ホテルアーバンポート 花椿のいいとこ全部見せ!絶品海の幸&オーシャンビュー大浴場が最高!【小浜市】

ホテルアーバンポート 花椿のいいとこ全部見せ!絶品海の幸&オーシャンビュー大浴場が最高!【小浜市】

美味しい海の幸が楽しめる小浜市に行ったので、白鳥海水浴場の目の前にあるホテルアーバンポートに宿泊してきました!
海の幸づくしの夕食やお風呂からの眺めが最高だったので、詳しくレポートしちゃいます。

ホテルアーバンポートとは?

ホテルアーバンポートの画像

ホテルアーバンポートは、小浜市の白鳥海水浴場の目の前にあるホテルです。

透き通った美しい海が目の前にあり、エレベーターで部屋に上がるときは、とっても綺麗な景色を見ることができるんです。
お部屋によっては、部屋から海をのぞむこともできます。

ホテルアーバンポートは、シングル、ツイン、和室のあるホテルタイプの宿泊施設。
どのお部屋も素泊まり、朝食付き、朝夕食付きから選ぶことができます。

また、お風呂は客室についていますが、お隣の建物、花椿の最上階にある展望風呂のご利用がおすすめです。

左隣に建っている四季彩の宿 花椿は、2部屋がツインのベッドルーム、8部屋が和室となっています。

若狭小浜湾を一望できるオーシャンビューのバンケットホールもあり、パーティーや結婚式にも利用されているとか。

ホテル正面の海はこんな感じ!
透き通っていて、とても綺麗ですよね。

ホテルアーバンポートの画像

展望風呂では、この絶景を眺めながらお風呂に浸かることができます。
おすすめの入浴時間は朝か夕方。

夜だと暗くて海が見えなくなってしまうので、明るいうちがおすすめ!

特に夕方は、日本海にしずむ夕日を眺めることもできるんです。

また、飲料水として平成の名水百選「雲城水」が用意されている心配りも嬉しかったです。

ホテルアーバンポート 花椿の芸術へのこだわり

ホテルアーバンポートの画像

花椿の入り口にある椿と海岸の絵。
こちらは、おおい町在住の画家、渡辺淳(すなお)さんが描いたものです。

小浜には「やおひめさん」という民話があります。

ひょんなことから、人魚の肉を食べてしまった娘。

それから、このむすめはふしぎになん年たっても、美しいすがたのままで、いつのまにか八百歳までも長生きした。
むすめは、尼さんになり、日本国中をめぐりあるき、行くさきざきでツバキの木をうえた。
若狭へかえってみると、とっくに きょうだいや、友だちも死んでいた。
そこで、さみしくなって 海の近くの寺のそばにある、ほら穴に入った。
ほら穴の入り口に、白ツバキの木を一本うえ、「ツバキの木がかれたら、私が死んだと思ってください。」
と、いいのこした。
それからこの場所を、白玉椿とよび、長生きの神さまとして、八百姫さんがまつられた。
出典:小浜市公式サイト

また、小浜にある国指定の名勝・萬徳寺庭園には、樹齢300年以上の椿があります。

この椿は1本の木に様々な色の花をつける五色ツバキと呼ばれ、全国的にも珍しいもののため、多くの人がこのツバキを見に訪れます。

花椿の入り口を入ると、椿と縁の深い小浜を象徴するような素敵な絵に出会えます。

そして、こちらは夕食をいただいた花椿の一室にあった掛け軸。

ホテルアーバンポートの画像

上は福井を代表する書家の千葉半厓(ちばはんがい)さん、下はこちらも福井の書家の岸本一筆さんが書かれたものだそうです。

ホテルアーバンポート 花椿の中にはこのように、いたるところに福井ゆかりの芸術家の作品が展示されているので、じっくり見て回るのも楽しいんです。

旅行といえばやっぱり食事が気になる!
次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク