非公開の笏谷石採石場跡に潜入!そこで見たのは熟成期間20年以上の一本義古酒だった!?

非公開の笏谷石採石場跡に潜入!そこで見たのは熟成期間20年以上の一本義古酒だった!?

お酒が美味しい福井県ですが、有名な日本酒の一つに一本義があります。
今回は、そんな一本義が貯蔵されている驚くべき場所に潜入してきました。

一般非公開の蔵置場内は、まるで冒険の世界でした!

一般には非公開!知られざる一本義長期熟成貯蔵庫に潜入!

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

福井市内のある場所に突如として現れる謎の洞窟。
その中は、かつて福井で盛んに使われていた笏谷石(しゃくだにいし)という石の採石場となっていました。

現在は採石は行われておらず、採石場跡地となっていますが、その中で福井を代表する日本酒・一本義が眠っていると聞いて行ってきました。

案内してくださった一本義の社長は、中に入る前に、「もし1時間経っても連絡がなかったら見に来てください」とどこかに電話していて、すっごく危険な場所に来てしまった!と怖くなったのですが…。

いざ鍵を開けて中に入ると、周りはきちんと補強されていて、「なんだ、思ったよりも危険じゃなさそう!」という感じ。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

と思ったのもつかの間、少し中まで進むと、石がむき出しになり、上を見上げると今にも落ちてきそうな岩があったり、やっぱりかなり危険そう…。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

そのため一般の方の見学は受け付けておらず、限られた人しか中に入れないんだとか。

中はかつて採石していた頃のままになっている部分もあり、足場やトロッコのレールなどを見ることもできました。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

レールの先が水たまりになっているの、わかりますか?

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

このくらいならまだいいのですが、採石跡の深い部分は、巨大なプールのように水がたまっている場所も多く、深さ十数メートルはゆうに超えているのでは?という場所もありました。

石を投げ入れるとゆらゆらゆらゆら、スーッと下に落ちていくのが見えるんです。

電灯の少ない採石場跡地内はかなり暗く、もちろん懐中電灯も照らしながら歩いているのですが、石から染み出したとっても綺麗な水が溜まっているので、水がたまっているのかただの穴なのか、本当によく見ないとわからないんです。
結構生命の危険を感じました…。

戦時中には、秘密軍需工場として使われたといわれる場所もあり、階段のついた見張り台のようなものもありました。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

石を削って作った階段を上り、秘密軍需工場跡を眺めてみました。
結構な高さ!

さて、肝心の一本義の蔵置場はというと、こちらも鍵がかかって厳重に管理されていました。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

この笏谷石採石場跡地の中は、一年を通して温度が10℃ほど、湿度は80〜90%に保たれているそうです。

湿度は瓶詰め後の日本酒の熟成には関係ありませんが、温度が一定であることによって、ゆるやかに熟成させることができるんだとか。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

中に入ると、ケースに入った一本義のお酒がたくさんありました。
その数だいたい1升瓶が1万5千本とのこと。

お酒の方を見ていくと、製造年月と本数が記載されていました。

笏谷石採石場一本義貯蔵庫の画像

製造年月3BY。
BYとはBrewery Year(ブルワリー イヤー・醸造年度:毎年7月~翌年6月の1年間)のことで、このお酒は平成3年7月から平成4年6月までの間に醸造されたお酒ということになります。

つまりこれは25年以上前のお酒!
私が生まれる数ヶ月前に仕込まれたお酒です!!

一本義久保本店さんは、日本酒の熟成の実験をするために、笏谷石採石場を30年も前に借りたそうです。
その中で、できのいいものはすでに一般に販売されています。

それが以下の一本義古酒1999、夢語り古酒、古熟など。

一本義 古酒 1999 【500ml】

価格:3,240円
(2017/7/17 20:09時点)
感想(0件)

一本義 夢語り古酒 500ml

価格:2,376円
(2017/7/17 20:10時点)
感想(0件)

一本義古熟300ml

価格:1,512円
(2017/7/17 20:11時点)
感想(0件)

一本義古酒1999と夢語りは実際に飲んでみましたが、香りはカラメルのようで、色も黄〜茶色がかっていて、まるでウイスキーのよう。
チョコレートと合わせて飲んでみましたが、とっても合う!

日本酒そのままも美味しいですが、長期熟成した日本酒がこんなにも美味しいとは思ってもみませんでした。

そもそも、日本酒は出来立てを飲むのがいい!みたいな雰囲気があって、もちろん熟成させているお酒もありますが、それでも半年〜1年くらいの熟成期間がせいぜいですよね。

ワインなどは古いものに価値があるのに、どうして日本酒は違うんだろう?と今までもなんとなく疑問には思っていましたが、それには酒税の歴史が大きく関係していたんです。

古くは日本にも日本酒の長期熟成という概念があり、10〜20年熟成したお酒も存在していたそうです。

日蓮上人(1222〜1282年)が信徒に送ったお礼状の中には、

「人の血を絞れる如くなる古酒を、仏、法華経にまいらせ給える女人の成仏得道疑うべしや」

出典:一本義久保本店

との言葉があり、かつて古酒(長期熟成)が存在し、その価値が高かったことが伺い知れます。

しかし、明治時代に酒税制度が変わり、お酒は販売される時ではなく、造った瞬間に税金がかかるようになってしまいました。

そのため、熟成中にアクシデントが起きて販売が出来なくても、税金だけはかかってしまうため、お酒の長期熟成は経営上のリスクが高くなりすぎてしまったのです。
そういったことから、日本酒の長期熟成はされなくなっていきました。

しかし、その税制度も昭和29年に改定され、お酒は販売してから税金がかかるようになり、長期熟成の日本酒を復活させようとする動きが出てきました。

一本義も30年ほど前から笏谷石採石場跡地で日本酒の熟成を行ってきました。

日本酒の熟成は本当に奥が深く、まだまだ未知数な部分もあるようですが、すでに販売されている古酒の美味しさには本当に驚きました。
飲食店などではほとんどお目にかかることができませんが、通販などで購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。

一本義とは?笏谷石とは?
一本義の長期熟成古酒がさらに理解できる基本のおさらいは次のページへ

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報
記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク