ホテルアーバンポート花椿とは?絶品海の幸&オーシャンビュー大浴場が最高!【小浜市】

ホテルアーバンポート花椿とは?絶品海の幸&オーシャンビュー大浴場が最高!【小浜市】

海の幸が美味しい小浜市に行ったので、白鳥海水浴場の目の前にあるホテルアーバンポートに宿泊してきました!海の幸づくしの夕食やお風呂からの眺めが最高だったので、詳しくレポートしちゃいます。

ホテルアーバンポートとは?

ホテルアーバンポートの画像

ホテルアーバンポートは、小浜市の白鳥海水浴場の目の前にある宿泊施設です。

透き通った美しい海が目の前にあり、エレベーターで部屋に上がるときは、とっても綺麗な景色を見ることができるんです。お部屋によっては、部屋から海をのぞむこともできます。

ホテルアーバンポートは、シングル、ツイン、和室のあるホテルタイプ。どのお部屋も素泊まり、朝食付き、朝夕食付きから選ぶことができます。また、お風呂は客室についていますが、お隣の建物、花椿の最上階にある展望風呂の利用がおすすめです。

左隣に建っている四季彩の宿 花椿は、2部屋がツインのベッドルーム、8部屋が和室となっています。若狭小浜湾を一望できるオーシャンビューのバンケットホールもあり、パーティーや結婚式にも利用されているとか。

ホテル正面の海はこんな感じ!透き通っていて、とても綺麗でした。

ホテルアーバンポートの画像

展望風呂では、この絶景を眺めながらお風呂に浸かることができます。おすすめの入浴時間は朝か夕方。

夜だと暗くて海が見えなくなってしまうので、明るいうちがおすすめ!特に夕方は、日本海にしずむ夕日を眺めることもできるんです。

また、脱衣所に、飲料水として平成の名水百選「雲城水」が用意されている心配りも嬉しかったです。

ホテルアーバンポート 花椿の芸術へのこだわり

ホテルアーバンポートの画像

花椿の入り口にある椿と海岸の絵。こちらは、おおい町在住の画家、渡辺淳(すなお)さんが描いたものです。

小浜には「やおひめさん」という民話があります。

ひょんなことから、人魚の肉を食べてしまった娘。

それから、このむすめはふしぎになん年たっても、美しいすがたのままで、いつのまにか八百歳までも長生きした。
むすめは、尼さんになり、日本国中をめぐりあるき、行くさきざきでツバキの木をうえた。
若狭へかえってみると、とっくに きょうだいや、友だちも死んでいた。
そこで、さみしくなって 海の近くの寺のそばにある、ほら穴に入った。
ほら穴の入り口に、白ツバキの木を一本うえ、「ツバキの木がかれたら、私が死んだと思ってください。」
と、いいのこした。
それからこの場所を、白玉椿とよび、長生きの神さまとして、八百姫さんがまつられた。
出典:小浜市公式サイト

また、小浜にある国指定の名勝・萬徳寺庭園には、樹齢300年以上の椿があります。

この椿は1本の木に様々な色の花をつける五色ツバキと呼ばれ、全国的にも珍しいもののため、多くの人がこのツバキを見に訪れます。

花椿の入り口を入ると、椿と縁の深い小浜を象徴するような素敵な絵に出会えます。

そして、こちらは夕食をいただいた花椿の一室にあった掛け軸。

ホテルアーバンポートの画像

上は福井を代表する書家の千葉半厓(ちばはんがい)さん、下はこちらも福井の書家の岸本一筆さんが書かれたものだそうです。

ホテルアーバンポート 花椿の中にはこのように、いたるところに福井ゆかりの芸術家の作品が展示されているので、じっくり見て回るのも楽しいんです。

ホテルアーバンポート 花椿の夕食全部見せます!

ホテルアーバンポートの画像

夕食は花椿のお部屋でいただきました。

ということで、冬のある日の花椿の夕食、全部見せます!(いくつかコースがあるので、他にも色々なメニューがあります。)

前菜

ホテルアーバンポートの画像

左下から時計回りに、鴨燻製オレンジ 木の芽味噌炙り、烏賊黄金焼き、子持ち昆布、子持ち鮎、小鯛笹漬け酢味噌掛け、法蓮草胡麻和え黄金キャビアと刻み湯葉のせ、なれ鯖黒豆添え

右下は食前酒の梅酒です。アーバンポートの女将・山岸さんが所属している「若狭路女将の会 わかさ会」が若狭町、エコファームみかたとコラボして作っている紅姫という梅酒。濃厚でとっても美味しかったです。

ホテルアーバンポートの画像一番右の「なれ鯖黒豆添え」ですが、鯖のなれずしは小浜市の沿岸部に伝わる郷土料理で、冬場、特にお正月には欠かせないものです。

なれずしは、魚介類を塩と米を混ぜて乳酸発酵させた保存食品で、全国各地に同じようなものがありますが、小浜のなれずしはへしこを使ったもの。

鯖を塩漬けしてから糠漬けにし、約1年間熟成させると、若狭の名物である「へしこ」ができます。それを一晩かけて塩抜きし、樽に漬け込むことで、小浜のなれ鯖はやっと完成するのです。

ものすごい手間がかかっていますよね。

また、「なれずしにするには昔ながらのへしこでないと美味しくない」と女将。

最近のなれずしはみりん等が入ってまろやかになりすぎてしまい、なれずしには合わないため、昔ながらの塩辛いへしこを使っているそうです。

前菜にはおぼろ昆布もついていました。

昆布といえばやはり北海道ですが、小浜はかつて北前船(大阪と北海道を結んだ商船)の寄港地だった町です。そのため、北前船で運ばれた昆布は、おぼろ昆布に加工されて関西に運ばれていました。

そのせいか、現在でも福井県は昆布消費量が全国トップ3に入る年があるほど。また、同じ嶺南地域の敦賀市には、昆布館もあるんです。

温物

ホテルアーバンポートの画像

蟹の玉地蒸し みぞれ餡かけ 天山葵

冬の海の幸、蟹の入ったあんかけ。こちらもお出汁がきいていて上品で美味しかったです。

向附

ホテルアーバンポートの画像鯛、ブリ、横輪(本マグロの幼魚)、サーモン、赤烏賊のお造り

海の幸が美味しい小浜では、やっぱりお刺身が食べたいですよね。

焚合

ホテルアーバンポートの画像

鰆梅煮付けに菜種、カブ、穂付筍が添えられています。

焼物

ホテルアーバンポートの画像

若狭ぐじ幽庵焼き

若狭ぐじとは、若狭湾で獲れるアカアマダイのこと。

小浜周辺は御食国(みけつくに)といって、平安時代までは朝廷などに食料を献上している国でした。さまざまな魚が京都に運ばれていましたが、中でも鯖が多かったことから、その時に通った道を「鯖街道」と呼んでいます。

若狭ぐじは鯖街道を通って京都に運ばれていた和の最高級食材で、京都では「若狭もん」として、京料理に欠かすことができない食材だったそうです。

幽庵焼きは新鮮なお魚でないと美味しくないので、新鮮なうちに一晩つけてから焼き上げるんだそう。これも、つけすぎると美味しくなくなってしまうなど、とても繊細なんだとか。

小鍋物

ホテルアーバンポートの画像

冬の福井といえば越前がに!はもちろんですが、若狭ふぐも忘れてはいけません。もちろんこれも若狭もん。

ここで、お待ちかねのてっちり鍋が出てきました。

まずは野菜と骨のついた部分を入れて待ちます。先に骨がついている部分を入れておくと、出汁がよく出るんだそうです。

ある程度したらフグの身も全部入れて…

ホテルアーバンポートの画像

プリップリのフグをポン酢と薬味につけていただきます。

若狭は、全国のフグ養殖の地では最北に位置するため、他の場所のフグより水温が低いところで育ちます。さらに、日本海の荒波にもまれるため、身がしまってぷりぷりの食感が楽しめると言われています。

花椿では、フグ尽くしの若狭ふぐコースの用意もあるので、フグ好きな方はこちらのコースもおすすめです。

洋皿

ホテルアーバンポートの画像

甘鯛と帆立貝柱のムース ソースバルサミコ

ここまでずっと和食でしたが、最後に洋皿が出てきました。

お魚は和食でも美味しいですが、洋風にアレンジされたものも、また違った美味しさがありますよね。

食事

ホテルアーバンポートの画像

締めは海鮮丼と粕汁。お魚たっぷりの海鮮丼ですが、ちょっと小ぶりで、食事の最後にちょうどいい量でした。

ご飯は美浜にある田んぼで作った花椿米を使っています。

水物

ホテルアーバンポートの画像

最後はフルーツと、冬の福井にふさわしく、水ようかんでした。(福井では水ようかんは冬に食べるもの)

アーバンポート 花椿の食事は「ちょうどいい」のが特徴。

旅館やホテルでご飯を食べると、ボリュームがありすぎて最後はお腹がいっぱいでつらい!ってことはないですか?アーバンポート 花椿では、食べ終わった後お腹はいっぱいで大満足なんだけど、つらくない!という絶妙な量。

幸せな気分で食事を終えることができて、大満足でした。

ホテルアーバンポートの朝食は?

ホテルアーバンポートの画像

一晩ゆっくり寝て、朝食へ。

ホテルアーバンポートでは、1階にあるラウンジのようなスペースで朝食をとります。洋食と和食があるので、今回は和食をチョイス!

ホテルアーバンポートの画像

焼き鯖や卵焼きなど、ご飯のお供にぴったりのものがたっぷりでした。

ホテルアーバンポートの画像

気になったのがこちらの「うに椎茸」。アーバンポート名物で、名前の通り椎茸とうにを混ぜたもの。

あまじょっぱくて、こちらも最高のご飯のお供でした。

帰りには、若狭・小浜の食材をふんだんに使った若狭牛カレー、ポークカレー、鯖カレーの3種類のカレー(御食国カレー)をお土産にゲット!

ホテルアーバンポートの画像

アーバンポートの総料理長、料理長監修のもとに作られ、地元の学生や企業ともコラボした、小浜の魅力がたっぷり詰まった御食国カレーです。

御食国カレーをお家で食べてみました!レポートは以下の記事へ↓

お土産におすすめ!ホテルアーバンポートの御食国カレーがおいしすぎ!【小浜市】

>【送料無料】ご当地カレー 御食国カレーセット(若狭牛カレー、さばカレー、旨香麗)/お取り寄せ/通販/お土産/ギフト/

価格:4,810円
(2017/3/6 02:38時点)
感想(0件)

とっても素敵!アーバンポート 花椿の女将・山岸和恵さん

ホテルアーバンポートの画像

今回、一緒に夕食を食べてくださったり、様々なお話をしてくださった女将の山岸さん。とってもお綺麗でパワフルで、楽しい時間を過ごさせていただきました。

女将は、前述した「若狭女将の会 わかさ会」にも入っており、忙しい合間に精力的に活動されている方です。

梅酒づくりの他に、外国人向けにメニューを英語表記にするアイデアや、梅の枝で箸置きを作るなど、何か素敵なものができないかと、常にいろいろな案を出して小浜の活性化のために活動しているそうです。

他にも、小浜市出身の明治の歌人・山川登美子さんの歌を駅前などにかけられないかと思いついて働きかけをしたり、若狭高校書道部の学生に短歌を書いてもらったり、様々な活動をされているとか。

「地元の人、特に若い世代に登美子の歌を知ってほしい。」と女将。

常に小浜、福井の歴史やいいところを観光客や若い世代に伝えようとされる姿勢が本当にかっこいいなと思いました。

>山川登美子歌集 [ 山川登美子 ]

価格:712円
(2017/3/6 02:39時点)
感想(1件)


そんなパワフルで素敵な女将がいるだけでなく、料理も雰囲気も、お風呂から見える景色も素晴らしい、ホテルアーバンポート 花椿。小浜にお越しの際は、ぜひ泊まってみてください。

名称 ホテルアーバンポート 花椿
住所 福井県小浜市小浜白鳥72-1
電話番号 0770-53-2001
アクセス 小浜駅から徒歩約15分
小浜西ICから車で約15分
駐車場 あり(屋外)
WEBサイト http://www.urban-port.jp/

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県で遊ぶ・作る・食べる!体験型観光の予約はこちら↓
福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
江戸しおり
Dearふくい代表 ライター/編集者
2015年に福井県鯖江市で実施された体験移住事業「ゆるい移住」に参加したことから福井が大好きに!
体験移住終了後も、2年半に渡り東京と福井を毎月往復する生活を続け、2018年に完全移住しました。
Dearふくいでは観光客向けスポット紹介の他、日常生活に絡めた福井情報を発信中!
夫とともに、私たちの生活を通して「福井っていいな」と思われるように、楽しいことをたくさんしています!