都内の越前そば好き必見!新宿で越前そばのそば打ち体験ができる場所を発見!【東京・新宿】

都内の越前そば好き必見!新宿で越前そばのそば打ち体験ができる場所を発見!【東京・新宿】

福井県は、そばの生産量が全国上位というそばどころ。福井県のおそばは越前そばと呼ばれ、全国にファンがいるほど人気があるのですが、一体他のおそばとどう違うのでしょうか。わかりやすく紹介していきます。

さらに、越前そばのそば打ち体験ができる場所を都内で発見!そば打ちの様子なども詳しくリポートします。

越前そばとは?

dear fukui 福井 ふくい 越前そば

越前そばは、見た目は黒っぽく、少し太いのが特徴的。さらに、濃いつゆにつけて食べるのではなく、大根おろし、ねぎ、鰹節をのせ、だしをかけた「ぶっかけおろしそば」と呼ばれるスタイルで食べることが多いです。

香りが高く、歯ごたえもあって、はまってしまうと他のお蕎麦は食べられない!  というほどのファンも多い越前そば。

まだ食べたことがないという方は、一度福井県を訪れてみるか、以下で紹介するそば打ち体験に参加してみては?

新宿で越前そばのそば打ち体験に挑戦!

そんな絶品越前そばのそば打ち体験が東京でできると聞いて、早速行ってきました。

他にも体験をする方がたくさんきていましたが、参加者1人につき教えてくださる方が1人ついて、マンツーマンで教えてくれるので、初心者でも楽しく体験することができました。

東京福井越前そば打ち体験の画像

使用するのは大野市と勝山市産のそば粉。初心者でも比較的扱いやすい2割つなぎの入った二八蕎麦を打っていきます。

水回し

東京福井越前そば打ち体験の画像

まずは、そば粉に水を加える水回しという作業を行います。

そば粉をふるいながらこね鉢に入れ、つなぎとそば粉のムラがないように手で軽く混ぜます

しっかりと混ざったら、水を加えていきます。最終的にそば粉の半分の量の水を加えますが、一気に入れずに、まずは半分。

東京福井越前そば打ち体験の画像

指を立てて、こね鉢にくっついた乾燥したそば粉も混ぜ込みながら混ぜていきます。

これが結構重労働。どんどん腰が痛くなってきますが、しっかりと混ざるまでひたすら優しく混ぜ続けます。

その後、数回に分けて水を加える→混ぜるを繰り返すと、だんだんとそば粉がまとまってきます。

まとまるまではこねるような動作をせず、我慢してひたすら混ぜ混ぜするのですが、これがなんとももどかしい…のですが、この時にこねるようにしてしまうと、水が均一に混ざらないんだとか。

練り

東京福井越前そば打ち体験の画像

そば粉が水を均一に含んでまとまってきたら、いよいよ練りの作業です。

パンを作るときのようにこねていくと、つるっつるにまとまります。

気持ちいい!

延し

東京福井越前そば打ち体験の画像

まとまったお蕎麦を三角錐の形にし、上から抑え込んで円盤状にしたら延しの作業の始まりです。

打ち粉をふった台の上で、手の平の下のほうを使って少しずつ円を大きくしていきます。

ある程度大きくなったら麺棒で伸ばし、さらに綿棒に巻きつけて力を入れて転がします。

東京福井越前そば打ち体験の画像

これだけでどんどん伸びていくことに驚き!

そして、最初は丸かったはずなのに、気づいたら四角くなっていました(笑)

たたみ

東京福井越前そば打ち体験の画像

ここまでくればもうゴールは目前!打ち粉をしっかりして畳んでいきます。

切り

東京福井越前そば打ち体験の画像

最後は最大の見せ場!お蕎麦の太さにカットしていきます。

これ、自分では結構細く切っているつもりでも、出来上がりが結構太くてびっくりするんです。お店で見るような細いお蕎麦に切るのは本当に大変なことなんだと実感!

ですが、越前そばはかなり太いものが多いので、ちょうどいいかも!と開き直りました(笑)

東京福井越前そば打ち体験の画像

出来上がりはこんな感じ。

10人前以上を持ち帰ることができて、この日の体験料は3,000円でした。お得ですよね!

自分で打った蕎麦をお家で食べよう!

お家に帰ってきたら、早速出来立てのお蕎麦をいただきます。

越前そばはだしがとっても重要なので、だし作りからスタート

用意するのは

  • 昆布
  • 醤油(本来は薄口醤油がベスト)
  • 鰹節

東京福井越前そば打ち体験の画像

昆布は水に1〜2時間つけてだしをとります。(ぬめりが出るようなら早めにあげましょう。)

そして、昆布をつけた水と同量の水をわかします。

その間に薬味の準備もしておきましょう。

東京福井越前そば打ち体験の画像

越前そばに欠かせない、大根おろし、ねぎ、鰹節が用意できたら準備万端です!

お湯が沸いたら火を止めて、だし用の鰹節を入れて沈むのを待ち、沈んだら布かキッチンペーパーでこします。

東京福井越前そば打ち体験の画像

一瞬でかつおだしの完成!ここに昆布ダシと適量の塩、醤油を入れて味を整えればだしの完成です。

お蕎麦は、わかしたたっぷりのお湯にほぐしながら入れましょう。

東京福井越前そば打ち体験の画像

お蕎麦同士がくっつかないようにはしでかき混ぜながら1〜3分茹でたらざるにあけます

水にさらして水気を切ったら盛り付け!

ダシと大根おろし、ねぎ、鰹節をのせたら…

東京福井越前そば打ち体験の画像

完成!

自分で打ったお蕎麦の味は格別でした!(やっぱりちょっと太すぎたかもしれない…)

蕎遊房とは

東京福井越前そば打ち体験の画像

今回のそば打ち体験の主催は越前そば愛好会「蕎遊房」という団体。

青山にある福井県のアンテナショップ、福井南青山291で以前行われていたそば打ち教室に参加したことがきっかけで、越前そばの美味しさ、そば打ちの楽しさにハマった代表の横山さんは、2008年に同じく蕎麦好きの仲間とともに「蕎遊房」を結成。

現在は福井県から「越前おろしそば伝承人」に委嘱されたメンバーを中心に、月に2回、新宿で今回のようなそば打ち体験教室を開いています。

すでに開催回数は180回を超え、毎回10〜25組が参加する人気ぶりとのこと。新宿だけでなく、都内近郊でも年に数回教室を開くことがあり、越前そばの普及に努めています。

そば打ちを通して福井の風土を知ったり、新しい知り合いができたり、楽しいことがたくさんある蕎遊房のそば打ち体験教室。お近くの方はぜひ参加してみてください!

開催日時はこちらから確認できます→http://www7b.biglobe.ne.jp/~kyoyubo-homepage/sub1.html

参加希望の方は以下の連絡先へお問い合わせください。

03-3269-4588/03-3269-4620/080-1216-2214
k-yokoyama@mtg.biglobe.ne.jp(横山)

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報