未成年による酒造りプロジェクト!?若杯者に参加してきました!【若狭地方】

未成年による酒造りプロジェクト!?若杯者に参加してきました!【若狭地方】

若狭地方は三方五湖、瓜割の滝、北川など、ラムサール条約や名水百選に登録されているきれいな水が豊富な土地です。
水のきれいなところには美味しいお酒があるとよく言いますが、この若狭地方にももちろんおいしい日本酒がたくさんあります。

実は私、すっごくお酒が好きで、特に日本酒は大好物!
福井の様々なお酒を飲みましたが、ある日、こんなにフルーティーなお酒、初めて!と思うような飲みやすい日本酒に出会いました。

その名も、「若杯者(じゃくはいもの)」。

一体どこで造られているのだろう?

気になって調べてみると、この若杯者という日本酒は、主に若狭地方の19歳の若者たちによって造られているということが判明!

なぜ未成年が日本酒造り?
とっても気になったので、その真相に迫りました。

若杯者プロジェクトとは?

福井若狭若杯者日本酒の画像この、未成年による日本酒造りは「若杯者プロジェクト」と呼ばれているもので、福井県の若狭地方で2014年から行われている「若者の地域参画や体験を通した教育」を目的としたプロジェクトです。

一言でまとめると、地元の19歳が田植えから始まる日本酒造りの全工程に関わり、完成した日本酒「純米酒 若杯者」を、メンバーが成人を迎えた後に酌み交わすというもの。

「若杯者プロジェクト」発起人の中嶌さんは、もともと数年前から、地元の里山をうまく活用しようといった活動をライフワークとされていたそう。

例えば若狭で繁殖し過ぎてしまっている「アブラギリ」という植物を、再生可能エネルギーの観点から、地元の若狭東高校と一緒に研究したり、小浜市の無住となってしまった山村、上根来(かみねごり)で、元住民の方と天然食品貯蔵施設「雪室」を作ったりと様々な活動をされています。

こういった「地域の課題を見つけて手段をつくる」活動の中で、地方の大きな問題である耕作放棄地について考えるようになり、大阪で行われている「19歳の酒」という取り組みからアイデアを得て、関係者の方の承諾を取った上で「若杯者プロジェクト」をスタートさせたそうです。

プロジェクトの実行委員はお酒とは直接関係のない職業の方がほとんどで、まちづくり、町おこしに興味がある方が多く集まっています。

しかし、実行委員といってもかっちりとした組織というわけではなく、自然と集まってきたメンバーで行なっているそうです。

また、スタッフ、参加者の境界線もはっきりと線引きできない活動を多々してきたので、各々が自由に「若杯者プロジェクト」に関わってきたとか。

実行委員、参加者の方々は、若狭町にある鳥浜酒造さんを借り、社長の小堀さんから酒造りの指導を受けて一から酒造りに取り組んできました。

田植えからラベル貼りまでの約8ヶ月。
若杯者プロジェクトではどのように酒造りを行なっているのでしょうか…

次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク