合い言葉は「花換えましょう」花換まつりで福のシェア♡【敦賀市】

合い言葉は「花換えましょう」花換まつりで福のシェア♡【敦賀市】

今回は、福井県大好きの関東人、万代昌子が「花換えましょう」の言葉を合図に、桜の小枝を交換する「花換まつり」をレポートします。

「花換(はなかえ)まつり」とは

金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えたといわれる、ロマンチックなお祭りです。
「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるといわれています。
出典:金ヶ崎宮公式サイト

延元の昔を偲び親王や将士をお慰み申し上げるお祭で、神社で授与される「桜の小枝」を交換すると福を招き、良き縁に恵まれると言われている。
出典:「金崎宮案内記」

男女が堂々と声を掛け合えるということで、いつしか金崎宮は「恋の宮」とも言われるようになりました。

花換まつりの期間は桜が開花する頃の約10日間とされていますが、だいたい4月始め~中旬というところでしょうか。
期間中、会場ではさまざまな催し物が行われます。

花換神事

期間中の土日には「花換神事」が行われます。

「花換神事」とは、神職と福娘がご神前に奉告、参詣者と花換えの後、小判守りや弓矢(福を射止めるの意)等が授与される神事で、このお祭の最も重要な行事なんだそうです。

弓矢の大・中・小、そして銀で作った金崎宮の御守!!
当たると、その場にいたみんなも盛り上がります。

開催されるのは土日なので、せっかく花換まつりに行くなら土日がいいかも!!
(その他のスケジュールは花換まつりでご確認ください)

福娘との花換えは平日、土日のご神事以外の時間にもできます。
本殿の左側に、福娘がいる場所があるので、福娘や一緒に行った大事な人、その場に居合わせた方と花換えをして、服を分け合いましょう。

花換まつりに行ってきました

ということで、私も初日に花換まつりに行ってきました。
花換の桜の小枝は、初穂料500円で賜ることができます。

桜の小枝は、福娘たちと交換するだけでなく、一緒に行った人やその場にいた方と交換すればするほど「福」を分かち合うことができるそう。
たくさん交換してみましょう。

オープニングセレモニーとして、神職や福娘、観光敦賀キャンペーン隊のお姉さんが「餅まき」を。

「餅まき」を初めて体験したけれど…
周りのおばちゃんたちがパシパシ取っていくので、手が出せず。
隣にいたおじちゃんが見かねて取ったお餅をくれました。

それがいいかどうかはさておき、「福を分けてもらいました~」と笑っていただいてきました。
袋に入っていたので落下したものでも大丈夫。

餅まきの後は、篠笛奏者・佐藤和哉さんのミニライブ。
素敵な音色で思わず聞き惚れてしまいました。

最後にかかった曲は、NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」で使用された、ゆずの「雨のち晴レルヤ」の元になった曲!!

実はラジオ番組たんなんFM「煌☆すまいる」の1コーナー、『西田欣主のダンスパラダイス』でダンス種目<ヴェニーズワルツ>にぴったりの曲として、ゆずの「雨のち晴れルヤ」をご紹介。
曲の紹介の中で、佐藤和哉さんの「さくら色のワルツ」がモチーフ曲として選ばれていたことを話されていたんです。
*記事にしています → 西田欣主のダンスパラダイス Vol.4

CDも購入したので、ラジオ番組もご紹介したいと思います。

佐藤和哉さんのホームページはこちら → 篠笛奏者 佐藤和哉

素敵な出会いを願って金崎宮に行ってみては?
あなたの想いが花開きますように♪

金崎宮の詳細はこちらの記事から!↓

【敦賀市】金ヶ崎で歴史に触れるまち歩き!おすすめスポット6選

金崎宮は「恋の宮」♪ 難関突破も願えるパワースポットでご利益を賜ろう!【敦賀市】

名称 金崎宮
住所 福井県敦賀市金ヶ崎町1-4
電話番号 0770-22-0938
WEBサイト http://kanegasakigu.jp/

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報