須波阿須疑神社|樹齢千年以上の大杉と重要文化財の本殿は必見!【池田町】

須波阿須疑神社|樹齢千年以上の大杉と重要文化財の本殿は必見!【池田町】

福井県池田町に、北陸一と謳われる大杉が見られる神社があります。
その名も、須波阿須疑神社(すわあずき神社)。

須波阿須疑神社は、地区の神社ではなく、池田惣社、つまり池田町全体をつかさどる神社で、平安時代中期に編纂された延喜式(当時の法律関連の書物)にも載っているんです。
延喜式に記載があるということは、当時朝廷から重要視されていた神社ということ。
須波阿須疑神社の格式の高さと歴史の深さがうかがえます。

今回は、須波阿須疑神社のみどころを詳しく紹介します!

神門

福井池田パワースポット須波阿須疑神社

須波阿須疑神社の鳥居をくぐると、最初に見えてくるのがこの大きな神門です。
嘉永3(1850)年に再建されたもので、地元の方からは赤山門と呼ばれて親しまれており、池田町の文化財にも指定されています。

かつては最初の鳥居よりも手前にありましたが、戦後に現在の場所に移されました。

拝殿

福井池田パワースポット須波阿須疑神社

神門をくぐり、山道を進むと見えてくるのが拝殿です。
こちらも池田町の指定文化財で、能舞台や楽屋のついた珍しい造りとなっています。

福井池田パワースポット須波阿須疑神社

池田町といえば、「水海の田楽能舞」が国の重要無形民俗文化財に指定されていることで知られています。
町内には、現在でも能面が置かれている神社が多く、この拝殿の中にもいくつかの能面が飾られていました。
飾られているもの以外にも、福井県指定有形文化財の「中年の女」の能面、文部省指定重要美術品の「天神」の能面を含めた宝物が保管されているそうです。

「越前国古今名蹟考」によると、須波阿須疑神社では、大正7年まで翁神事(伝統芸能の舞)が行われていたそうですが、能が奉納されなくなった現在は、毎年2月6日に「能面まつり」が行われています。
参拝者には小豆粥がふるまわれるとのことで、こちらも気になりますね!

また、拝殿の中には大きな絵馬もありました。

福井池田パワースポット須波阿須疑神社

昔は絵馬というと、こういった大型のものが普通だったそうです。
かなり古いものも多く、上の写真のものには天保十年と書いてありました。

福井池田パワースポット須波阿須疑神社

かつての須波阿須疑神社を描いたものも

傷み具合からも、描かれてから相当な年月が経っていることがうかがえました。

いよいよ本殿が登場!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )