【開山1300年のパワースポット】美しすぎる福井の苔寺!平泉寺白山神社のみどころ25選 【勝山市】

【開山1300年のパワースポット】美しすぎる福井の苔寺!平泉寺白山神社のみどころ25選 【勝山市】

2017年に開山1300年を迎えた歴史ある神社「平泉寺」この場所は国の史跡となっており、その風景の美しさや貴重な建築物の数々は、一生に一度は見ておくべき!

しかし、平泉寺の良さはそれだけではありません。平泉寺に一歩足を踏み入れると、1300年間の歴史や人々の営みまで肌で感じられるような気がしてきます。

昔の人々の白山に対する信仰の深さ。
最盛期の戦国時代にいた8000人もの僧兵の営みが目に浮かぶような坊院跡の数々。
現在の姿は最盛期の10分の1となっていますが、その大きな原因である一向一揆による全山焼失を裏付ける、礎石のみが残る場所。
はるか昔から、この地がまほろば(素晴らしい場所)であったことを証明するかのような、焼失を免れたたった7本の立派な杉の木。
他にもさまざまな場所で、1300年の歴史の重みを感じることができます。

百聞は一見にしかず!とにかく平泉寺に行ってみましょう!

平泉寺白山神社とは?

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

平泉寺という名前からお寺だと思う人が多いと思いますが、現在の平泉寺は平泉寺白山神社という神社なんです。

白山は福井県、石川県、岐阜県にまたがる標高2,702mの山で、富士山とともに日本三霊山に名を連ねます。平泉寺はこの白山を信仰するための福井(越前)の拠点で、今から1300年前の717年に泰澄という僧が開山しました。

でも、僧侶が神社?と不思議に思いませんか?

実は現在の平泉寺は、1575年に一向一揆で全山が焼失してしまったため、最盛期(戦国時代頃)の10分の1程度の規模になっています。最盛期には社堂四十八社、三十六堂(神社と仏堂を併せたもの)、六千の僧坊があったという記録が残っています。

このように、かつては神道と仏教が一緒になっている「神仏習合」が一般的でした。しかし、一向一揆によって焼き払われてしまったり、神仏分離によって仏像が壊されてしまったりしました。

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像境内には壊れた仏像が無数に見られました。

さらに、明治時代に入ると仏教(お寺)と神道(神社)を分ける「神仏分離」の通達が政府から出されたため、平泉寺は現在は神社として存在しています。後半でご紹介する平泉寺の見どころには、このような神仏習合や一向一揆の歴史が垣間見られる部分もあるので、チェックしてみてください。

平泉寺の苔の見頃は?

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

平泉寺は、ここ数年話題にのぼることが多い苔を楽しむのにぴったりの場所なんです!

平泉寺には約100種類の苔があると言われており、場所によって苔の感じも全然違います。インスタで「#平泉寺の苔」「#勝山平泉寺の苔」で検索してみると、平泉寺の素敵な苔写真がたくさんアップされていますよ!(苔が美しい時期は、7月くらい。梅雨が明けたくらいが一番おすすめです!)

#福井県 #勝山市 #平泉寺 #苔 #平泉寺の苔 #勝山平泉寺の苔 #Dearふくい #パワースポット

江戸しおりさん(@shiori_edo)がシェアした投稿 –

平泉寺白山神社のみどころ25選

いよいよここからは、平泉寺に行くなら必ず見ておきたいスポットを、国道157号・勝山市街方面から平泉寺に向かう参道から順番に紹介します。

それぞれに歴史や逸話があるので、一つ一つゆっくり見て歩いて見てください。

牛岩・馬岩

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像左が牛岩、右(奥)が馬岩

国道157号・勝山市街方面から平泉寺に向かう際は、下馬大橋を越えて、旧参道を通ります。
この旧参道の入り口あたりにあるのが牛岩と馬岩です。

これらは平泉寺の周りにある結界石の一つで、昔行われていた丑の刻参りに関係するものです。

お参りに来た人の前にそれぞれが牛、馬となって立ちはだかり、これを恐れずに進むことができれば、願いが成就するとされていたそうで、こういった結界を抜けるごとに身が清められていくんだとか。

この場所は日本の道百選にも選ばれていて、景色がとっても綺麗なんです。

車道の脇には旧参道の名残である石畳も見ることができます。
この石畳は九頭竜川の河原の石を使い、約1000年前に整備されたものだそうです。

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

地元の方によると、この辺りの苔は少し白っぽくて、平泉寺周辺では最も苔人気の高い場所なんだとか。

旧参道入口の脇には駐車スペースもあるので、車を降りて石畳を歩いてみるのもおすすめですよ!

大杉

1574年の一向一揆で多くの樹木も消失してしまいましたが、平泉寺には焼け残った杉が7本あります。
ということは、少なくとも樹齢400年以上は経過しているということですよね。

その中の1本で、歴史探遊館 まほろばの前にある杉がこちら!

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

二股に別れた不思議な形ですが、これは雪国でよく見られるものなんだとか。

自然の神秘と歴史の重みが感じられるおすすめスポットです!

と之蔵

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

平泉寺にはこの「と之倉」と「あ之倉」がありますが、と之倉の「と」は東尋坊の「と」なんです。

東尋坊といえば、福井県坂井市にある東尋坊を思い浮かべる方が多いと思います。
サスペンスにもよく登場する断崖絶壁ですが、あの崖の上から平泉寺の僧侶である東尋坊が突き落とされたことで、東尋坊という名前がつきました。

と之倉はそんな東尋坊が住んでいた場所で、今でも裏手には東尋坊井戸跡が残っています。
東尋坊が亡くなった時にはこの井戸の水が赤く染まったという話も伝えられています。

また、と之倉の西側には中世の石畳道が発掘されており、これらはかつて平泉寺の境内に張り巡らされていたものなんだそうです。
最後に紹介するアプリを使えば、かつての風景から発掘中、現在に至るまでの過程を見ることができますよ。

結神社

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

結神社(むすびじんじゃ)の名前の通り、縁結びの神様として親しまれている人気パワースポットです。
この結神社には天から降ってきたという2つの石が祀られています。

ただお参りするだけでももちろんいいのですが、せっかく来たなら良縁絵馬を購入するのがおすすめ!

勝山のお隣の大野市と、勝山市内のいくつかの場所で購入できる半割れになった大野絵馬、勝山絵馬をそれぞれゲットし、2つを合わせて奉納するとよりご利益がアップします!

大野と勝山に行かないと手に入れることができないとってもレアな絵馬で、良縁祈願をしてみては?
詳しくはこちら→http://okuetsu-ryoen.jp/

常夜燈

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

寛永4年に作られたもので、かつては毎晩灯りが灯されていたそうです。
傘の上の苔感が素敵!そして、お月様の形にくりぬかれているのも可愛いくないですか?

石を投げてこの傘の上にのせることができると、いいお嫁さんをもらうことができるんだとか。
お隣の結び神社と併せて良縁祈願してみては?

泰澄大師廟

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

室町時代に建てられた泰澄大師(平泉寺白山神社を開いた僧)のお墓です。

高さは1m47cmもあり、当時のお墓としてはとても大きいものだそうです。

石の囲いの手前には階段のようになっている石がありますが、この石をよく見てみてください。

勝山観光歴史平泉寺白山神社の画像

表面が少しだけへこんで跡がついていますよね。
なんとこれは弁慶の足跡だと言われているんです。

頼朝に追われて平泉に逃げる際、義経と弁慶は平泉寺に立ち寄ったとされており、その時についた弁慶の足跡だとか。

弁慶はとっても足が速かったそうで、この石を踏むと足が速くなると子供達に人気があるんです。

いよいよ白山神社の中へ!
見所はまだまだたくさんあります。
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] 開山1300年!平泉寺の楽しみ方とは?歴史・見所スポット25選 徹底解説【勝山市】 https://dearfukui.jp/sightseeing/5567 […]

  2. […] 開山1300年!平泉寺の楽しみ方とは?歴史・見所スポット25選 徹底解説【勝… […]