無料!?郷土歴史博物館に行くなら福井城舎人門遺構も見逃すな!【福井市】

無料!?郷土歴史博物館に行くなら福井城舎人門遺構も見逃すな!【福井市】

福井の歴史を知るなら福井市立郷土歴史博物館がおすすめのスポットですが、実は、入館料いらずで福井の歴史を間近に見られる展示物があることをご存知ですか?
今回は、歴史好き必見の福井城舎人門遺構について、見どころを詳しく解説します!

福井城舎人門遺構とは?

福井城舎人門遺構の画像

江戸時代、福井には福井城というお城がありました。(現在は福井県庁がある場所です)

博物館の建設に先立って発掘調査を行ったところ、福井城の北の外堀や石垣、土居、門の礎石、砂利敷き道路や水路、武家屋敷の跡などが見つかりました。
そのときの調査成果や、福井城下の絵図などをもとに、江戸時代の終り頃(19世紀中頃)の様子を復原
出典:福井市立郷土歴史博物館公式サイト

とのことで、郷土歴史博物館の館外展示物として無料で公開されているものが福井城舎人門遺構となります。
これは見ないと損ですよね!

ということで、福井城舎人門遺構にはどのような見どころがあるのか見ていきましょう。

福井城舎人門遺構の見どころ①舎人門

福井城舎人門遺構の画像

まずは、高さ約6m、幅約10mもあるメインの舎人門(とねりもん)。
こちらの画像は、内側(博物館側)から撮った画像です。

舎人門は、福井城の北側の外堀に設けられた門の一つで、「清兵衛町見附御門(せいべいちょうみつけごもん)」「江戸町口御門」「御泉水裏御門」など、様々な呼び名があったようですが、江戸時代の終わり頃(19世紀中頃)の様子を描いた福井城下絵図には「舎人門」という名前で出てくるそうです。

復原されている門は、木造瓦葺の高麗門形式。
大安禅寺や越前市の正覚寺に同様の形式の門が現存しているため、それらを参考にして復原されたそうです。
屋根は出土品をモデルにして、当時越前で作られていた越前赤瓦を復原して葺いたものです。

福井城舎人門遺構の画像

門のそばにある舎人門礎石にも注目!
これは、門の南東の柱の位置で出土した笏谷石製の礎石です。

上に穴があいていて、そろばん玉のような形をしていますが、これは他から転用して礎石に使用しているからだそう。
この礎石によって門の位置や、柱の太さなどが推測され、舎人門の復原に役だったそうです。

福井城舎人門遺構の見どころ②石垣と土居

福井城舎人門遺構の画像

福井城の周りには幾重もの堀と石垣、土居があり、これらで福井城を守っていました。
本丸を中心に堀が幾重にもめぐるこの形は、環郭式(かんかくしき)と言います。
発掘調査の際には「舎人門」から伸びる石垣と土居を確認することができましたが、明治時代の地面から上の部分は削られていたそうです。
そのため、復原の際は6段分(約2.7m)の石を積みなおしたり、土を盛りなおしたりしました。
石垣には足羽山で取れた笏谷石を使っていたため、復原には福井城跡の発掘調査で出土した石垣石を再利用しています。

福井城舎人門遺構の見どころ③外堀

福井城舎人門遺構の画像
復原された外堀は、かつては九間(16.4m)もあったと城下絵図には記されています。
この大きさは、復原された堀の幅と光明寺用水(こうみょうじようすい)の幅に相当します。

写真にもあるように、現在の外堀の外側から、親水コーナーに表示された江戸時代の堀の端の線が、本来の外堀の大きさだそうなので、実際に行って、その大きさを実感してみてください。

福井城舎人門遺構の見どころ④武家屋敷跡

福井城舎人門遺構の画像

現在郷土歴史博物館が建っている場所は、かつては武家屋敷地だった場所で、江戸時代の終わり頃には礒野(いその)さんと渋谷さんの屋敷があったことがわかっています。

発掘調査によって、屋敷内の水道、庭の池の跡、建物が建っていた礎石、ごみを捨てた穴、さらには磯野と墨書されている馬の目皿などが見つかりました。
また、礒野さんの家の庭には池があり、これは御泉水屋敷(養浩館)から流れてくる水を利用した池で、あふれた水は舎人門脇の地下に設けた水路をを通って堀に流れていたそうです。

福井城舎人門遺構の見どころ⑤芝原上水

出典:福井市立郷土歴史博物館公式サイト

かつて、江戸市中には水道がきちんと整備されていたという話を聞いたことがあるかもしれませんが、奥州仙台城下、奥州米沢城下、常陸国水戸城下など、江戸以外にも水道が整備されていた城下町は存在していました。
そして、福井城下もその一つなのです。

福井城の本丸から南東側の屋敷では、井戸を掘って地下水を利用していましたが、本丸の北側から東側の屋敷では、九頭竜川の水を取り入れて整備された上水道(芝原上水)を利用していました。
芝原上水は、福井城東北の入口である志比口から城下に入り、いくつかの支流に分かれていましたが、舎人門遺構にある溝は、この芝原上水が通った水路の跡です。
この水路から、木や竹でできた樋という長い管を通って、それぞれの屋敷に水が引き込まれていたそうです。

福井城舎人門遺構の見どころ⑥地層

福井城舎人門遺構の画像

敷地内には地層があるのですが、これは自然に土がたまってできたわけではなく、工事や災害復興の際に土を盛って整地を繰り返したことによってできたものです。
この地層から、明治時代の福井城の廃城、解体、戦災、震災からの復興といった歴史をうかがい知ることができます。

福井城舎人門遺構の画像

しかし、「皆さんが立っているところが江戸時代の終わり頃の地面です。」と書かれていますが、雪で何にも見えませんでした!
この下がどうなっているのか私にはわかりませんが、雪の時期にこういう観光は適さないことがよくわかったので、雪がない時期の観光をお勧めします…。

御泉水公園にも注目!戦災を生きのびた松

福井城舎人門遺構の画像

舎人門遺構と養浩館庭園の間にある御泉水公園にも足を伸ばしてみましょう。

福井は昭和20年7月19日に大きな空襲の被害を受け、多くの樹木も焼失しましたが、この松は当時の福井市乾新町(現在の乾徳2丁目付近)で被災したにもかかわらず、現在まで生き延びている貴重な松の木です。
こちらも、舎人門遺構の地層同様、福井の近代の歴史を感じることができますね。

無料で見ることができる、とってもお得な館外展示物、「福井城舎人門遺構」。
かつての人々の生活や福井城の姿を思い浮かべることができる貴重な資料なので、ぜひゆっくり歩いてみてください。

>【バーゲン本】福井城・金沢城-城郭・侍屋敷古図集成 吉田 純一 編【送料無料】【半額】【50%OFF】

価格:26,460円
(2017/3/5 14:39時点)
感想(0件)

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!