御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

御食国若狭おばま食文化館で地元のお母さんと郷土料理作り体験!【小浜市】

福井県は日本海側に面している県で、特に南部の若狭湾沿岸沿い(若狭地方)は獲れる魚の種類が豊富!
若狭おばまで獲れた魚は若狭ふぐ、若狭がれい、若狭ぐじなど、「若狭」の名前をつけて呼ぶことも多く、これらは「若狭もん」として、京都で珍重されていました。

かつて、天皇が召し上がる食事(御贄・みにえ)を納める国は「御食国(みけつくに)」と呼ばれており、若狭は伊勢、志摩、淡路などとともに御食国として「延喜式」(平安時代の法律の施行細則)にも記載されていました。

その歴史は現在でも忘れられることはなく、「若狭もん」は未だに京都の高級料亭などでグルメたちの舌をうならせているんだとか。

また、昔は冷蔵・冷凍技術や運搬のスピードも現在とは格段に違ったため、ひとしおしたりすることで、若狭おばまから京都へ魚を運ぶ間に傷んでしまわないように工夫していました。

その加工技術は現在にも受け継がれ、鯖を加工したへしこやなれずし、小鯛のささ漬など、様々な加工品が若狭おばまの名産品となっています。

さらに、若狭おばまでは鯖が多く獲れたことから、若狭おばまと京都を結ぶ道は「鯖街道」と呼ばれています。

その起点となる現在の小浜市は、文化庁が選定する日本遺産の1つ「海と都をつなぐ若狭の往来 文化遺産群〜御食国若狭と鯖街道〜」に認定されており、日本の食文化の歴史において重要な地であることは間違いありません。

そんな小浜市に、「御食国」の名前を関する施設があるとのことで、行ってきました!

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

目の前に小浜湾を望む場所にあるのは、「御食国若狭おばま食文化館」!
ここで一体どんな食文化に出会えるのでしょうか…。

小浜市の郷土料理づくり体験

まずは小浜市の郷土料理に直接触れてみよう!ということで、調理体験をさせていただきました。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

御食国若狭おばま食文化館には、こんなに綺麗なキッチンスタジオが完備されています。

学生さんや外国人観光客が若狭や小浜の郷土料理づくりを体験しにやってくることも多いとのことで、小浜の郷土料理の「き」の字も知らない私はワクワク…。

のっぺい

今回の体験メニューの一つ目は、「のっぺい」。

「のっぺい汁」という料理名は聞いたことがある方も多いと思います。

新潟県の郷土料理と思っている方もいるかもしれませんが、のっぺい汁(のっぺいやのっぺい煮など、呼び名は様々。)は全国各地で食べられていて、サトイモやニンジンなどを煮て片栗粉でとろみをつけたもの、というのが大まかな定義となっています。

元々はお寺の宿坊で、残り物の野菜と葛で作られていたものという説もありますが、詳細は分かっていないようです。

今回は、小浜市の中でも、中名田地区に伝わるのっぺいを教えていただきました。

使う具材は、シイタケやサトイモ、かまぼこ、ちくわ、銀杏など。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

手前にあるのはゆりね。
かんぴょうや奥にある花麩など、家庭料理ではなかなか使わないような食材もちらほら。

というのも、こののっぺいは結婚式などのおめでたい日に出される料理なんだとか。
のっぺいの完成形イメージが全くない状態ですが、なんとなく楽しみ!

指導してくれるのは、幅広い世代に郷土料理を伝えるために、食文化館で活動する市民グループ「グループマーメイド」の西尾さん。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

下準備はひたすら食材を切るだけなんですが、かんぴょうの準備にはちょっと戸惑い…。

そもそもかんぴょうって何なの?と後で調べたところ、「ふくべ」というウリ科ユウガオの実なんだとか。
(ユウガオという名前ですが、アサガオとはまた別の植物らしい…)

細長〜い形で出てきて、これを結んで切るという作業を初体験!
お家ではほとんどしない作業ですよね。

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

結んだかんぴょうを使うところも、おめでたい日に出される料理っぽい。

お出汁をとって、切った具材をどんどん入れて味を整えたら、片栗粉でとろみをつけて完成!

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

出来上がりはこんな感じ!

福井小浜御食国若狭おばま食文化館体験の画像

美味しそう〜。

焼き鯖にさらに手間をかける!?
二品目はとっても手の込んだ郷土料理!
次のページへ

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

>るるぶ福井越前若狭恐竜博物館(’17)

価格:972円
(2017/2/26 16:26時点)
感想(0件)

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報