鉾島 × 日本海の荒波!断崖絶壁を歩いて頂上を目指そう!【福井市】

鉾島 × 日本海の荒波!断崖絶壁を歩いて頂上を目指そう!【福井市】

石川県加賀市から福井県敦賀市までの海岸線沿いの越前加賀海岸国定公園内にある鉾島(ほこじま)。福井の一大観光地「東尋坊」と同じく、岩体が柱状になった節理が見られる迫力ある島で、観光客も多いスポットです。
(※節理=地層や岩石のなかの割れ目のうち,ずれを伴わないもの。ずれを伴うものは「断層」)

この辺りは、海岸沿いをドライブするだけでも美しい景色が楽しめる場所。天気がいい日は意外にも穏やかで澄んだ日本海の絶景が。悪天候でも、イメージそのままの迫力ある日本海の風景を見ることができる場所です。

中でも鉾島は、島と言うには小さく、とはいえ岩と言うには少々大きい(高い)、かなり目立つ存在です。

海沿いに突如として現れる大きすぎる岩の塊。そんな鉾島の成り立ちや、鉾島にまつわる伝説を徹底解説します!

鉾島とは?

鉾島の画像出典:【福井県 鉾島】©METI, Creative Commons Attribution 4.0 International License (CC BY 4.0)

福井市の西側、越前加賀海岸国定公園に位置する鉾島(ほこじま)。東尋坊と同じく、岩体が柱状になっている柱状節理が見られる島です。

柱状節理は、熱いマグマが固まってこういった形になった岩石です。全ての岩が天を仰いでいるようで、迫力がありながらも神秘的にも思えませんか?

鉾島の画像

鉾島に伝わる不動明王伝説

鉾島の画像

鉾島の頂上には小さな祠があり、不動明王という仏様が安置されています。

ある時地元の漁師が拾い上げ、お告げによって島に安置したところ、嵐を免れたり、大漁になったりするなどのご利益が続いたという伝説が残っています。そのため、現在も地元の方からは厚い信仰を受けています。

鉾島に登ってみよう!

「島」という名前が付いているとはいえ、結局は大きな岩。頂上の祠にある不動明王様にお参りするのは到底不可能…と思うかもしれませんが、そんなことはありません!

鉾島の画像実はこの鉾島、頂上まで登ることが可能なんです。海岸線から鉾島まで橋が伸びているので、早速渡ってみましょう。

鉾島の画像

橋は安定感があるので渡るのは怖くありませんが、波が高い日は、タイミングを間違うと波をモロにかぶります!ご注意を!

鉾島の画像

橋を渡ると、島の周りには整備された階段が。ここを登るだけで、意外と簡単に頂上まで行けちゃうんです。

途中、わきの岩に降りて座ってみると、ちょっと怖かったですが、景色も良くて最高!

鉾島の画像

遠くから見ると危険な断崖絶壁という感じがしますが、登ってみると意外と安定感があって平気!頂上までは急いで行けば5分もかかりませんでした。

鉾島の画像

祠があったので、不動明王にお参り…

降りる途中の景色も本当に綺麗でした!

鉾島の画像

晴れている日は青い海と遠くの緑、そして岩々のコントラストがとっても綺麗。また、夕日の時間もとっても綺麗で人気があるそうなので、ぜひ行ってみてください!

その他、越前加賀海岸国定公園の見所スポットは以下の記事をご覧ください↓

山・滝・海が一度に楽しめる場所も!越前加賀海岸国定公園・漁火街道沿いのおすすめ自然スポット4選【越前町・南越前町】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報