オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

恋愛と結婚は別物です。

彼氏であれば、ご両親に紹介する必要もありませんし、これからの人生をともに過ごしていく覚悟も、一緒に子どもを育てていく義務もありませんが、結婚相手となるとそうはいきません。

つまり、最高の彼氏であっても、最高の夫になってくれるとは限らないので、結婚する前に、「彼は、私にとって最高の夫となってくれるのかな?」と冷静に考え直してみる必要があるのです。

そこで今回は、「優しい性格である」とか「価値観が合う」とか「安定した仕事に就いている」とか、当たり前のことは置いといて、「オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴恋愛7選」をお届けします。

1.自動車の運転が紳士的な男性

オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

普段は優しい性格なのに、自動車を運転すると性格が豹変して乱暴な運転をする男性っていませんか?そんな男性は、DV気質・ストーカー気質かもしれないので要注意です。

自動車を運転するときは、思わず『素』が出てしまうものです。

福井女子なら彼と一緒に自動車で出掛けることも多いと思います。渋滞にハマったときや、他の自動車に追い抜かれたときの彼の様子を観察してみてください。

2.男女問わず友達が多い男性

男女問わず友達が多いということは、それだけ普段から人間性が優れているということです。

類は友を呼びます。彼の友達も魅力的な人が多いようなら、彼も客観的に見ても魅力的な人ということでしょう。

逆に、彼の友達に問題アリな人が多ければ、彼にも何かしらの問題がある可能性大です。しっかり見極めましょう。。。

また、仲の良い女友達も多いと心配かもしれませんが、女性の扱いになれているという面もありますよ。

3.夢が大きく、実力と努力が伴っている男性

オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

「将来は、独立して自分の会社を創る!」なんて言う男性って結構いますよね。

特に福井県は、人口あたりの社長輩出数が多いのでなおのことでしょうか?

一見、ただ大口を叩いているだけのように見えますが、実力と努力が伴っていれば話は別です。上手くいけば、将来のセレブ妻も夢じゃない!?

彼のビジネスが成功するかどうかを見分けるポイントは簡単です。

「いつ独立して、どんなビジネスをするの?」と聞くだけです。

この質問にしっかりと答えられるようなら、とりあえずは合格です。

この程度の質問に答えられないようなら、彼のビジネスは“絶対に”上手くいきません。(というか、口先だけなので、いつまで経っても独立できません。)

4.両親が裕福で経済的な支援が期待できる男性

結婚するにあたって、ぶっちゃけ一番頼りになるのは(義)両親です。

結婚式の平均費用は、およそ350万円です。(結婚式・披露宴の費用のみ)これに、新婚旅行や新居の準備などの費用を考えると、500万円以上かかることもよくあります。

この金額をあなたと彼だけで用意するのは難しくはありませんか?そんなとき、彼の両親からの資金援助があると助かりますよね?

彼の両親がかなり裕福なら、結婚資金以外に新築一軒家を丸ごとプレゼント☆なんてこともありますよ。

逆に、彼の実家が貧乏なら、彼の金銭感覚に問題がないか注意してください。金銭感覚は、高校生くらいまでで形成されます。彼の実家が貧乏なら、ズレた金銭感覚を持っているかもしれません。

5.両親と同居する必要がない男性

オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

福井では、まだよくありがちな……義両親との同居。。。

血のつながりもなく、生活習慣の違う義両親と生活をともにすることは、想像以上に大変なことがほとんどです。しかも、将来的には、義両親の介護をあなたがするハメになるかも…

最悪の場合、夫婦仲は良くても、嫁姑問題に嫌気がさして離婚なんてこともあるので要注意です。

6.新居予定地と実家が遠く離れていない男性

義両親と一緒に暮らすのは避けた方がいいですが、近くに住んでいるととても便利(笑)です。

結婚して子どもが生まれると、生活が一変します。毎日のように夜泣きしたり、月1ペースで風邪をひいたり…

そんなとき、(義)両親が近くに住んでいると、いろいろな面でのサポートが期待できます。

とくに、共働き予定のご夫婦は真剣に考えてみてください。

7.自分と同じくらいの学歴を持つ男性

オブラート一切なし!結婚に向いている男性の特徴7選

学歴は高ければ高いほど年収も高い傾向があるので、可能な限り高学歴な男性が望ましいと思うかもしれません。

しかし、同程度の学歴を持つ夫婦に比べて、学歴が離れすぎている夫婦の離婚率は、およそ3倍になるとのデータがあるのです。学歴が離れすぎている夫婦の場合、育ってきた環境が違いすぎるため、価値観の相違が多いためではないかと思います。

夫の年収が高くても、離婚してしまっては意味がないので、可能な限り自分と同じ程度の男性を選びましょう。

最後に

いかがでしたか?オブラートなしのぶっちゃけだったので、多少差別的な表現があったとしてもご容赦ください。

ただ、真理はついていると思うので、参考にしていただけたらと思います。

※ちなみに、上記の条件をすべて完璧に満たす男性はほとんどいないですし、いたとしても、既に売約済みである可能性が高いことも併せてご理解くださいね。

KUKURIこと オリジナル婚姻届(デザイン婚姻届)専門ネットショップ『婚姻届工房KUKURI』の店長 若山でした☆

愛をカタチに☆オリジナル婚姻届専門ネットショップ『婚姻届工房KUKURI』

デザインを選ぶのは当たり前!婚姻届は紙から作りませんか?【越前和紙の手作りオリジナル婚姻届】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報