長田製紙所で揉み和紙アクセサリー作り!RENEWで職人の日常にお邪魔しました【越前市】

長田製紙所で揉み和紙アクセサリー作り!RENEWで職人の日常にお邪魔しました【越前市】

福井県内には実にさまざまな伝統工芸があります。越前焼、越前漆器、若狭塗、若狭めのう細工…と全部で7品目が経済産業大臣指定の伝統的工芸品となっています。

中でも歴史が長いのが、越前和紙その始まりはなんと1500年以上前に遡ると言われていて、日本で最初の藩札とされている福井藩札はもちろん越前和紙製。さらに、明治維新後初めてのお札「太政官札」も越前和紙製。明治に入り、大蔵省抄紙局が用紙の独自製造を再開した際の技術指導を行ったのも越前和紙の職人。なんと、透かし技法を開発したのも越前和紙と、挙げればキリがないほど、日本の紙の歴史に深く関わっている和紙なんです。

江戸時代には「越前奉書」という上質な和紙が江戸幕府の御用紙として使われているなど、格式も高く、現在でも証券や卒業証書などの証書に正式の用紙として使われています

そんな越前和紙は、福井県越前市の一部地域でのみ作られています。現在も30名ほどの伝統工芸士によって、その伝統と技術が受け継がれています。

今回は、特に襖紙にこだわりのある越前和紙の会社「長田(おさだ)製紙所」にお邪魔しました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

看板は和紙で模様が施されています

長田製紙所を訪れた理由はこちら。

揉み和紙アクセサリーです。

実は長田製紙所では、揉み和紙(揉み紙)を利用して、アクセサリーや小物などの新しいプロダクトを提案していることでも注目を集めている会社。今年の春からこの揉み和紙イヤリング・ピアスの販売を始めたそうで、この日は、こんなに可愛いアクセサリーが自分の手で作れるワークショップが開催されたんです。

インテリアとして活躍する越前和紙

到着すると、まず案内されたのはワークショップ会場となる建物(記憶の家)。ここでは、越前和紙を使ったインテリアや作品の展示が行われています。

建物内に足を踏み入れると、見渡す限り、和紙、和紙、和紙…。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

和紙の壁紙やタペストリー、間接照明など、インテリアともアートとも呼べる素敵な作品がいたるところに飾られていました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

また、長田製紙所の象徴でもあるふすまは、一般的なデザイン以外に「長田製紙所オリジナルデザイン襖紙」というものもあり、こちらの建物でもとてもポップな襖紙を見ることができました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

これが襖!?と思うようなデザインですが、これなら洋室でも使ってみたくなりますよね。

単なる電球も、越前和紙をかぶせるだけでこんなにおしゃれで温かみのある雰囲気に…。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

紙なので、ものを書いたりするためだけに使うものと勝手に思っていましたが、越前和紙はそもそも襖紙などにも使われていたものなので、インテリアとの親和性もものすごく高いんですね。

最近では、インテリアに越前和紙を用いる飲食店などが福井県内で増えているので、街で見かけた際にはじっくり見てみてください。

また、月に一度の長田製紙所の蔵開きの際には、記憶の家もオープンしているとのことなので、見学に行ってみては?

揉み和紙アクセサリー作りに挑戦!

襖、照明など、さまざまな越前和紙インテリアに囲まれた温かみのあるお部屋に案内され、早速揉み和紙アクセサリー作りが始まりました。

テーブルの上には色とりどりの揉み和紙が。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

この中から好きなだけ揉み和紙をとって、ちぎったり切ったり重ねたりしてアクセサリーを作っていきます。福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

作り方自体はとても簡単ですが、デザインを決めて揉み和紙を選ぶのがとっても大変。目の前に置かれた見本を見ながらああでもない、こうでもないと、揉み和紙を取っては置いて、取っては置いて…を繰り返してしまいました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

悩み抜いた末に、ブルー系の揉み和紙を使うことに。冬っぽくしたかったので、和紙の毛羽立ち感がしっかり出るように手でちぎっていきます。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

この日はちょっとスペシャルなシルバーの揉み和紙もありました。通常は漉かない紙だそうなのでこちらも使って…。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

同系色の揉み和紙を、大きさを変えてちぎって重ねていくと…

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

ちょっと形が見えてきました!

ちぎるのとハサミで切るのとでは印象が全く違うので、1枚だけハサミで切ったものも使って…。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

ゴールが見えてくると、余裕も出てきたので、他の参加者の方ともお話しながら楽しく作業できました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

初めて会った者同士ですが、「どれにしよう」「それ可愛い!」とわいわい。

形が決まったら穴を開けて…

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

いくつかパーツを取り付けて…

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

完成!

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

使っている揉み和紙のカラーはどちらも一緒ですが、順番を変えて左右非対称にしてみました。

お持ち帰りは袋に入れて。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

なんだか売り物みたいで、とっても嬉しい!

最後に他の参加者の方と一緒に並べて写真撮影。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

ちぎったり、三角に切ったり、同じ色を重ねたり…。同じ揉み和紙を使っているのに、手の加え方でこんなにも印象の違うアクセサリーが出来上がりました。

参加者の中には県外から来た方もいて、「本当に大満足!」と言っていました。私も本当に楽しかったです!

作り手たちとつながる体感型マーケット「RENEW」

実は今回のワークショップは、福井県内で3日間(一部4日間)に渡って行われたイベント「RENEW」のプログラムの一つとして行われたものでした。

福井RENEW越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

RENEW総合案内所 うるしの里会館(鯖江市)

RENEWとは、2015年から始まり、今年で4回目の開催となった産業観光イベントです。当初は越前漆器やメガネの会社・工房が密集する、福井県鯖江市の河和田という人口約4,300人の小さな地域で開催されていたイベントでしたが、年々その規模が拡大し、2017年は4日間で4万2千人を動員するほどの人気イベントに。

内容や開催地域も毎年パワーアップしており、2017年は「RENEW×大日本市鯖江博覧会」と題して中川政七商店とコラボし、雑誌「ソトコト」や日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」もRENEWにやってきました。

今年は開催エリアが大きく広がり、鯖江市、越前市、越前町が舞台。越前漆器、越前和紙、越前打刃物、越前箪笥、越前焼など、この地域の全ての伝統工芸品を始め、メガネや繊維など、さまざまなジャンルの工房、企業、飲食店が参加しました。

しかし、当初から変わっていないのは

普段出入りできないものづくり工房の見学を通じて、作り手の想いや背景を知り、体験しながら商品の購入が楽しむことができます。

出典:RENEW/2018

というテーマ。

特に伝統工芸というと、職人さんの世界で、閉鎖的であるというイメージを持っている人も多いと思います。確かに、私たち一般人が、ものづくりの工房を見られる機会は非常に限られていますよね。

RENEW期間中は、そんな普段は閉ざされた工房が解放され、見学をしたり、作り手からお話を聞いたり、ワークショップを通して技術に触れたり、実際に商品を購入したりと、さまざまな体験ができます

この数日間は、街全体が訪れた人を歓迎してくれているかのよう。越前和紙が盛んに作られているエリアでは、所々でRENEWの目印である赤い水玉ののぼりを見かけました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

長田製紙所も、この日はもちろんRENEW色。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

付近は一般の民家も多い普通の住宅街。そんな場所を、赤い水玉のパンフレットを持ったたくさんの人が行き交う様子は少し不思議でもありましたが、職人さんたちの日常にお邪魔する、というRENEWらしい感覚が味わえました。

長田製紙所も、看板がなければ一見普通のお家。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

しかし、奥に入っていくと、そこには見たこともないような世界が広がっていました。

手前には、楮(こうぞ)を煮出し、叩いて柔らかくして和紙の元を作る部屋があります。機械の大半が木製で、その長い歴史を感じることができました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

さらに奥に進むと、紙を漉く場所があります。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

小さな木枠を使って和紙の手漉き体験をしたことがある人もいると思いますが、長田製紙所で作っているのは主に襖紙。和紙を漉く簀桁(すけた)も襖サイズの大きなものです。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

二人がかりで手際よく漉いていく様子はまさに職人技。

越前和紙は昔から襖紙によく使われていた和紙で、桂離宮の襖にも使われている大変格式高いものです。手漉き襖は越前和紙の象徴的なもので、手漉きの襖紙を専業で漉いてきた産地は日本でここだけなんです。(越前和紙産地では、長田製紙所含め5社ある)

続いて、長田製紙所の一番のこだわりとも言える柄付けの作業が行われます。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

漉いた襖紙の上に色付けした原料を流したり、和紙で作った花などを置いたりして、丁寧に襖の柄を作っていきます。こういった柄付け技術を持つ職人の数は徐々に減っているそうです。

その後、漉いた紙は簀桁から外されます。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

天井から伸びた器具を取り付けて、スムーズに和紙が移動されていきます。

この後、この大きな機械で手作業で水分を絞り、やっと越前和紙の襖紙が出来上がります。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

工場内には出来立ての襖も立てかけられていました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

当たり前のように身近にある襖ですが、こんなに手間をかけて作られているなんて、考えたこともありませんでした。

さらに工場内には、ワークショップをした建物で見たような、デザイン性豊かな和紙もありました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

長田製紙所はかつては建築業を営む家でしたが、現社長のひいおじいさま(初代)が1873年頃に襖漉きを始めました。それから約150年間この地で和紙を作り続け、現在は4代目(現社長・伝統工芸士 長田和也氏)が会社を切り盛りしています。

現在は、襖はもちろん、インテリア和紙を中心に手がけており、「飛龍」(絵柄を漉き込む技法)という技法を用いてタペストリーや照明などを制作しています

美術館で展示をしたり、六本木ヒルズの壁面オブジェや日本橋タカシマヤ・正面エントランスの巨大タペストリーを手がけたりと、その活動はもはやアートの領域。

工場内ではこれらがどのように作られているのかも見ることができました。

工場の真ん中に広がっていたのは、黒っぽく、粘度のありそうなの材料で絞られた無数の模様。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

和紙の原料に、トロロアオイという植物の根っこから抽出した粘液を独自の方法で混ぜ合わせ、粘度を高めてこのように絞っているそうです。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

迷いのない手つきで絞られていく様子はまさに職人技。あの素敵なインテリアの裏側には、このような制作過程があったんですね。

また、工場内では揉み紙を作っているところも見ることができました。アクセサリー作りで使ったあの紙です。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

和紙に膠(にかわ)を塗って揉む作業を4回ほど繰り返したあと、広げて、乾燥室に持っていきます。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ通常の越前和紙よりもさらに手がかかることは一目瞭然。原料の木の皮をに出すところから数えると、完成までに1週間ほどかかるそうです。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

ワークショップで使った色とりどりの揉み紙

長田製紙所のこれから

最後に、ワークショップで指導してくれた長田泉さんにお話を伺いました。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

旭日双光章を拝受した伝統工芸士である長田榮子氏(三代目・現会長)を祖母に持ち、現社長の娘さんである泉さん。大学卒業後は東京で旅行関係の仕事に就いていましたが、もともと経営に興味があったことから、現在は帰郷して実家の家業に携わっています。

揉み和紙アクセサリーを企画したのも泉さんで、最近では、揉み紙をあしらったトートバックの販売も始めたそうです。

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

膠が塗られているので多少の雨程度なら持ち歩いても平気とのこと。

「紙を超えて革っぽい質感が特徴です。この質感を活かして、これからもいろいろな商品を開発できたら」と泉さん。

アクセサリーもトートバッグもとっても可愛いので、次の商品にも期待大です!

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

長田製紙所には販売スペースも設けられているので、こちらでアクセサリーやトートバッグを始め、さまざまな和紙アイテムを購入することができます。連絡すれば対応してもらえるので、近くに行く際には立ち寄ってみては?

福井越前和紙長田製紙所イヤリングピアスワークショップ

泉さんのピアスは揉み和紙がクルンと巻かれていました!可愛い!!

福井県を代表する伝統工芸品「越前和紙」。その工房にお邪魔できる機会はそうありませんが、興味がある方は、来年のRENEWをお楽しみに!

また、揉み和紙アクセサリーやその他商品は長田製紙所で購入できるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 (株)長田製紙所
住所 福井県越前市大滝町29-39
電話番号 0778-42-0051
長田製紙所蔵開き&記憶の家オープン日 不定期(詳細はホームページなどでお知らせしています)
交通アクセス 武生駅から車で20分
武生ICから車で7分
駐車場 3台(記憶の家横の神宮堂前)
WEBサイト https://osada-washi.jp/

今年もRENEWの季節がやってきた!鯖江市河和田で作り手たちとつながる2日間【ものづくり好き必見!】

【越前市】越前和紙の歴史がすごい!紙漉き体験もできる越前和紙の里に行ってみよう!

有名パティスリーのシェフに教わる!フルーツ×伝統工芸ワークショップ【越前市・鯖江市】

デザインを選ぶのは当たり前!婚姻届は紙から作りませんか?【越前和紙の手作りオリジナル婚姻届】

記事の内容は取材時点でのものです。
メニューや営業時間等、変更がある場合がありますのでご了承ください。

Dear ふくいでは、取材依頼、広告掲載依頼を随時承っております。
ご相談も含め、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク

福井県に泊まるなら→福井の旅館・ホテル情報