り起こし事業に取り組んでいて、近松の里づくり事業の活動拠点として、地域住民の生涯学習活動や芸術文化活動を支援しています。
毎年「さばえ近松文学賞」や文化祭のような「近松まつり」を開催しています。

「近松の里たちまち」や鯖江の魅力が詰まった動画も発見!

名称 立待公民館
住所 福井県鯖江市杉本町702-2
電話番号 0778-51-3376
メールアドレス SC-CC-Tachimachi@city.sabae.fukui.jp
会館時間 8:30〜22:00
定休日 第1・第3日曜日、それ以外の週の火曜日、祝日、年末年始
WEBサイト http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=1527

近松門左衛門の作品が知りたい!そんな方は次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!