狼が祀られた珍しい神社・日野宮神社で澄んだ空気と自然に包まれて…【池田町】

狼が祀られた珍しい神社・日野宮神社で澄んだ空気と自然に包まれて…【池田町】

全国的に見ても珍しい、オオカミを祀った神社・日野宮神社。
池田町で最も古いこの神社はたくさんの自然に囲まれ、神秘的な空気に包まれています。

かつては秘祭も行われていたという日野宮神社は一体どんな神社なのでしょうか。

日野宮神社とは?

福井池田パワースポット日野宮神社の画像

日野宮神社の創建は今から1500年近く前の553年。
第29代欽明天皇(継体天皇の皇子)の第3皇子が狼を捕らえて山中の岩窟に閉じ込めて祀ったのが起源といわれています。

鳥居の奥には拝殿、本殿があり、本殿も間近で見ることができます。
しかし、岩窟の奥殿のありかは明かされておらず、宮司でさえも奥殿までは行くことができなかったのだとか。

日野宮神社は狼神社?

福井池田パワースポット日野宮神社の画像

日野宮神社ではかつて狼祭りという秘祭が行われていたため、狼神社の異名も持っています。

狼祭りは毎年7月25日に行われ、宮司は奥殿のある岩窟まで赤飯を持って出かけます。
この日、村人は早くに灯りを落として眠りについたそうです。

しかし、この狼祭りは昭和20年頃に途絶えてしまい、現在は行われていないとのことです。

日野宮神社に眠る文化財

福井池田パワースポット日野宮神社の画像歴史ある日野宮神社には、文化財も眠っています。

まずは文部省認定美術品の「伯牙弾琴鏡(はくがだんきんきょう)」。
昭和13年に対岸の王神の森付近の道路を改修した際に出土した古鏡で、作られたのは奈良時代と推定されています。

続いて、池田町の文化財に指定されている狛犬。
鎌倉時代から南北朝時代に作られたと推測されています。

そして、こちらも池田町指定文化財の「鬼神面(きしんめん)」。

池田町には古い能面がたくさん残されていますが、鬼神面はこの一つだけなんだそうです。

また、池田町志津原の白山神社をはじめ、能舞を奉納する神社もいくつかあったとか。
現在も毎年2月15日に奉納される「水海の田楽能舞(みずうみのでんがくのうまい)」は国の重要無形民俗文化財に指定されています。

これらの文化財はまるでピラミッドのようにそびえる本殿の中にあるそうですが、現在は見ることができません。

神秘的な空気と自然の力を強く感じる圧倒的なパワースポット、日野宮神社。
その空気に包まれながら、池田町の歴史に想いを馳せてみてはいかがですか?

名称 日野宮神社
住所 福井県今立郡池田町常安1-2
WEBサイト http://www.tannan.net/webapps/www/section/detail.jsp?id=128

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!