養浩館庭園の四季を楽しもう!海外からも高評価で行かなきゃ損!【福井市・インスタあり】

養浩館庭園の四季を楽しもう!海外からも高評価で行かなきゃ損!【福井市・インスタあり】

福井藩主 松平家の別邸であった養浩館庭園。
国の名勝にも指定されていながら、あまり知られていないところが残念ですが、だからこそ、美しい景色を眺めながら静かな時間を過ごすことができる贅沢な観光スポットでもあるんです。
そんな養浩館庭園の美しい景色を見に行きませんか?

養浩館庭園ってどんなところ?

養浩館庭園の画像

江戸時代には「御泉水屋敷」と呼ばれていた養浩館庭園は、福井藩主松平家の別邸でした。
元々この場所は藩の重臣である永見右衛門の屋敷地だったのですが、永見氏は2代目藩主忠直に成敗されてしまい、その後藩主の別邸になったと言われています。

御泉水屋敷の文献上の初見は明暦2年(1656年)で、4代藩主光通の側室が御泉水屋敷において男子(権蔵)を産んだと福井藩の歴史書である『国事叢記』などに出てきます。
出典:養浩館庭園公式サイト

養浩館庭園の成立時期は明らかになっていないですが、360年以上前からあったことは間違いないようです。

この御泉水屋敷が今見るような姿に整備されたのは7代藩主昌明(のちに吉品と改名、元5代藩主昌親)の頃とされてます。
吉品は従来の御泉水屋敷である「本御泉水」の改造・整備に加え、西隣に「新御泉水屋敷」を建て自らの隠居所としました。
この時、御泉水屋敷の敷地は最も広くなり、今の養浩館庭園・お泉水公園・歴史博物館を合わせた程の大きさとなりました。
吉品没後の御泉水屋敷は、茶会・饗応の席や藩主一族の休養の場、住居などとして使われたようですが、その規模は新御泉水部分を縮小した元の御泉水屋敷の敷地に戻りました。
また幕末頃には洋式銃の製造所が設けられるなど時勢を反映した使われ方もしたようです。
明治時代、廃藩置県によって福井城は政府所有となりますが、御泉水屋敷の敷地は引き続き松平家の所有地として、その福井事務所や迎賓館としての機能を果たしました。
出典:養浩館庭園公式サイト

とあり、時代時代で様々な姿、使われ方をしていたようです。

御泉水屋敷が現在の養浩館と名付けられたのは明治17年。
第16代越前福井藩主 松平春嶽によってと名づけられました。
また、明治24年には由利公正が「養浩館記」を記しています。

>幕末維新と松平春嶽 [ 三上一夫 ]

価格:2,592円
(2017/3/5 14:53時点)
感想(0件)


しかし、そんな養浩館も昭和20年の福井空襲で焼失してしまいました。
その後、本格的な修復が行われることはありませんでしたが、昭和57年に国の名勝に指定されたことで、復原工事が進められました。
増改築が行われ、時代によって姿を変えて来た養浩館庭園ですが、現在の養浩館庭園は、文政6年(1823年)に作られた「御泉水指図」を基本に復原されたものです。

福井市立郷土歴史博物館、お泉水公園など、周辺の整備もされています。
特に郷土歴史博物館に行く場合は、養浩館庭園との共通券を利用することができ、入園料が割引になるので、併せて訪れるのがおすすめです。

福井市立郷土歴史博物館では様々な展覧会が開催されています。
下記の記事もご覧ください!

仏像なのにキュートでおもしろい!?「福井の仏像」展にいってきました。

養浩館庭園は世界からも評価されている!?

養浩館庭園の画像【福井県 養浩館庭園】©METI, Creative Commons Attribution 4.0 International License (CC BY 4.0)

北陸の庭園といえば、金沢の兼六園というイメージが強いと思います。
兼六園には行くけど、福井の養浩館庭園なんて知らない!という人が多いのも現状。
しかし、実は養浩館庭園は世界から評価されているすごい庭園なんです。

アメリカには、「スキヤ・リビング・マガジン」という日本庭園の専門誌があるのですが、この雑誌では毎年日本庭園ランキングが発表されています。
2015年のランキングでは足立美術館(島根)、桂離宮(京都)、山本亭(東京)に続いて、養浩館庭園が4位にランクインしています。
2007年に7位に登場してからは、これまでそれよりも順位を落とすことなく、2008年からは3年連続で3位にランクインした実績もあります。
庭園の美しさだけでなく、利用者への対応まで総合的に評価しているランキングで上位の常連というのはすごいですよね。

毎年6万人程度が訪れる穴場観光スポットなので、お近くにお越しの際は是非立ち寄ってみてください。

養浩館庭園の四季を楽しもう!

養浩館庭園は季節によって様々な姿を見せてくれるので、春夏秋冬、いつ訪れても美しい景色を楽しむことができます。
四季折々の養浩館庭園の景色を見てみましょう!

春の養浩館庭園

養浩館庭園の画像

春の養浩館庭園は、特に5〜6月にかけては、カキツバタや花菖蒲を楽しむことができます。
緑と紫のコントラストが美しいですよね。

夏の養浩館庭園

養浩館庭園の画像

夏は緑が本当に美しい養浩館庭園。
夏の福井は暑さが厳しいですが、養浩館庭園の美しい緑と大きな池を眺めていると、自然と涼やかな気持ちになりそうですよね。

秋の養浩館庭園

養浩館庭園の画像

秋はやっぱり紅葉!
養浩館庭園の木々も秋には黄色や赤に色づき、美しい景色を見せてくれます。
庭園内を歩きながら紅葉を楽しむのもいいですが、屋敷の中から庭園を見ると、より趣を感じられるのでおすすめです。

冬の養浩館庭園

養浩館庭園の画像

福井県は雪がよく降る地域なので、冬の養浩館庭園では雪景色を楽しむことができます。
静寂に包まれた雪の養浩館庭園は、日常を忘れてついつい長居してしまいそうです。

養浩館庭園の見どころとは?

養浩館庭園の歴史や四季折々の美しさがわかったところで、肝心の庭園について詳しくみていきましょう。
歩いているだけで美しいと思える庭園ですが、ちょっとしたポイントをおさえれば、より養浩館庭園を楽しむことができますよ!

回遊式林泉庭園

養浩館庭園の画像

養浩館庭園の特徴は、大きな池が中心にある点。
これを回遊式林泉庭園(かいゆうしきりんせんていえん)と呼びます。
中央に池があることで、岸辺からの眺め、船からの眺め、屋敷内からの眺めと、様々な場所から違った景色を楽しむことができる点が特徴です。
池の周りを一周したら、屋敷からの景色も楽しんでみましょう。

遣水(やりみず)

養浩館庭園の画像

養浩館庭園はかつて福井城があった場所のすぐ近くに位置しています。
かつて、福井城の城下町には九頭竜川の水を使った上水道が利用されており、これを芝原上水と呼んでいました。

養浩館庭園では、この芝原上水を屋敷の東南部から幅広い水路で池に引き入れていました(遣水)。
遣水は、室町時代以降、枯山水の庭園が流行したことから衰退していますが、養浩館庭園ではこの遣水を見ることができるんです。
残念ながら現在は芝原上水ではなく、地下水を汲み上げたものが流れていますが、屋敷と遣水のコントラストがなんともいえないバランスで、十分趣を感じることができます。
また、かつては遣水の幅は今よりも広かったそうです。

養浩館庭園の画像さらに、この遣水には自然石の石橋がかかっていて、この橋は全国的にも最大級の大きさなんです。

飛び石

養浩館庭園の画像御座ノ間に続く飛石のいくつかには、三国産の「安島石」が使われています。
何気なく置かれた飛び石ですが、節理がとても美しいので、じっくり観察してみると新たな発見があるかも!

臼ノ御茶屋の蹲踞(つくばい)

養浩館庭園の画像

養浩館庭園には、かつて臼ノ御茶屋と呼ばれた茶室がありました。
茶室は場所の都合上復原されておらず、基礎の石だけ確認することができます。
その茶室のつくばいです。

つくばいとは、茶室に入る前にお客さんが手を清める場所です。
このつくばいには福井市の足羽山から取れる笏谷石が使われ、清水が湧き出るように底に穴があけられています。

このつくばい越しに屋敷を眺めるのも趣があっておすすめです。

岩島

養浩館庭園の画像 出典:養浩館庭園公式サイト

養浩館庭園の北西には、動物が座っているように見える岩島があります。
切石橋が架けられた水路、岩島、池、屋敷がまとめて楽しむことができるこの位置は、おすすめのスポットです。

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報